還りし神、巡りし魂

還りし神、巡りし魂

  • 依頼主 :双蛇党中牙士(黒衣森:東部森林 X21-Y25)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :シルフの仮宿の双蛇党中牙士は、冒険者に向かってほしい場所があるようだ。

双蛇党中牙士
「蛮神「ラムウ」の件につきまして、
 カヌ・エ様も、あなたからの報告をお待ちのことでしょう。
 グリダニアに戻り、豊穣神祭壇にいる道士に、
 「不語仙の座卓」への案内をお申し付けください。
 お疲れでしょうから、お気をつけて!」
不語仙の座卓のカヌ・エ・センナと話す
物静かな道士
「よくぞ戻られた。
 カヌ・エ様が、貴殿の到着を心待ちにしておいでだ。
 「不語仙の座卓」に向かうか?」
イダ
「仮宿で、マキシオにお礼を言われたよ。
 なかなか楽しかったから、また一緒に遊ぼうってさ。」
パパリモ
「ほら、胸を張ってカヌ・エ様に報告するといい。
 君は素晴らしい手柄を立てたんだからさ。」
ヤ・シュトラ
「イダとパパリモの目論見も、私の見解も、
 ある意味どちらも正解だったわけね・・・・・・。
 もう少し、イダの話も聞いてみるべきかもしれない。」
サンクレッド
「先の蛮神「リヴァイアサン」のときは、
 それなりに力になれたと思うんだけどな。
 今回は・・・・・・まあ・・・・・・聞かないでおくよ。」
カヌ・エ・センナ
「冒険者殿、ご苦労さまでした。
 先ほど、双蛇党の者より報告を受けたところです。
 結果的に、蛮神「ラムウ」と刃を交えることになったとか。
 ・・・・・・本当に無事でなによりでした。
 ラムウがそんなことを・・・・・・。
 人が持つ闇が、新たな問題を生む・・・・・・。
 確かにそうなのかもしれません。
 カルテノー平原の「アウトロー戦区」。
 ・・・・・・そして、ウルダハを発端に、
 エオルゼア全土に広がりを見せている難民問題。
 先の帝国との戦い以降、エオルゼアは、
 統一どころか、以前にも増して人の闇が表面化し、
 争いごとが増えているように感じます。
 第七霊災の復興が一段落し、
 人々は、共通した目標を失いつつあるのです。
 だからこそ、人々の意志をひとつにし、
 新生したエオルゼアを生きていく必要がある・・・・・・。
 グランドカンパニー「エオルゼア」。
 人と人とは、わかりあうことはできないのでしょうか・・・・・・。
 ・・・・・・今回の件、グリダニアを代表して礼をします。
 「暁」の皆さまにも、よろしくお伝えください。
 あなたや「暁」の方々には、迷惑をかけてばかりですね。
 この国を預かる者として、もっとしっかりしなくては・・・・・・。」
カヌ・エ・センナ
「蛮神「ラムウ」が収まったというのに、
 森に流れる嫌な風が消えないなんて・・・・・・。
 森の精霊たちよ・・・・・・。
 この地に何が起ころうとしているのです・・・・・・。」
豊穣神祭壇のパパリモと話す
パパリモ
「改めて・・・・・・。
 蛮神「ラムウ」の鎮圧、お疲れさま。
 僕らが考えていた、対話による和解とは違った結末だったけれど、
 十分に納得できる結果だったと思うよ。
 ウリエンジェも、何か掴んだそうじゃないか。
 さっそく「石の家」に戻って、この一件をまとめよう。
 ミンフィリアも、君の帰りを待ちわびてるはずだ。」
石の家のミンフィリアと話す
ミンフィリア
「お帰りなさい!
 蛮神「ラムウ」の件、さっき連絡を受けたところよ。
 わたしからも、あなたに伝えたいことがあって・・・・・・
 でも、まずはウリエンジェさんの報告が先ね。
 蛮神「ラムウ」との戦いを見ていて、
 アシエンにも関係する、重大な発見をしたそうなの。
 さっそく、みんなを集めましょう。」
ミンフィリア
「みんな、そろったわね。
 ウリエンジェさん、お願いします。」
ウリエンジェ
「砂の家に現れた、白き衣のアシエン・・・・・・
 「アシエン・エリディブス」。
 彼の発言から、アシエンは不滅の存在、
 つまり「不死」であることがわかりました。」
ミンフィリア
「あれから、わたしとウリエンジェさんは、
 アシエンを完全に消滅させる方法を探していたの。」
ウリエンジェ
「そして、ついに・・・・・・
 影を狩る手がかりを掴んだのです・・・・・・。
 先の蛮神「リヴァイアサン」との戦いで、
 サハギン族の長老がみせた「不滅なる者」への昇華・・・・・・。
 その際のエーテルの流れを測定していた、
 ヤ・シュトラ嬢の測定結果を確認致しました・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「あの時、肌に感じるくらいエーテルが震えていたわ。
 だから、とっさに測定器を着けて調べていたのよ。」
ウリエンジェ
「そして今回、私は蛮神「ラムウ」との戦いを拝見致しました。
 蛮神が散る際のエーテルの流れについて
 再確認していたのです。」
ミンフィリア
「良い機会だわ。
 エーテルの流れをおさらいしましょう。
 わたしたちが生きている「物質界」で生命が死ぬと、
 通常、その魂であるエーテルは砕け散り、
 「エーテル界」へと還ります。
 そして、「エーテル界」に揺蕩うエーテルが、
 「物質界」に降り、新たな生命が誕生するの。」
ウリエンジェ
「命は散りて、星の海へと還る。
 これぞ神々が定めた命の理・・・・・・。
 エーテルに満ちた星海は、
 この世と重なり合い、寄り添う世界・・・・・・
 エーテルは巡り、命もまた巡る・・・・・・。」
ミンフィリア
「だけど、蛮神は例外・・・・・・。
 地に満ちたエーテルであるクリスタルを喰らう蛮神は、
 その肉体までもがエーテルで構成されている。
 だから、倒すことで肉体は砕け、
 そのエーテルは大地へと還元されてゆく・・・・・・。
 それでも魂だけは、エーテル界に還ると考えられているわ。」
ウリエンジェ
「信者の願いが、神の魂を星海より招き、
 クリスタルが、神の肉体を造る・・・・・・。」
ミンフィリア
「・・・・・・だけど、「不滅なる者」は、
 どちらの例にも当てはまらない・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「確かに、サハギン族の長老が提督に撃たれた時、
 ひとかたまりのエーテル塊が漂い、
 別のサハギン族に乗り移るのを確認したわ。」
ウリエンジェ
「肉の身体持ちて、死して散らぬ魂を持つ者・・・・・・。」
サンクレッド
「なるほど、それが「不滅なる者」・・・・・・
 サハギン族の長老のやったことか。
 では、器が側にない場合、魂はどうなるんだ?」
ミンフィリア
「エーテル界に還るということは、「死」を意味するわ。
 だから「不死」である彼らの魂は、
 エーテル界に還っていないと考えられます。」
ウリエンジェ
「彼らは逃避する・・・・・・
 暗き輝きの道を開きて、星海の渚へ・・・・・・。」
ミンフィリア
「・・・・・・そう、つまりは、
 物質界とエーテル界の「狭間」のような場所に
 待避しているのではないかということね。
 アシエンたちは「闇のクリスタル」を触媒に、
 サンクレッドに憑依していたわ。
 つまり、これが「狭間」へ至る門なのかもしれない。」
サンクレッド
「・・・・・・いやな思い出だぜ。」
ミンフィリア
「サンクレッド・・・・・・。」
ウリエンジェ
「これが、探究の旅路の果てに辿り着きし答え・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「サハギン族は「不滅なる者」になったものの、
 「闇のクリスタル」を持っていなかった・・・・・・。
 だから「リヴァイアサン」に喰われたってわけね。
 ・・・・・・そうか、だったら、
 アシエンを倒した時に魂のエーテルを逃さず、
 リヴァイアサンのように吸い込んで捕縛してしまえば・・・・・・。」
ウリエンジェ
「ご名答、恐れ入ります。
 さすがヤ・シュトラ嬢、察しがいい・・・・・・。
 肉体失いし魂を、エーテルの檻に捕らえ、
 エーテルの刃で砕く・・・・・・
 さすればアシエンの魂も、星海に還りましょう・・・・・・。」
ミンフィリア
「アシエンの魂を逃すことなく捕らえ、
 さらに、そのエーテルを粉々に打ち砕く魔器なんて、
 簡単には想像できないわ。
 でも、きっと方法はあるはず。
 手掛かりは掴んだもの、あとは実現に向けて進むだけよ。」
ウリエンジェ
「では、私はさっそく、
 これらの現象を人工的に起こすことができないか、
 シャーレアン本国の賢人とともに、検討に入りましょう。」
ミンフィリア
「ええ、よろしくお願いします。」
ウリエンジェ
「それと、ミンフィリア・・・・・・。
 バルデシオン委員会の件ですが、現在、
 シャーレアン本国の調査団が現地に向かっています。
 直に連絡が来るでしょう。
 不安な気持ちはわかりますが、今は待つべき時・・・・・・。
 祈りとともにお待ちを。」
ミンフィリア
「ありがとう、ウリエンジェさん・・・・・・。」
アシエン・イゲオルム
「水神リヴァイアサンに続き、雷神ラムウまでも・・・・・・。」
アシエン・ナプリアレス
「まさか雷神が、光の使徒を受け入れるとはね。」
アシエン・エメロロアルス
「・・・・・・焔神、嵐神、岩神、水神、雷神。
 彼の地で顕現可能な五大神は、
 すべて、あの者に討たれたということになる。」
アシエン・ウルテマ
「人の進化・・・・・・。
 エリディブス卿の言うとおりということか。」
アシエン・エリディブス
「はたして、ハイデリンの意思か。
 人は、七度の「次元圧壊」を生き延び、
 「人ならざる者」に進化しようとしている。
 だが、「アーダー」による、絶対神「ゾディアーク」様の再生。
 その最後の欠片は、覚醒せし人の「人たる者」への進化だ。」
????
「・・・・・・ならば、それを成すことも、我々に課せられた使命。」
アシエン・ラハブレア
「かの地、エオルゼアが神々に愛される理由・・・・・・。
 そのために、新たな「知」を人にあたえ、新たな「神」を導く。
 すべての世界をひとつにし、「原初の理」を得るために。」
イダ
「・・・・・・・・・・・・ンハッ!
 ち、違うよ! 寝てないよ!?
 ちょっと目を瞑って、考え事をしてただけだから!」
パパリモ
「油断大敵って言葉があるだろう?
 ひと仕事終えた後だからこそ、気を引き締める必要があるんだ。
 ・・・・・・って、イダ? ちゃんと聞いてるか!?」
ヤ・シュトラ
「ご苦労さま、今はゆっくり休むといいわ。
 でも、あまり気を緩めちゃダメよ。
 ・・・・・・お隣の誰かさんみたいにね。」
サンクレッド
「今回もお手柄だったな、Nikuq!
 奢ってやるから、あっちのカウンターで一杯どうだ?
 どうせなら、フ・ラミンさんとヒギリさんのそばで・・・・・・
 あっ、いや・・・・・・何でもないさ、はははっ!
 と、とにかく、お前の勝利に乾杯!」
フ・ラミン
「ヒギリさんのお料理の腕は、素晴らしいのよ。
 目にも止まらぬ素早さで、野菜を切るんだから!
 彼女も、ただ者ではなさそうね。」
クルトゥネ
「ホーリー・ボルダーの奴が、いつになく張り切ってましてね。
 熱心になりすぎて、あの巨体で、
 子どもたちを押しつぶさないといいのですが・・・・・・。」
ホーリー・ボルダー
「子どもたちを相手にした稽古だからこそ、気は抜けません。
 彼らドマの民には、この先も苦労が多いはず・・・・・・。
 決してくじけぬよう、心身ともに鍛えねば!」
ヨウザン
「ホーリー・ボルダーの稽古は厳しいけど、
 オレはドマでも「シュギョー」してたからなっ!
 これくらいじゃ降参しないぜ!」
コハル
「あたしも、お姉ちゃんくらい強くなりたいんだ。
 そしたら、帝国が攻めてきても、みんなを守れるもん!」
シウン
「先生の鎧、白くてピカピカしてカッコイイなぁ。
 でも、剣はもっと大きいヤツが好きだな!」
ロッカ
「わたし、戦うのは嫌い・・・・・・。
 ホーリー・ボルダーが言ってることも、
 難しくてよくわかんないや・・・・・・。」
ホウザン
「冒険者というのは、自由に見えてなかなか大変みたいだな。
 主君を持たず、己の心のままに従い大事を成す・・・・・・。
 ただの「風来坊」とは言えないようだ。」
ドウワレ
「仲間たちと、意見交換をしているところだ。
 我々のドマは滅びたが、この地で学んだことを生かし、
 故郷のためにできることはないだろうか?」
ヒギリ
「本格的なドマの郷土料理を作るには、
 ここにある食材や香辛料では足りないんです。
 でも、それをどう補うかが、腕の見せどころですよね!」
タタル
「みなさんが帰ってきて、賑やかになりまっした!
 砂の家にいっぱい人がいたときのこと、
 ちょっとだけ、思い出してまっす・・・・・・。」
ウリエンジェ
「命は散りて、星の海へと還る・・・・・・。
 これぞ命の理なれど、輪廻を外れし闇の使徒あり。
 闇の使徒、己を「不滅なる者」と呼ばん・・・・・・。
 されど、その力、真なる不滅にあらず・・・・・・。
 肉体失いし魂を、エーテルの檻に捕らえ、エーテルの刃で砕く。
 ・・・・・・我らの勝機は、そこにありましょう。
 シャーレアン本国の賢人とともに、
 アシエン打倒の研究を進めています。
 彼方より吉報が来るまで、今しばらくの辛抱を・・・・・・。」