秘密を見透かせ!

秘密を見透かせ!

  • 依頼主 :イダ(黒衣森:東部森林 X26-Y10)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :イダは、賢人たちの行方について心当たりがあるようだ。

イダ
「本物のサンクレッドがどこにいるかは知らないけど、
 パパリモとヤ・シュトラなら、さっきまで一緒だったよ!
 ヤ・シュトラが「手分けしましょう」って言って、
 パパリモを連れていったんだけど・・・・・・
 もしかして、あれも悪い子シルフの変装だったのかな!?
 いけない、すぐに追いかけて知らせなきゃ!
 ふたりは南の方に向かったよ、行こう!」
シルフ領でパパリモたちを探す
イダ
「うわぁ・・・・・・間違えたらすっごい怒られそう・・・・・・。
 こうなったら、キミにお任せだ~!」
マキシオ
「これが噂に聞く、ヒトの「修羅場」でふっち!?」
ヤ・シュトラ
「あなたが偽者ね!
 私の大事な仲間を勝手に連れていこうなんて、
 絶対に許さないわよ!」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・・・・・・・これ、吹き飛ばしてもいいかしら。」
パパリモ
「ああ、君、いいところに!
 この状況、どうにかしてくれよ・・・・・・。
 ヤ・シュトラといたら、別のヤ・シュトラが出てきてさ・・・・・・。
 ・・・・・・マキシオと一緒なのかい?
 だったら、対策がないか相談してみてくれよ!」
パパリモ
「ああもう、何でこんなことに!
 この状況、どうにかしてくれよ・・・・・・。」
マキシオに相談する
マキシオ
「ふっちっち・・・・・・。
 疑わしきは、まとめてドッカンでふっち!
 ということで、追加の「見透かしの鱗粉玉」でふっち~!
 この際、真ん中のヒトも確かめておくでふっち。
 3人にむけて、思いっきり投げつけるでふっち!」
マキシオ
「3人に向けて「見透かしの鱗粉玉」を投げるでふっち!
 疑わしきは、まとめてドッカンでふっち!」
パパリモたちに見透かしの燐粉玉を使う
ヤ・シュトラ
「けほっ・・・・・・けほっ・・・・・・!
 何なの、鱗粉・・・・・・!?」
イダ
「見て、あっちが偽者だっ!」
悪い子シルフ
「ぶわっ、バレたのでふっち!
 し、仕切り直しでふっち!
 ぜ、絶対に近づくんじゃないでふっち!
 わたぴに近づいたら、お友達が黙ってないでふっち~!!」
パパリモ
「・・・・・・逃げるんじゃないのか?
 あれじゃ、まるで通せんぼだな・・・・・・。」
サンクレッド
「おお、やっとみんなに合流できた。
 気がついたら周りに誰もいなくて、驚いたよ。
 ・・・・・・ど、どうした?
 みんなして、俺を疑うような目で見て。
 俺、何かおかしいか・・・・・・?」
パパリモ
「・・・・・・なあ、サンクレッド。
 僕たちがここへ来た目的は、なんだったかな?」
サンクレッド
「おいおい、まさか忘れたってことはないだろ。
 蛮神「ラムウ」とNikuqの対話のために、
 神降ろしされた場所を突き止めに来たんだ。」
イダ
「うんうん、そうだったよね~。
 ・・・・・・ところでさ、フ・ラミンって今でも美人だと思わない?」
サンクレッド
「え? あ、ああ!
 「ウルダハの歌姫」と呼ばれていたころも憧れたものだが、
 今の姿もまた、濃紅の薔薇のように美しいよ。」
ヤ・シュトラ
「お上手だこと・・・・・・。
 最近は、口説く相手が多くて大変ね、色男さん?」
サンクレッド
「よしてくれよ、ヤ・シュトラ。
 彼女たちを見ていると、詩が湧き上がってくるだけだ。
 愛の吟遊詩人としての血が騒ぐのさ・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・本物ね。」
パパリモ
「はぁ、何だか気が抜けたよ。
 ・・・・・・でも、悠長にしてられるのもここまでだぞ。
 Niuniu、あの悪い子シルフに近づいてみよう。
 あいつ、引き下がれない理由があるんだ・・・・・・。」
イダ
「サンクレッドがサンクレッドでよかったよねぇ。
 さて、そんなことより蛮神「ラムウ」を探そうよ!」
パパリモ
「Niuniu、あの悪い子シルフに近づいてみよう。
 僕の推測が正しければ、
 あいつ、引き下がれない理由があるんだ・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「下手な変装なんてしてくれて、言いたいこともあるけれど・・・・・・
 全員で近づいたら、さすがに怯えて逃げそうね。
 あなたに託すわ。」
サンクレッド
「本物? 本物ってどういうことだ?
 俺の偽者でもいたのか?
 ・・・・・・やれやれ、人気者は辛いな。」
マキシオ
「悪い子シルフには、アブないお友達がたくさんいるでふっち。
 気をつけるでふっち!」
悪い子シルフに近付いてお友達を討伐
悪い子シルフ
(「来ちゃダメでふっち!」)
「ち、近づくんじゃないでふっち!
 あっち行けでふっち!」
悪い子シルフと話す
悪い子シルフ
「うう・・・・・・お友達が黙っちゃったでふっち・・・・・・。
 し、仕方がないでふっち・・・・・・降参でふっち・・・・・・。
 お前らをからかったことは、謝ってやるでふっち。
 でも、ラムウちゃまはどこにもいないでふっち!
 だから、この先には絶対に入ってくるなでふっち!
 絶対に絶対でふっち!」
パパリモに報告
ヤ・シュトラ
「ありがとう、ちょっとすっきりしたわ。
 ・・・・・・今の悪い子シルフの発言、決定的ね。」
マキシオ
「大丈夫でふっち?
 お怪我はないでふっち?」
パパリモ
「君たちの話、聞こえてたよ。
 悪い子シルフは、この期に及んで嘘をついてるようだね。
 さっきの隙に、この周辺のエーテルも測定してみたけれど・・・・・・
 蛮神「ラムウ」の神降ろしが行われた場所、間違いなく掴んだぞ!」
  見透かしの鱗粉玉:蝶の鱗粉に幻術をかけて作った玉。変化を見破る効果がある