賢人は何処へ

賢人は何処へ

  • 依頼主 :涙目の二等牙兵(黒衣森:東部森林 X26-Y19)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :涙目の二等牙兵は、作戦の状況を説明したいようだ。

涙目の二等牙兵
「我々は、ここシルフ領の入口で、
 敵対的なシルフ族の襲撃を受けました・・・・・・。
 そこで、護衛である我々が応戦。
 賢人の皆様には、エーテル測定に向かっていただいたのです。
 そのうちのおひとり、パパリモ殿は、
 北東の「金葉台」方面へ向かったようでした。
 鱗粉を受けたせいで、私に見えたのはそれだけですが・・・・・・。
 あなたはマキシオ殿とともに、
 賢人の皆様を探して、合流してください。
 我々の侵入は敵方の知るところですので、十分にご注意を。
 我々はその間に、できるだけ敵のシルフ族を引きつけましょう。
 ヒリヒリでもビリビリでもどんとこいです! ではッ!」
シルフ領の金葉台方面でパパリモを探す
(護衛の双蛇党員
「賢人は見つかったか?」
「イタズラに注意するんだ」
「ここはお任せを!」)
マキシオ
「ケンジンを見つけたのでふっち!
 あなた、声をかけてあげるのでふっち。」
イダ
「もう一歩も歩けな~い!
 森を荒らさないで、おうちに帰ろうよ~。」
パパリモ
「あ~、やだやだ・・・・・・。
 だるいし、面倒くさいし、もう帰りたいよ~。
 ・・・・・・何だい? エーテルの測定?
 はぁ~、遊びたいなら、こいつと遊んでてよ~。」
パパリモと話す
パパリモ
「は~あ、君はしつこいなぁ。
 測定なんてしなくても、僕、わかっちゃうんだよね~。
 ラムウちゃまは顕現してないよ、うん。」
パパリモ
「だるいし、面倒くさいし、もう帰りたいよ~。
 隣の子だって、そう思ってるよ~。」
マキシオに相談する
マキシオ
「どうかしたでふっち?
 ・・・・・・ケンジンたちの様子がおかしいのでふっち?
 ふむふむ・・・・・・これは怪ぴいでふっち・・・・・・。
 もしかしたら、悪い子シルフが「変化のおまぢない」で、
 ケンジンに変装してるのかもしれないでふっち!
 そんなときは「見透かしの鱗粉玉」でふっち!
 これを食らったら、おまぢないが解けちゃうのでふっち。
 思い切って投げつけるでふっち!」
マキシオ
「「見透かしの鱗粉玉」を、
 怪しいケンジンに投げつけるでふっち!
 悪い子シルフの変装だったら、必ず見破れるでふっち!」
イダとパパリモに見透かしの鱗粉玉を使い、悪い子シルフだったら討伐
(変装していたシルフ
「何でバレたでふっち!?」)
(変装していたシルフ
「ひどいでふっち!」)
マキシオに報告
マキシオ
「やっぱり悪い子シルフが変装してたでふっちね!
 せっかくケンジンを見つけたと思ったのに・・・・・・
 ほかの場所で探してみるのでふっち。
 「見透かしの鱗粉玉」は、まだあるでふっち?
 また悪い子シルフの変装だといけないから、
 怪しいと思ったら、それを投げてみるのでふっち!」
シルフ領で賢人たちを探す
マキシオ
「またまたケンジン発見でふっち!
 今度こそ、本物でふっち・・・・・・?」
サンクレッド
「怖いよ~! 怖いよ~!
 みんなが俺のカッコイイ顔を狙うよ~!
 怖すぎて動けないよ~!」
イダ
「あっ、Niuniu!
 よかったー、無事に追いついてこられたんだね。
 こっちはちょっと、困ったことになっててさー。
 測定をしなきゃいけないのに、
 サンクレッドが怯えちゃって、動こうとしないんだよね・・・・・・。」
イダとサンクレッドに見透かしの鱗粉玉を使い、悪い子シルフだったら討伐
イダ
「・・・・・・何があったんだろ?」
(見透かしの鱗粉玉を使う)
イダ
「ゲホゲホッ!
 な、なにするのさ~!」
(変装していたシルフ
「完璧だと思ったでふっち・・・」)
イダと話す
マキシオ
「片方は本物だったのでふっち!
 さっそく、お話を聞いてみるでふっち。」
イダ
「サンクレッドが、悪い子シルフだった!?
 うそ、まさか偽者だったの!?
 うわ~、全然気付かなかったよ!
 「変化のおまぢない」は知ってたけど、すっごく似てたし。
 ・・・・・・本物は、どこいったんだろ?」
  見透かしの鱗粉玉:蝶の鱗粉に幻術をかけて作った玉。変化を見破る効果がある