マイチョコボ育成の秘訣

マイチョコボ育成の秘訣

  • 依頼主 :ルクロ(黒衣森:中央森林 X20-Y21)
  • 受注条件:レベル30~
  • 概要  :ベントブランチ牧場の飼育員ルクロは、冒険者に教えたいことがあるらしい。

ルクロ
「こんにちは、マイチョコボの調子はいかがですか?
 マイチョコボは実戦を重ねることで育つものですが・・・・・・
 日々の訓練で育成することも大切です。
 ・・・・・・ふむ、すでにハウスを所有されているならば、
 マイチョコボの「厩舎」を設置してみてはいかがでしょう?
 そうすることで、効率的に育成できますよ。
 もし、その気がおありでしたら、
 「イシュガルド流マイチョコボ育成の秘訣」をお教えしましょう。
 では、マイチョコボ育成の秘訣「その一」・・・・・・
 マイチョコボはハウスの「厩舎」に預けること。
 これで「訓練」したり「エサ」をあたえられます。
 続いて、マイチョコボ育成の秘訣「その二」・・・・・・
 「厩舎」の手入れは怠らず、常に清潔を保つこと。
 チョコボはキレイ好きで、意外と繊細なのです。
 試しに、この厩舎を掃除してみましょうか。
 落ちている「野菜クズ」をすべて拾ってください。」
ルクロ
「試しに、この厩舎を掃除してみましょうか。
 落ちている「野菜クズ」をすべて拾ってください。
 終わったら、私に声をかけてくださいね。」
ルクロと話す
ルクロ
「「野菜クズ」を拾い終えましたか?
 でしたら、ゴミは私が預かりましょう。」
(野菜クズを渡す)
ルクロ
「・・・・・・とても綺麗になりましたね。
 あなたが掃除してくれたおかげで、
 チョコボたちも、とても気持よさそうにしています。
 実際の掃除では「マジックブルーム」を使用するので、
 しっかり準備しておいてくださいね。
 続いて、マイチョコボ育成の秘訣「その三」は、
 「エサ」についてです。
 ・・・・・・ですが、この説明については、私よりも適任者がいます。
 この牧場で、エサとなる野菜を栽培している「マルゴ」です。
 彼女から、マイチョコボのエサを分けてもらってください。
 エサについても詳しく教えてくれるでしょう。」
ルクロ
「この牧場で、マイチョコボのエサとなる野菜を栽培している
 「マルゴ」から、エサを分けてもらってきてください。
 エサについても詳しく教えてくれるでしょう。」
マルゴと話してエサを入手
マルゴ
「・・・・・・マイチョコボのエサがほしいですって?
 でしたら、ちょうどいい野菜がありますよ。
 私たちは、愛するチョコボが健やかに育つよう、
 心をこめて野菜を育てています。
 あなたもマイチョコボの育成をするつもりなら、
 ハウスの畑で野菜を栽培してみては?
 それを食べれば、マイチョコボは立派に育つことでしょう。
 人の体は食べ物が作る・・・・・・それはチョコボも同じこと。
 あたえるエサによって、マイチョコボが受ける影響も、
 異なるのです。
 そうですね、マイチョコボが好む代表的なエサを、
 紹介しておきましょう。
 代表的なご褒美は「カラッカの野菜」です。
 ほかにも特定の能力を伸ばせる各種の野菜がありますね。
 これらの野菜をあたえる数を調整することで、
 理想のマイチョコボへと育成することができるでしょう。
 ただし、チョコボにだって好みがありますから、
 しっかり理解してあげてくださいね。
 そうそう、カラッカの種はお店で売っていますから、
 栽培や他の野菜との交雑に挑戦してみてくださいね。
 そうすれば、いろいろと試せるはずですから。
 はっ私ったら、つい長々と・・・・・・。
 マイチョコボへのエサが必要だったんですよね?
 さあ「新鮮なカラッカの野菜」をどうぞ。」
マルゴ
「渡した「新鮮なカラッカの野菜」は
 とても上質な野菜で、チョコボも喜ぶことでしょう。
 さあ、早くルクロにも見せてあげて。」
ルクロに新鮮なカラッカの野菜を見せる
ルクロ
「マルゴから、マイチョコボのエサを分けてもらえましたか?」
(新鮮なカラッカの野菜を渡す)
ルクロ
「・・・・・・なんて新鮮でおいしそうな野菜でしょう。
 いいエサを譲ってもらえましたね。
 さあ、これでマイチョコボを訓練する準備が整いました。
 マイチョコボ育成の秘訣「その四」・・・・・・
 いよいよ、マイチョコボの訓練に関する秘訣です。
 ちょうど「ケーシャ」がチョコボの訓練をしていますから、
 彼女に話を聞いてみてください。」
ルクロ
「さあ、これでチョコボを訓練する準備が整いました。
 ちょうど「ケーシャ」がチョコボの訓練をしていますから、
 彼女に話を聞いてみてください。」
ケーシャと話す
ケーシャ
「よく来てくれました。
 ・・・・・・マイチョコボの訓練について教えてほしいですって?
 マイチョコボを「厩舎」に預ければ、「訓練」を行えます。
 訓練が終わったら、必ずご褒美にエサをあげてくださいね。
 つまり訓練を始める前に、エサを準備する必要があるのです。
 訓練の成果は、「厩舎」の状態やご褒美のエサの種類で
 変わってきますが・・・・・・マイチョコボへの愛さえあれば、
 難しいことはありません。
 ・・・・・・おや、すでに新鮮な野菜をお持ちですね?
 では、それを訓練後のご褒美として、
 「リトルレイア」を訓練してみましょう!」
ケーシャ
「その新鮮な野菜を訓練後のご褒美として、
 「リトルレイア」を訓練してみましょう!」
ルクロ
「ケーシャから訓練の話を聞けたようですね?
 早速、リトルレイアを訓練してみるといいでしょう。」
リトルレイアを訓練する
リトルレイアは、Nikuqに、
もっと訓練してほしそうにしている。
ケーシャに報告
ルクロ
「うまくチョコボを訓練できましたか?
 間近で見ていたケーシャから、詳しい助言を聞いてみてください。」
ケーシャ
「うまくチョコボを訓練できましたね、さすがです。
 あなたほどの腕前ならば、
 きっとどんなチョコボも、うまく訓練できるはず。
 「厩舎」を、ほかの冒険者と共有している場合は、
 仲間のマイチョコボの世話もすることができるんです。
 例えば、「厩舎」を手入れすれば、
 仲間のマイチョコボ育成を手伝うことになるのです。
 進んで、マイチョコボのお世話をしてあげてくださいね。
 ・・・・・・私から伝えられることは、これぐらいです。
 「ルクロ」のところに戻って、続きを聞いてみてください。」
ケーシャ
「ルクロのところに戻って、次の話を聞いてみてください。」
リトルレイアは、Nikuqと、
もっと一緒にいたいようだ。
ルクロに報告
ルクロ
「よかった、訓練はうまくいったようですね。
 「厩舎」でのマイチョコボ育成の秘訣については、
 これで、ひととおりお伝えしました。
 早速、あなたの家に「厩舎」を設置して、
 マイチョコボを頼もしい相棒へ育て上げてください!
 成長したあなたのチョコボに会える日を楽しみにしていますよ!」
ルクロ
「マイチョコボの育成の調子はいかがですか?
 育成中に気づいたことがあったら、教えてください。
 理想どおりのマイチョコボを育てる方法を確立したいです。」
ケーシャ
「また来てくれたんですね。
 マイチョコボの育成は、順調ですか?」
マルゴ
「チョコボにも、それぞれ好みがあるんですよ。
 いろんな野菜を栽培して、試してみるといいでしょう。」
  野菜クズ:チョコボが食べ残したエサ
  新鮮なカラッカの野菜:近東原産の細長い朱色の根菜。チョコボの飼料として知られる