集うは我ら、信頼の絆

集うは我ら、信頼の絆

  • 依頼主 :ハムジ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :灰の陣営のハムジ・ガーは、共に至強を目指す戦士として、冒険者にお願いしたいことがあるようだ。

ハムジ・ガー
「強き者よ、我らが一党は至強を求むる!
 至強とはすなわち、強きを乗り越えた先にあるもの。
 ゆえに無力なる若輩を拐いし者は、打倒すべき宿敵なり!
 これを完膚なきまでに討ち負かし、拐われし同胞を救出する。
 それこそが我らに架せられし宿命と心得よ!
 志操堅固、剛毅木訥(ごうきぼくとつ)!
 再びヒトの地に赴くならば、相応の準備が必須。
 まずは今一度、ヤドヴ・ガーと相見え、
 同胞奪回と宿敵打倒の策を練るが肝要。
 いずれ機が熟し、我が武を示す時あらば、
 この戦鬼、ハムジ・ガーも勇み立ちて貴君の元に馳せ参じよう!
 気炎万丈、ことにあたるべし!」
ハムジ・ガー
「ヒトは我らと比するに、脆弱矮小なる躯体の持ち主と思うていた。
 されど戦陣の手錬どもを鎧袖一触に伏すほどの傑物がいたとは。
 真、これすなわち浅識、拙陋の極み・・・・・・至強の道は遥か遠い!」
ヤドヴ・ガーと話す
ヤドヴ・ガー
「冒険者殿、先程は大変お世話になり申した!
 聞けばウルダハは獣人排斥を是とする社会の様子。
 真、君子危うきに近寄らず、であり申した。
 それがしの潜入、拐われし子の奪還に至らねども、
 千載一遇、「シルビア」殿という協力者を得たり。
 彼女より冒険者殿に託を承っており申す。
 何か重要な用件がある様子、会って是非とも話をしたいとの由。
 ウルダハの主門にて、お待ち申しておるとのこと。
 早速、伺ってみては如何か?」
????
「おいおいおい、ちょっと待てよっ!
 Nikuq!」
ルーン・ガー
「オメェ、せっかく「灰の陣営」に来たってのに、
 俺に挨拶もしねぇで帰るつもりかっ!?
 ちょっと薄情すぎるんじゃねぇか~? ったくよぉ・・・・・・!
 話は聞いたぜ!
 なんだか、すっげぇ強ぇ奴がいるらしいな!
 誇り高き戦士として、一度お手合わせ願いてぇもんだ!
 オメェ、ウルダハに行くんだろ?
 だったら、俺も行くぜ!」
ヤドヴ・ガー
「ルーン・ガー! 勝手な行動は慎むべし!
 ヒトの世界は伏魔殿、垂堂之戒(すいどうのいましめ)!
 未熟なお主には、荷が重い任務であり申す!」
ルーン・ガー
「いいじゃねぇかよ~! カタいこと言うなって、兄弟!
 それに俺の心はアマルジャ族だが、ナリは一応、ヒトなんだぜ?
 ウルダハに潜入するなら、それこそ適任じゃねぇか!
 よっし! そうと決まれば早速出発だ!
 いや~、ヒトの街かぁ・・・・・・珍しいモノが沢山あんだろうなぁ!
 よろしく頼むぜ! Nikuq!」
ヤドヴ・ガー
「・・・・・・跳ねっ返りの未熟者め。
 我が長、ハムジ・ガーに知れたら怒髪衝天・・・・・・
 後でキツく折檻されても知らぬぞ。
 「シルビア」殿は、ウルダハの「ナル大門」前で、
 お待ちしていると言っており申した。
 捲土重来、離合集散・・・・・・よろしくお願いし申す!」
ヤドヴ・ガー
「ルーン・ガーめ・・・・・・喜色満面、またまだ子供であり申す。
 しかし、あやつは元来、我らとは異なる種族・・・・・・
 故郷の空気を味わわせることも、親心なのかもしれぬ・・・・・・。」
ウルダハのシルビアと話す
ルーン・ガー
「うっひょー! ここがウルダハかぁ!
 人がいっぺぇいて、なんか高けぇ建物だらけだぜー!」
シルビア
「来てくれてありがとう・・・・・・Nikuq。
 アマルジャ族の使いの女の子も、連れてきてくれるなんて・・・・・・
 心強い・・・・・・。
 アナタからの情報は、私も確認した。
 「黒死の奏者」・・・・・・ナザ・ア・ジャーブを雇った黒幕・・・・・・
 これまでの、すべての獣人誘拐事件を仕組んだ張本人・・・・・・。
 「自笑堂」(じしょうどう)・・・・・・。
 恐らくその商会の主が、事件の黒幕に間違いない。
 ついに・・・・・・ついに見つけた・・・・・・!
 ・・・・・・Nikuq、アナタに告白したいことがある。
 そして、会ってほしい人がいるの。
 「ザル大門」の近くで待ってる・・・・・・。」
ハムジ・ガー
「知己朋友よ、よくぞ再び此の「灰の陣営」を訪ねてくれた。
 敵が悪鬼羅刹の類なりとも、あに遅れをとるべけんや!
 光焔万丈、これに当たらん!」
ザル大門付近のシルビアと話す
シルビア
「Nikuq、待っていたわ。
 ようこそ、私たちのアジトへ。
 ここは・・・・・・」
????
「「アッシュクラウン商会」の商館!
 エオルゼアをまたにかけるクリスタル交易商です!」
シャンガ・メシャンガ
「失礼、冒険者さん! どうも、初めまして!
 僕は「アッシュクラウン商会」の会長、
 シャンガ・メシャンガと言います。
 「アッシュクラウン商会」は、
 エオルゼア各地の獣人からクリスタルを購入し、
 人の社会に流通させる商業組織です。
 カッコ良く言えば、獣人と人を取り持つ架け橋となる存在。
 もっとも、「正義の味方」を気取るつもりはありませんよ。
 我々は、あくまで利益を求める商会ですから。
 まぁ、最近は蛮神問題やら何やらで、
 取引の市場はめっきり冷え込み、僕たちもすっかり日蔭者。
 おおっぴらな商売が難しいご時世になってしまいましたけどね。
 ここは商会のウルダハ支部・・・・・・ですが、どうかご内密に。
 獣人排斥法が施行されているウルダハでは、
 お上に知れたら大事ですから。」
シルビア
「Nikuq・・・・・・。
 今まで秘密にしていた、私の素性を告白する。
 私は「アッシュクラウン商会」の一員・・・・・・。」
シャンガ・メシャンガ
「そう、彼女は頼もしい商会の仲間です。
 そして今回の「獣人連続誘拐事件」の危険な調査任務に、
 自ら志願してくれました。
 獣人の誘拐事件は、実は以前から断続的に行われていました。
 我々商会も由々しき問題として、調査をしていたのです。
 しかし、奴らの犯行は巧妙、尻尾さえも掴めなかった・・・・・・。」
シルビア
「・・・・・・許さない・・・・・・!
 奴らは・・・・・・私の・・・・・・大切な仲間を・・・・・・殺した・・・・・・。」
シャンガ・メシャンガ
「冒険者さん、貴方は人を含めた、
 エオルゼアの代表的な6つの種族の縁を取り持ち、
 信頼の絆を築いた、我々にとってかけがえのない存在。
 どうか我々「アッシュクラウン商会」も、
 貴方の捜査活動に協力をさせてください!
 引き続き、ここにいるシルビアをよろしくおねがいします!」
シルビア
「Nikuq・・・・・・今まで黙っていて、ごめんなさい。
 力を合わせ、卑劣な獣人連続誘拐犯を捕えましょう・・・・・・!
 先程、「クイックサンド」のモモディから、
 アナタ宛に伝言があったの・・・・・・。
 この事件に関して、話があるみたい・・・・・・。」
ルーン・ガー
「伝言? よぉし、いってみようぜっ!
 Nikuq!」
シルビア
「・・・・・・今まで黙っていて、ごめんなさい。
 商会の存在が知れると、商売ができなくなる。
 でも、アナタは信頼できる存在・・・・・・そう確信した。
 どうか私たち「アッシュクラウン商会」と力を合わせ、
 卑劣な獣人連続誘拐犯を捕えましょう・・・・・・!」
クイックサンドのモモディと話す
モモディ
「あらあら、いらっしゃい。
 Nikuq、待ってたのよ!
 ・・・・・・みなさーん、いらしたわよー!」
タタラム
「冒険者さん!
 お待ちしてました!」
スケートスィス少甲士
「黒渦団スケートスィス少甲士、只今参りました!
 ともに事件の解決に向け、友軍支援の許可をお願いします!
 ・・・・・・な~んてね!」
ヴォイス
「ボクも、何か手伝えることがあったらと思いまして・・・・・・
 仮宿の皆さんにお暇をいただき、はりきってやって来ました!
 「別にアンタみたいなヘッポコ、
  もう帰ってこなくてもいいでふっち? バイバイでふっち!」
 ・・・・・・って、本当にお暇になりかねない感じでしたが・・・・・・。」
ルーン・ガー
「おおっ! なんか賑やかな感じで楽しそうだなぁー!
 こいつら、みんなオメェの仲間かぁ?」
タタラム
「先ほど情報交換をして、状況は把握しています。
 「獣人連続誘拐事件」の黒幕は「自笑堂」。
 しかし、その組織に対する情報がまだ足りない。
 そもそも奴らは、なぜ獣人を誘拐したのか?
 その目的が・・・・・・謎に包まれている・・・・・・。」
スケートスィス少甲士
「アタシたちが追ってた実行犯・・・・・・
 「黒死の奏者」っていう奴も、まだ行方知れずだしね。」
ヴォイス
「ここは、ボクたち全員で、
 手分けして情報を収集するというのはどうでしょう?
 これだけ仲間がいれば、きっと手掛かりが見つかりますよ!」
タタラム
「では、僕は「ウルダハ・ランディング」で、
 あらゆる記録を洗い直し、
 「自笑堂」が保有すると思われる飛空艇の行方を探ります。」
スケートスィス少甲士
「アタシは、過去の獣人誘拐事件の犯罪履歴を洗うわ!
 獣人の誘拐は、以前から断続的に行われてたんでしょ?
 だったら、関連する事件の報告書が残ってるかもしれない!」
ヴォイス
「ボクは「自笑堂」の経営実態を調べてみましょう!
 「自笑堂」は表向き、錬金素材の卸し売り業。
 錬金術師ギルドをあたったら、何か手掛かりがあるはずです。」
ルーン・ガー
「じゃあ、俺は実行犯の「黒死の奏者」っていう奴を探すぜ!
 きっと、まだこのウルダハにいるはずだ。
 草の根分けてでも探し出してやっから、まってろよぉ!」
タタラム
「各自、何か有力な情報があったら、冒険者さんに報告を!
 エオルゼアの獣人のために、力を合わせがんばりましょう!」
モモディ
「頼もしい仲間がたくさんいて、とてもうらやましいわ。
 これもきっと、Nikuqの人柄のおかげね。
 皆で力を合わせ、きっと目的を達成してね!」
ウルダハ・ランディングのタタラムと話す
タタラム
「ああ、冒険者さん、いいところへ!
 ウルダハ・ランディングを利用している、
 民間飛空艇の入港記録を片っ端から調べてみたのですが・・・・・・。
 申請者リストの中に見つけたんです。
 「自笑堂」を経営するララフェル族の富豪、
 「メメリガ」氏の名前をですよ。
 どうやらこの半年の間に、かなり頻繁に、
 エオルゼア各地へと飛び回っているようですね。
 恐らく目的は「獣人誘拐」に間違いありません!
 ちなみに「メメリガ」という人物ですが・・・・・・
 非合法組織の類いに、武器やら何やらを売りさばく、
 「死の商人」だという黒い噂もあるようです。
 恐らく「獣人連続誘拐事件」の黒幕は、
 このメメリガという男に間違いはなさそうですね・・・・・・!
 奴は今、どこに・・・・・・?」
(最後に話した場合)
タタラム
「・・・・・・どうやら、みんなの集めた情報が出そろったようですね。
 一度「アッシュクラウン商会」のシルビアさんに報告し、
 内容を整理してみてはいかがですか?」
タタラム
「メメリガという男・・・・・・対立する勢力両方に武器を提供したり、
 貧民を傭兵にして、奴隷同然に悲惨な戦地に送り込んだり・・・・・・
 まさしく「死の商人」! かなり卑劣な輩のようです。」
錬金術師ギルドのヴォイスと話す
ヴォイス
「冒険者さん、聞いてください!
 錬金術師ギルドの帳簿を洗って、
 「自笑堂」との取引記録を調べたんです!
 叩いたら、嫌というほど埃が出てきましたよ!
 奴ら、かなり怪しい錬金素材を、しかも大量に購入しています。
 「妖異の腐肉」に「怪水仙の球根」、「死霊の臓物」・・・・・・。
 僕は錬金術については専門外ですが・・・・・・
 いずれも取り扱いに、特別な許可がいる品とのことです。
 取引資格がある「自笑堂」だからこそ、購入できたようですが。
 ちなみに、これらの素材の取引に資格がいるのは、
 禁忌とされる「死霊術」に転用可能なためだとか・・・・・・。
 「自笑堂」の目的は・・・・・・「死霊術」がらみ?
 死霊を生み出す霊薬を、ひそかに開発してたりして・・・・・・。
 じゃあ、誘拐された獣人たちは・・・・・・
 ま、ま、ま、ま、まさか・・・・・・実験に・・・・・・!?
 ・・・・・・こ、これは一大事ですよ、冒険者さんっ!」
(最後に話した場合)
ヴォイス
「・・・・・・おおっ、みなさんからの情報が集まりましたか!?
 では、「アッシュクラウン商会」のシルビアさんに報告し、
 今後の対策を練りましょう!」
ヴォイス
「でも、人の「ゾンビー」ならともかく、
 獣人の死霊だなんて、聞いたことはありません。
 も、もしかして・・・・・・霊薬の改良の目的って・・・・・・!?」
不滅隊:作戦本部のスケートスィス少甲士と話す
スケートスィス少甲士
「Nikuqさん! 
 今、不滅隊に依頼し、ここ半年間にウルダハで起きた、
 事件の報告書を閲覧させてもらっていたところです。
 ふふふ、アタシ、これでも黒渦団特務士官ですから、
 それなりに顔がきくんですよ?
 で、その報告書の内容にひとつ、不審な点が・・・・・・。
 「東ザナラーンで謎の蛮族の大量変死体を発見」・・・・・・
 どうやら半年前、多数のシルフ族の遺体が、
 荒野に遺棄されていたのが発見されたらしいんです。
 ・・・・・・被害者が人ではなく、獣人だったので事件性は考慮されず、
 捜査は打ち切りになったようですが・・・・・・
 ザナラーンでシルフ族の遺体・・・・・・なんだか不自然ですよね?
 「シルフ族は外傷はなく、毒殺された模様」・・・・・・。
 黒衣森から連れ去られている点を考えると、
 誘拐被害者である可能性も否定できないような・・・・・・。
 むむむ、謎は深まるばかり・・・・・・。
 とりあえず、ほかの皆が集めている情報を待って、
 複合的に推理するしかないようです・・・・・・以上、報告終わりっ!」
(最後に話した場合)
スケートスィス少甲士
「・・・・・・おっ、どうやらみんなの情報収集が終わったみたいですね。
 「アッシュクラウン商会」のシルビアさんに報告して、
 今後の対策を練りましょう!」
スケートスィス少甲士
「ザナラーンでシルフ族の遺体・・・・・・。
 やはりシルフ族は何者かに誘拐され、
 この地で何かの目的のため犠牲になった・・・・・・許せないっ!」
プラチナミラージュのルーン・ガーと話す
ルーン・ガー
「Nikuq!
 いいとこに来てくれたっ! ついに見つけたぜ!
 その「ナザ・ナントカ」っつー悪者の滞在先をよ!
 どうやら奴は、この「プラチナミラージュ」っていう、
 カジノホテルのスイートルームにいるらしいぜ!
 なんだかキンピカで、趣味の悪りぃとこだなよなぁ!
 ・・・・・・それでよぉ、もっと詳しく調べるために、
 中に潜入しようとしたんだけどよ。
 あの受付のバカ女に止められちまったんだ!
 「そのような猥雑な身なりで、
  当施設への入場は御遠慮ください」・・・・・・だってよぉ!
 けっ、お高くとまりやがって!
 つーか、「猥雑」って何だよっ!
 俺の格好のどこが猥雑だってんだよっ!?
 これは誇り高きアマルジャ族の戦装束だっての!
 オイ、Nikuq!
 なんとか中に入る手立てはねぇかなぁ?
 服を着替えるつっても、俺、金もってねーしなぁ・・・・・・。」
(最後に話した場合)
ルーン・ガー
「・・・・・・おっ、どうやら情報が出そろったみてぇじゃねぇか!
 だったら頼む! 「アッシュクラウン商会」に行って、
 シルビアに「プラチナミラージュ」の入り方を聞いてきてくれ!」
ルーン・ガー
「なぁ、俺のこの格好って、そんなに変か?
 ・・・・・・身軽だし、戦いやすくて良いと思うんだけどなぁ。」
エシルト
「こちら、カジノホテル「プラチナミラージュ」でございます。
 すみませんが、会員でない方、身なりの相応しくないお客様には、
 入場をお断りさせていただいております。」
ザル大門付近のシルビアと話す
シルビア
「Nikuq、待ってた・・・・・・。
 その顔からすると、情報を掴んだのね・・・・・・?
 獣人誘拐事件の真相に近づくための情報を・・・・・・。
 皆が集めてくれた情報を総合しましょう・・・・・・。
 黒幕は「自笑堂」を経営する「メメリガ」なる人物・・・・・・
 彼は「死の商人」という裏の顔を持っていた・・・・・・。
 彼の商会は、特別な錬金素材を調達していた・・・・・・
 いずれも「死霊術」に関わる危険な品々・・・・・・。
 一方、ザナラーンではシルフ族の毒殺体が発見され・・・・・・
 各地では、連続して獣人誘拐事件が発生・・・・・・。
 導き出される答えはひとつね・・・・・・。
 彼らは、伝承でのみ語られている、
 すべての種族を死霊に変える禁忌の霊薬・・・・・・
 「六識の反魂香」を開発しようとしている・・・・・・!
 ヒトはおろか、獣人までをも死霊と化して操れる霊薬・・・・・・
 まさに究極の兵器・・・・・・!
 ・・・・・・それが・・・・・・奴らの・・・・・・目的・・・・・・!
 「黒死の奏者」の居場所を突き止めたのでしょう!?
 冒険者さん、乗り込みましょう・・・・・・!
 直接、奴の口からメメリガの居場所を聞き出す・・・・・・!
 「プラチナミラージュ」の会員証なら、
 ウチの会長が持っているから、借りられるはず・・・・・・。
 それと、少しでも戦力がほしい・・・・・・。
 ルーンさんには、この「高級なドレス」を着て、
 同行してもらいましょう・・・・・・。
 私も準備が整ったら、すぐに追って駆けつける・・・・・・。
 ナザ・ア・ジャーブ・・・・・・待ってなさい・・・・・・!
 もう・・・・・・前のように、不覚はとらない・・・・・・!!」
シルビア
「「プラチナミラージュ」に入るために、
 ルーンさんを、この「高級なドレス」に着替えさせるの・・・・・・。
 私もすぐに後から駆けつける・・・・・・。
 「黒死の奏者」・・・・・・ナザ・ア・ジャーブ、待ってなさい・・・・・・!」
プラチナミラージュのルーン・ガーに高級なドレスを渡し客室に突入
ルーン・ガー
「よぉ、Nikuq!
 あれから入口を見張ってるんだが、奴が外出した形跡はないぜ。
 まだ部屋にいるってことだ。
 そっちはどうだ?
 「プラチナミラージュ」に入る算段はついたか?」
(高級なドレスを渡す)
ルーン・ガー
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
 ・・・・・・なんだよ、この布っキレは・・・・・・。
 ・・・・・・も、もしかして、これを俺に着ろってのかっ!?
 じ、じ、冗談じゃねぇぞっ!?
 なんで戦士である俺が、こんな格好しなきゃいけねぇんだっ!
 こんなオンナみてぇな服着るぐれぇなら、
 裸になったほうが、まだマシだぜっ!!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 ほ、本当に着なくちゃ・・・・・・ダメか?
 ほ、本当だな・・・・・・・・・・・・?
 本ッ当~に、これしかホテルの中に入る方法はねぇんだな?
 嘘ついてたら、ブッ殺すぞっ!?
 ああああああっ! わ~ったよ!
 着りゃいいんだろっ!? 着りゃあっ!!
 いいか? ゼッテー笑うなよ? ちょっとまってろっ!
 ジ、ジロジロみるんじゃねぇよっ!!
 これでいいんだろっ!? これでっ!?
 ・・・・・・ホラ、さっさとホテルの中に潜入すんぞっ!
 ・・・・・・なんだよ、まだ何かあんのかよ・・・・・・?
 ・・・・・・もしかして・・・・・・顔か・・・・・・?
 いやいやいやいやいや!!
 こいつは、俺がアマルジャ族の戦士である証!
 ハムジ・ガーの親父にもらった、大切な仮面なんだぞ!?
 あ~もう、わかったよ! とるよ、とりゃいいんだろ!?
 「至強の戦士が執着するは唯一、強さのみ。
  他のあらゆる自尊心を捨てるべし」・・・・・・親父の言葉だ・・・・・・。
 この「灰の一党」の戦士ルーン・ガー!
 至強を目指すためなら、一時の恥ぐれぇかいてやらぁ!
 アマルジャ魂、しっかり見とけよっ!
 これでいいんだろ・・・・・・?
 ・・・・・・・・・・・・黙れ、何も言うな!
 行くぞ! シルビアもそろそろ来るころだ。
 ここまで体張ってんだ!
 「黒死の奏者」ってヤツをとっちめねぇと気が済まねぇ!」
ルーン・ガー
「ふええ・・・・・・すっげぇなぁ!
 まるで宮殿だぜ!」
シルビア
「「黒死の奏者」・・・・・・!」
ナザ・ア・ジャーブ
「女を呼んだ憶えはないが・・・・・・。
 フゥ、なんて悪趣味なサービスだ。
 下衆の節介ほど、気分を害するものはない。」
シルビア
「観念しなさい!
 もうアナタに逃げ場はない・・・・・・!」
ルーン・ガー
「ぐっ・・・・・・! つ、強えぇ・・・・・・!」
シルビア
「エオルゼア全土で行われた、一連の獣人誘拐事件・・・・・・。
 その実行犯である闇社会の冒険者、ナザ・ア・ジャーブ!
 すべてのネタはあがっています!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フゥ・・・・・・そんなくだらないことを言うために、
 お前たちはここに来たのか?
 そして、俺の安息を妨げようというのか?」
シルビア
「くだらない・・・・・・ですって!?
 罪も力もない獣人を拐って、その命を弄ぶ・・・・・・。
 いくら相手が蛮族といえど・・・・・・。」
ナザ・ア・ジャーブ
「許されない・・・・・・と言いたいのだろう?
 フフ、そんなことは百も承知だ。
 俺は蛮族を軽蔑していない、むしろ敬愛している。
 だが、そんなことはどうでもいいんだ・・・・・・
 人も蛮族も、俺にとっては等しく無価値の存在。
 俺はただ狂おしいほどの興奮・・・・・・「熱狂」を求めたに過ぎない。」
ルーン・ガー
「ね、熱狂だと・・・・・・!?」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフ、そう・・・・・・「熱狂」だ。
 この俺、ナザ・ア・ジャーブが生きる目的。
 それは決して金や名誉、まして義理や人情でもない。
 すべては・・・・・・「熱狂」・・・・・・!
 耐えられぬ渇望、内に秘めた快楽への衝動・・・・・・!
 甘き死に酔いしれる・・・・・・これほどの「熱狂」があろうか!?」
ルーン・ガー
「けっ・・・・・・ヘドが出るぜ!
 手前勝手な性癖で、他人の命を弄ぶたぁ・・・・・・、
 なんつーおぞましい・・・・・・蛮族はテメェの方だ!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フッ、美を解せぬとは、罪深いお嬢ちゃんだ。
 キツくしつけが必要だな・・・・・・。
 そして愛でてやろう、物言わぬ美しい屍にして・・・・・・。」
シルビア
「この事件の黒幕は・・・・・・「自笑堂」の「メメリガ」!
 その正体は、意のままに操れる死霊を生み出し、
 不死の軍勢を作ろうとしている死の商人。
 しかし、人を死霊化すれば、反発されることは明白!
 それに奴隷や貧民を誘拐するのにも限度がある・・・・・・。
 そこでメメリガは、「蛮族」の存在に目を付けた。
 人に仇なす蛮族を操り、不死の兵として戦地に送りこむ。
 そして、自らは手を汚さず大金を得る・・・・・・まさに一石三鳥。
 なんて卑劣な発想・・・・・・!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフ、見事な推理だ、感服したぞ。
 お前はいったい・・・・・・?」
シルビア
「・・・・・・許さない・・・・・・で・・・・・・ふっち・・・・・・。
 お前たちは・・・・・・わたぴの大切な仲間たちを・・・・・・殺した・・・・・・!
 忘れたとは言わさないでふっち!」
ルーン・ガー
「オ、オメェ、シルフ族だったのか!」
シルビア
「ナザ・ア・ジャーブ!
 さぁ、白状するでふっち!
 メメリガは、どこにいるでふっち!?」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフ、黙秘させてもらうぞ。
 俺は、これでも冒険者・・・・・・相応の報酬を受け取っている。
 たとえ下衆な輩だろうと、依頼人は裏切れないのでね。」
タタラム
「・・・・・・では、あなたを雇い直しましょう。
 メメリガは、あなたに幾らの報酬を払いました?
 僕が今、ここでその倍・・・・・・いや3倍のギルを払います。
 支払は現金? それとも宝石や手形がいいですか?
 ご安心を、ハッタリなんかじゃないですよ。
 僕はこう見えて、あの「ハイウィンド飛空社」の御曹司。
 お金なら、ウンザリするほど持ってますから。」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフフ・・・・・・フハハハハハハハハハ! 面白い!
 そう、これこそが「熱狂」だ!
 気に入ったぞ、お前たち!
 メメリガは、東ザナラーン「見えざる都」にいる。
 今ごろは、誘拐した蛮族を実験台に、
 試作した「六識の反魂香」の実験を始めているだろう。」
ヴォイス
「な、なんだってっ!?」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフフ、俺が言えるのはそこまでだ。
 ・・・・・・もし、メメリガの実験を阻止するつもりなら、
 俺も諸君らと剣を交えなくてはならないが、よろしいかな?」
スケートスィス少甲士
「望むところよっ!
 憶えておきなさいっ!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフフ、小気味良い答えだ。
 せいぜい俺を楽しませてくれ。
 めくるめく熱狂の饗宴を・・・・・・期待しているぞ・・・・・・!」
タタラム
「・・・・・・いきましょう、皆さん。」
シルビア
「・・・・・・Nikuq、皆さん、
 今まで黙っていてすみません・・・・・・。
 先程お見せしたとおり、私の正体はシルフ族・・・・・・でふっち。
 わたぴの本当の名前は「シルベシオ」。
 この姿は、ヒトの社会に溶け込むための擬態。
 シルフ族お得意の「変化のおまぢない」でふっち。
 わたぴは元々「シルフの仮宿」に棲んでいたのでふっち。
 でも、よりヒトとの交流を深めようと、
 仲間とともに仮宿を離れ、ヒトの社会へとやってきたのでふっち。
 でも・・・・・・半年前・・・・・・悲劇がおきたのでふっち。
 正体がバレたわたぴらは、獣人誘拐犯に狙われ、
 そして拉致されたのでふっち。」
スケートスィス少甲士
「そして、「六識の反魂香」の被験体にされた・・・・・・。
 ・・・・・・そっか、ザナラーンの荒野に遺棄されていたシルフ族は、
 アナタの仲間だったのね・・・・・・。」
シルビア
「わたぴはただひとり、誘拐犯の魔の手から逃れたのでふっち。
 命からがら荒野をさまよっていたところを助けてくれたのが、
 「アッシュクラウン商会」のシャンガ・メシャンガ会長。
 それ以来、わたぴは「変化のおまぢない」で正体を隠し、
 仲間のカタキをとるために、
 憎き獣人誘拐犯の足取りを追っていたのでふっち・・・・・・。」
タタラム
「獣人を使った実験なんて・・・・・・なんて卑劣な!
 冒険者さん、シルビア・・・・・・もとい、シルベシオさんと、
 実験場である「見えざる都」に急行してください!」
ルーン・ガー
「・・・・・・でもよぉ。
 「見えざる都」って、確か何もねぇ遺跡だぜ。
 なんで奴ら、そんなとこをわざわざ実験場にしやがったんだ?」
ヴォイス
「何もない遺跡だからこそ、もってこいなのでしょう。
 「六識の反魂香」の成分を吸い込まないように調合するには、
 開けた屋外でなければなりませんし・・・・・・。
 それに、実験をするにも好都合です。
 遺跡なら人目にもつかず、もし死霊化した獣人が暴走しても、
 始末、逃亡できる・・・・・・つくづく卑劣な奴らです!」
タタラム
「冒険者さん、僕たちは各々の獣人の拠点に帰り、
 それぞれの長に、この緊急事態を報告してきます。
 そして必ず、あなたたちを助けに駆けつけます!
 ・・・・・・それとこれを。
 これは「メラメラ燐粉ボム」という秘密兵器です。
 仮宿のシルフ族が作った「ゲホゲホ燐粉爆弾」と、
 アコライト789 バ・ゴさん特製の「ボム」を、
 「エカトル空力団」の技術を借りて、融合させたものです。
 いわば、僕たちの絆の結晶!
 皆の力を結集したこの秘密兵器で、
 悪を吹き飛ばしてやりましょう! では、お願いします!」
見えざる都のシルベシオと話す
メメリガ
「ん? 何だお前は!?
 ええい、今、取り込み中だ! 遺跡に近寄るな!」
シルベシオ
「Nikuq、待ってた・・・・・・。
 ここでは人目を気にして姿を変える必要はないから・・・・・・。
 魔力の温存のため、元の姿・・・・・・でふっち!
 それより、見えるでふっち・・・・・・?
 メメリガの部下たちは、大金で雇われた一流の傭兵。
 かなりの死闘になる・・・・・・戦闘の準備はいい・・・・・・でふっち?」
(戦闘の準備はいい・・・・・・でふっち?)
(ちょっと待ってでふっち!)
(いつでもこいでふっち!)
シルベシオ
「頼もしい・・・・・・でふっち!
 まずは、敵の隙をうかがうでふっち!」
メメリガ
「まだか? まだできんのか!?
 ええい、ウスノロめっ!」
自笑堂の錬金術師
「へぇ、すんません。
 あとは蒸留した薬液を精製すれば、理論上は完成でさぁ。
 ・・・・・・恐らくは。」
メメリガ
「恐らくは・・・・・・だと? ふざけるなっ!
 この新薬開発に、いくら払ってると思ってるんだっ!
 さっさと誘拐してきた蛮族どもに使うのだっ!
 くふふ・・・・・・我が不死の蛮兵どもがついに誕生する!
 この兵力を操ることができれば・・・・・・莫大な金が手に入る!
 いや、むしろ、この私がエオルゼアの支配者となることも可能!」
熟練の用心棒
「てめぇ! 何者だッ!?」
シルベシオ
「メメリガ!
 仲間たちを返すでふっち!」
メメリガ
「・・・・・・貴様、知ってるぞ。
 何やらコソコソと私たちのことを嗅ぎまわっていたらしいな。
 だが遅かったな、腐れ野菜め!
 「六識の反魂香」はすでに完成目前!
 もはや、私の野望は誰も止めることはできん!
 おっと、殺すなよ! 生け捕りにしろ!
 蛮族ともども、貴様にも反魂香の香りを楽しませてやろう。
 そして、永遠に死ぬことのない奴隷となるのだ!」
屈強な用心棒
「むッ!?」
????
「大逆無道、悪事千里・・・・・・。
 天網恢恢、疎にして漏らさず。
 西に悪あらばこれを断ち、東に魔あらばこれを滅す・・・・・・。」
メメリガ
「何者だッ!?」
ハムジ・ガー
「我は「灰の一党」が筆頭・・・・・・。
 炎獄の灼風に舞いし一握の灰塵。
 戦鬼、ハムジ・ガーと覚えておいていただこう!」
ノォヴ
「同じく、サハギン族の戦士であり父、ノォヴ!
 西ラノシアよりまかり来た! フスィーッ!!」
セズル・トトロック
「泣く子も黙るッゥ「エカトル空力団」ッン!
 セズル・トトロック、推参ッン!
 バリバリッィ、喧嘩上等ッォ!」
フリクシオ
「ご存知「シルフの仮宿」の長ちゃまこと、フリクシオでぶっち!
 冒険者どの、お待たせでぶっち!」
ピックマン789 ギ・グ
「そしーて・・・・・・ついナリユキで 来ちゃったけーど
 ボクは 特に何もするつもりーはなーい
 「第789洞穴団」の ピックマン789 ギ・グ!
 え えーと・・・・・・コレかーな?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えーい!」
全員
「「六族連盟」、只今、参上!!」
ピックマン789 ギ・グ
「あわわわーわ・・・・・・
 ちょっと火力が強すぎたーよ・・・・・・
 バ・ゴのヤーツ 頼んだボムを間違えたーよ!」
フリクシオ
「メメリガとやら、観念するでぶっち!
 仲間たちを返してもらうでぶっち!」
メメリガ
「ええい!
 邪魔をするつもりか、おぞましい蛮族どもめっ!」
セズル・トトロック
「・・・・・・むッゥ!?」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフフ・・・・・・素晴らしい・・・・・・
 素晴らしい熱狂の舞台だ!」
ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・今度こそ、不覚はとらん。
 勝負だ、ヒトの戦士よ・・・・・・!」
メメリガ
「フヒヒヒッ、「黒死の奏者」・・・・・・ナザ・ア・ジャーブよ!
 蛮族どもを殺せ!
 払った大金分の仕事をするのだっ!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フフ・・・・・・このナザ・ア・ジャーブ、下衆の囀りなど聞く耳はもたぬ。
 しかし、ここはあえて従おう。
 命を削り、しのぎ合う・・・・・・その末に攫み獲る血塗れの勝利!
 フハハ、これ以上の「熱狂」が、どこにあろう!
 ・・・・・・さぁ、俺を楽しませてみろ!」
シルベシオ
「わたぴは捕まった仲間を助けるでふっち!
 Nikuq!
 アナタはその爆弾で、錬金釜を破壊するでふっち!」
シルベシオ
「捕まった仲間は、わたぴに任せて・・・・・・!
 アナタはその爆弾で、錬金釜を破壊するでふっち!」
メメリガ
「フヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!
 「六識の反魂香」は、蛮族をゾンビーに変える!
 最強不死兵団で、私は億万長者! いや、帝王となるのだぁ!」
妨害を退け自笑堂の錬金釜にメラメラ燐粉ボムを使う
メメリガ
「うぎゃあああああああああああっ!!
 ぜ、全財産をつぎこんだ錬金釜がああああっ!
 けっ、研究費用っ! ご、5億6000万ギルっ!!
 ごおくろくせんまんぎるぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!」
ナザ・ア・ジャーブ
「フハハハ・・・・・・! いいぞ! そうだ! この熱さだっ!
 この熱狂こそが・・・・・・我が魂を震わせる最高の瞬間!
 そして舞台は、諸君らの死をもってついに完成される!
 さぁ、俺に聞かせてくれ!
 甘美なる死の五重奏を!
 絶望の嘶きを、その醜い喉から絞り出せっ!」
ノォヴ
「フスィーッ、図に乗るな・・・・・・若造!
 我らがチカラ、思い知るがいい!」
ハムジ・ガー
「死中求活!
 我、これより死地に入る!」
ナザ・ア・ジャーブ
「・・・・・・甘いなっ!
 魔法障壁だとッ!?」
セズル・トトロック
「今だッァ! ノォヴの大将ッォ!
 オレ様特製の得物を使いやがれッェ!!」
ピックマン789 ギ・グ
「あわーわ い 今だーよ!」
ナザ・ア・ジャーブ
「貴様ら・・・・・・っ・・・・・・よ、よくも・・・・・・
 この「黒死の奏者」・・・・・・ナザ・ア・ジャーブをっ!
 この借りは必ず・・・・・・必ず返すぞっ・・・・・・!!」
メメリガ
「き、貴様っ・・・・・・そ、それは、私の脱出用飛空艇っ!
 おのれ! う、裏切ったな!」
ナザ・ア・ジャーブ
「ふははは、礼を言うぞ、蛮族ども!
 この俺に、復讐という新たな目標をあたえてくれたことを!
 いずれまた会おう! さらなる「熱狂」の中でなっ!」
ピックマン789 ギ・グ
「あーれ ボムちゃんが もういっこ残ってたーよ?
 ナンダコーレ? ま いーか
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えーい!」
シルベシオ
「メメリガ、観念するでふっち。
 お前の悪事は、アッシュクラウン商会を通じて、
 ウルダハ政庁に報告済みでふっち。
 もう、いくら賄賂を積もうと、
 お前の罪は揉み消せないでふっち。
 神妙にお縄につくでふっち!」
メメリガ
「う・・・・・・ううううう・・・・・・。
 私の・・・・・・金・・・・・・私の・・・・・・計画・・・・・・
 ううううううう・・・・・・!」
シルベシオと話す
シルベシオ
「Nikuq・・・・・・!
 ついに・・・・・・ついに、やったでふっち・・・・・・。
 メメリガの計画を・・・・・・奴の野望を阻止したでふっち!
 ううう・・・・・・やっと・・・・・・仲間の仇を・・・・・・討てたでふっち・・・・・・。
 ノメシオ・・・・・・フラクシオ・・・・・・見てるでふっち?
 わたぴは・・・・・・ついに・・・・・・やったでふっち・・・・・・!」
フリクシオ
「見事でぶっち。
 よくがんばったでぶっち、シルベシオ!」
シルベシオ
「長ちゃま・・・・・・。
 わたぴを憶えて・・・・・・くれていたでふっち・・・・・・?」
フリクシオ
「もちろんでぶっち。
 お前さんたちが仮宿を旅立ったときのことを、
 昨日のように思い出すでぶっち。
 シルベシオ、お前さんは本当に強い子でぶっち。
 仲間を殺され、たったひとり、孤独に戦っていたんでぶっち?
 ・・・・・・よくがんばったでぶっち。
 ワチシも、もっと早く手助けができれば・・・・・・
 ノメシオも、フラクシオも助けてあげられたのでぶっち。
 本当にすまなかったでぶっち。」
シルベシオ
「長ちゃま・・・・・・!
 もったいないお言葉でふっち。」
フリクシオ
「拐われた者たちは、各々の長が責任をもって連れ帰るでぶっち。
 これにて、一件落着でぶっち!
 冒険者どの、すべては、お前さんのおかげ。
 お前さんへの信頼の絆が、
 ワチシらをこの地に呼び寄せたでぶっち。
 我ら「六族連盟」、いついかなるときも種族の垣根を越え、
 ともに協力し、あらゆる危機に立ち向かう・・・・・・!
 その絆を、決して忘れないでほしいでぶっち!」
シルベシオ
「冒険者さん・・・・・・
 「アッシュクラウン商会」でお待ちしているでふっち。
 改めて・・・・・・お礼を言わせてほしいでふっち!」
ウルダハのシルビアと話す
シルビア
「Nikuq、待ってた・・・・・・。
 私です、シルベシオ・・・・・・いえ、今は「シルビア」・・・・・・。
 ・・・・・・仲間とともに「シルフの仮宿」を去り、
 このヒトの社会へとやってきたとき、
 私は高い理想と希望に満ちていた・・・・・・。
 ヒトと獣人はわかり合える。
 様々な問題はあれど、ともに手を取り合い、
 このエオルゼアで平和に共存していける・・・・・・と。
 しかし、仲間がメメリガに拐われ、そして殺されたとき、
 希望はいつしか失望へと変わり、そして絶望となった・・・・・・。
 ・・・・・・どんなにヒトを恨んだか。
 でも、アナタと知り合い、私は再び希望を取り戻した・・・・・・。
 6つの種族が信頼の絆で結ばれ、力を合わせ生きていく・・・・・・。
 その可能性を、冒険者さんは私に示してくれた・・・・・・。
 私は、アナタからもらった、
 その理想と希望の火を消すことなく、受け継いでいく・・・・・・。
 「アッシュクラウン商会」の仲間たちと・・・・・・。
 さようなら、Nikuq。
 そして・・・・・・ありがとうでふっち。
 本当に・・・・・・本当に・・・・・・。」
スカーレット少牙士
「無事に「獣人連続誘拐事件」を解決したらしいな。
 貴官の活躍に、改めて称賛と謝意を贈らせてほしい。
 その偉業、まさに感服の至り!」
ミミオ少闘士
「「獣人連続誘拐事件」における貴方の活躍、感服いたしました!
 「武」とは戈を止むと書く・・・・・・。
 戦わずして平和を成す、これぞ、まさに「武」です!」
トラッハレート少甲士
「おお、冒険者さん! 話は聞いています。
 なんでも「獣人連続誘拐事件」を解決したとか!
 いやぁ、貴方は本当に凄い! おみそれいたしました!」
ヴォイス
「無事、仮宿に「シルフのゆりかご」が帰ってきました!
 それもこれも、すべて冒険者さんのおかげ・・・・・・。
 本当に、感謝の言葉もありませんっ!」
オルムシオ
「テイコクや悪い子シルフたち、それにユーカイハン・・・・・・。
 この仮宿は、一難さってまた一難なのでふっち。
 でも、あたぴらは負けないのでふっち!!」
ハムジ・ガー
「此の世界には、まだ見ぬ強敵が跳梁跋扈しておる。
 だが、我ら至強の道に一点の曇りなし!
 蘭心竹生、天地神明に誓いて、いざゆかん!」
ヤドヴ・ガー
「荒野に吹きすさぶ騒擾も、これにて一件落着。
 されど、我ら一党の戦いは、果てしなく続き申す。
 用意周到、事にあたるべし!」
ルーン・ガー
「おっ、Nikuqじゃねぇか!
 よく来たなぁ、どうした?」
(何を聞く?)
(近況について)
ルーン・ガー
「俺たち「灰の一党」は相変わらずだ。
 「炎牙衆」の残党や、ザンラクのアマルジャ族たちと、
 日夜戦ってるぜ。
 俺も、この間の誘拐事件で、自分の力不足を実感したぜ。
 あのミコッテのゲス野郎に、無様にやられちまったからな。
 まだまだ修行が足りねぇ・・・・・・。
 もっともっと修行して、すげぇ強くなって、
 ハムジ・ガーの親父に認めてもらうんだ!
 んで、もう一度、ウルダハに行って復讐戦だぜっ!
 ・・・・・・ちなみに、もう二度と、
 あんなフリフリのドレスなんか、着ねぇかんな?
 あっ! オメェ・・・・・・今、笑ったろ!
 思い出して笑いやがったなっ!? ・・・・・・この野郎っ!
 いつか、オメェも超えてやるかんな? 覚悟しとけよ!」
(ここはどんなところだ?)
ルーン・ガー
「ここは、オメェもお馴染みの「灰の陣営」。
 俺たち「灰の一党」の根城、
 ハムジ・ガーの親父を長としたアマルジャ族の集落だ。
 軟弱なアマルジャ族どもに愛想をつかせた親父は、
 部族の誇りを受け継ぐ者を集め、この集落を作り上げた。
 俺たちの目的はただ一つ、唯一至強を求めること!
 焔神にすがるような軟弱者なんざ、メじゃねぇぞ!」
ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・Nikuq、よくきたな。
 お前がどこで何をしていても、私はいつも案じているぞ。
 家族とは、そういうものだからな・・・・・・フスィーッ・・・・・・。」
セェウ
「フスィーッ・・・・・・最近、親父に槍の指南を受けてるんだ。
 俺はもっと強くならなくちゃいけねぇ。
 この育成地の次世代を担うのは、俺たちだからな!」
スケートスィス少甲士
「あっ、Nikuqさん! おつかれさまです!
 ほかの蛮族集落にいる、みなさんは元気ですか?
 この採掘地は相変わらず・・・・・・ヒドイ有様ですよ、ふふふ。」
ピックマン789 ギ・グ
「ザナラーンまで出張したかーら ヘトヘトだーよ。
 かるーく 10年分くらーい 仕事したーよ?
 だかーら しばらくおやすーみ 明日から本気出すーよ。」
タタラム
「Nikuqさん、お手柄でしたね!
 スケートスィスさんや、ヴォイスさん、ルーン・ガーさん、
 そしてシルビアさんとも、また会って親交を深めたいですね!」
セズル・トトロック
「姐ちゃんよッォ! オレとオメェーの仲だッァ!
 何かあったら、遠慮なく言えよッォ!?
 ソッコーで若い衆集めてッェ、ブッコんでやっからよッォ!」
  高級なドレス:高級な生地で仕立てられたドレス
  メラメラ燐粉ボム:3種族の技術が融合した秘密兵器。もはや何が何だか解らない