器に込められた魂

器に込められた魂

  • 依頼主 :ジャルザーン(黒衣森:北部森林 X29-Y19)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ハーストミルのジャルザーンは、「古の武器・ノウス」のさらなる高みについて考えているようだ。

ジャルザーン
「おお、我が同志よ! その後の調子はどうかな?
 私は「ゾディアックウェポン」の完全再現に向け、
 日夜、研究を続けておるぞ。
 目下の課題は、魂の定着度の向上なのだが・・・・・・
 おっと、少し説明が必要であろうな。
 お主の「古の武器」には「魂」が込められておる。
 さらに「マテリアの力」を注いだことで、魂に記憶の力が刻まれ、
 満天の星空の如き、輝きを放つに至った。
 だが、古の英雄たちが用いた武器と比べれば、
 未だに後れを取っていると言わざるをえん。
 では、何が足りていないというのか?
 ・・・・・・私は、その難問の答えを探し求め、ついに手がかりを掴んだ!
 それこそが、「魂の定着度」なのだよ。
 つまり、込められた魂が、器である武器に対し、
 まだ馴染みきってはいないということだ。
 どうにか、この魂を定着することができれば、
 お主の「古の武器」は、さらなる力を得るはず・・・・・・。
 問題は、その方法がわからぬということだ。
 「古の武器」の製作者「ゲロルト」に話を聞けば、
 何かヒントが掴めるかもしれんが・・・・・・。
 いや、ダメだ。
 あの粗野な飲んだくれは、
 ちっとも私の話を聞こうとはせんのだからな!
 お主は「ゲロルト」と親交があるのであろう?
 すまぬが、彼奴に相談にのってはくれんものかと、
 聞いてみてはくれないだろうか?」
ゲロルトと話す
ゲロルト
「あぁん!? ヤカンなら、まだ出来てねぇぞ!
 納得いく曲線美が出せなくて、
 ちっとばかし、手間取ってるンだよ・・・・・・。
 って、なんだテメェか・・・・・・。
 用がないんなら、とっとと帰ンな!
 用があっても帰ってくれりゃ、最高に嬉しいンだがな!
 ・・・・・・ンだと!?
 「古の武器」の強化について、相談したいことがあるだと?
 何でオレが、そんな面倒なことをせにゃならンのだ!?」
(ゲロルトをどのように説得する?)
(ロウェナからの借金の件を忘れたのか?)
ゲロルト
「・・・・・・テメェほどの外道を、オレは未だかつて見たことがねぇ。
 いいか、二度とあの女の名は出すんじゃねぇぞ?
 あの女とは、とっくに別れたんだからな!」
(究極のヤカン作りのヒントになるぞ!)
ゲロルト
「・・・・・・確かに「古の武器」作りの過程には、
 職人として学ぶべきところがあったな・・・・・・。
 ヤカン作りに行き詰まった今、聞いてみる価値はあるか。」
(ジャルザーンに自慢できるぞ!)
ゲロルト
「あの訳の解らんクソジジイを、
 おちょくって楽しむのは、ちょっとした息抜きになるかもな。
 いいぜ、話くらいなら聞いてやンよ。」
ゲロルト
「それじゃ、「ジャルザーン」のジジイを呼んでこいや。
 ひとつ、お悩み相談といこうじゃないか。」
ジャルザーンと話す
ジャルザーン
「なんと、あの粗野な飲んだくれが、快諾しおったとは!
 さすがは、我が同志の話術といったところか・・・・・・。
 では、さっそく向かうとしよう!」
ゲロルト
「さてジジイ、何が聞きたいンだ?
 一から順に説明してもらおうじゃねぇか。」
ジャルザーン
「それでは、私と同志が目指している、
 「ゾディアックウェポン」について説明するとしよう。
 ・・・・・・古き伝えによれば、この世界には・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ゲロルト
「・・・・・・なるほど、な。
 オレの作った「古の武器」に込められた「魂」を、
 より強固に定着させたいっつーわけか・・・・・・。」
ジャルザーン
「粗野な飲ん・・・・・・ゴホン。
 ゲロルト殿には、何か妙案がおありかな?」
ゲロルト
「ハッ、妙案も何も、答えは簡単だぜ。
 命なき物質に、無理矢理いろいろブチ込んだせいで、
 魂が安定してないンだよ。
 今の「古の武器」に足りてねぇのは、おそらく使い込みだけだ。
 ・・・・・・だが、ただ使うだけじゃぁダメだぜ?
 そんな不安定な状況で、いくら使い込んでも無駄だからな。
 武器の表面を、エーテルを通さない物質・・・・・・
 つまり「絶霊体」で覆い、魂を安定させるのが先決よ。
 その上で、実戦の場で装備して、ひたすらに使い続ける。
 そうすりゃ、自然と「魂」が「器」に馴染んでくるハズだ。
 ・・・・・・問題は「絶霊体」で覆う方法か。」
ジャルザーン
「それならば、私の出番であろうな。
 特殊な錬金薬を武器の表面に塗布することで、
 「絶霊化」することができるやもしれん。
 ・・・・・・しかし、使い込むとはいっても、
 どのように「魂の定着度」を判断するつもりかね?」
ゲロルト
「聞いた話によれば、シャーレアンの賢人どもは、
 妙な仮面を使って、エーテルの痕跡を見分けるそうだ。
 そこまでの機能はいらンが、
 エーテルに反応する物質を混ぜたガラスでレンズをこさえて、
 拡大鏡でも作ればいい。」
ジャルザーン
「なるほど、細かく砕いたクリスタルを用いれば、
 光の加減で、エーテルを可視化することもできよう!
 さすがは当代随一の武具職人・・・・・・見事な発想だ!」
ゲロルト
「フン、褒める気があるンなら、
 酒の一杯でも持ってきやがれ。」
ジャルザーン
「もちろんだとも、同志よ!
 後ほど、我が錬金術を駆使して、
 最高の蒸留酒を造ってしんぜよう!」
ゲロルト
「ほう、気前がいいジジイだぜ、気に入った!
 あり合わせの材料だが、「魂の定着度」を測るための拡大鏡・・・・・・
 オレがひとつこさえてやンよ。
 よし、ちっとばかり待ってな!
 はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・。
 で、できたぜ、これがエーテルを可視化し、
 「魂の定着度」を測るための拡大鏡・・・・・・
 名付けて「ゾディアックグラス」だ!
 テメェらの目標にちなんだ名前だぜ?
 大切に使いな!」
ジャルザーン
「素晴らしい!
 こちらも、武器を「絶霊体」で覆うための特殊錬金薬を、
 すぐにでも調合しよう。
 我が同志、Nikuqよ。
 すべての準備が整ったら、私に声をかけてほしい。
 武器を「絶霊化」し、魂を安定させてみようではないか。」
ゲロルト
「ククク・・・・・・近東仕込みの蒸留酒・・・・・・楽しみだぜ・・・・・・。
 ン? なんだ、テメェは、もう用は済んだだろ?
 さっさと「ジャルザーン」のジジイのところに戻りやがれ!」
ジャルザーンと再度話す
ジャルザーン
「希望の光が見えてきたな、同志よ。
 ゲロルト殿が作り上げし「ゾディアックグラス」を、
 お主に手渡しておこう。
 大切なものだ、粗末に扱うなよ?
 ・・・・・・もし、紛失してしまった場合は、ゲロルト殿の愛弟子、
 「ドレイク」殿に再度、用立ててもらうといいだろう。
 よし、あとは、我が特製錬金薬を塗布して、
 武器を「絶霊化」すれば準備は完了だ!
 強化したい「古の武器」を選び、私に差し出すがいい!
 魂が定着したあかつきには、この「古の武器」は次の段階・・・・・・
 「ネクサス」へと、その姿を変えるであろう!!」
(話を聞く)
ジャルザーン
「「マテリア」の力をも吸収した「古の武器」・・・・・・。
 以前よりも、さらに美しく洗練されたようだ!
 ゾディアックウェポンの完全再現も、いつの日か必ず・・・・・・!」
(ネクサス完成後)
ジャルザーン
「ゲロルトのおかげで、さらに「古の武器」の輝きが増したな。
 初めは繊細さの欠片もない男だと思っていたが・・・・・・
 奴に会うため、遠国から来たかいもあったというものだ。」

(「古の武器・ノウス」の絶霊化)
ジャルザーン
「さぁ、どの「古の武器」を「絶霊化」すればよいのかな?」
(「古の武器・ノウス」未所持)
ジャルザーン
「おや、その「古の武器」を持っていないようだ。
 用意がなければ、絶霊化はできぬぞ?」
ジャルザーン
「よし、それでは我が特殊錬金薬を・・・・・・
 ・・・・・・万遍なく・・・・・・隙間なく・・・・・・完璧に・・・・・・。
 ・・・・・・うむ、よかろう。
 これで、すべての準備が整った!
 絶霊化した「古の武器」を手に、
 数々の戦い、冒険を乗り越えてくるのだ!
 ・・・・・・魂が定着した果てにある、輝きを得るためにな!」
(「古の武器・ノウス」の強化)
ジャルザーン
「絶霊化した「古の武器」の「魂の定着」を終えたか?
 さぁ、私に見せてみるがよい。」
(「古の武器・ノウス」未所持)
ジャルザーン
「ふむ、「アルテミスボウ・ノウス」が見当たらぬようだ。
 じっくり見せて貰えねば、「古の武器」の強化はできぬぞ?」
(条件未達成)
ジャルザーン
「むう、残念だな。
 「アルテミスボウ・ノウス」の魂は、まだ定着しきっておらぬ。
 まだいくらか、鍛錬を必要としているようだ。」
ジャルザーン
「成し遂げたようだな、同志よ!
 お主の「古の武器」に込められた内なる魂は、
 今や完全に、器たる武器に定着しておる。
 うむ、今こそ魂の輝きを解き放つ時だ!
 武器の魂を押さえ込んでおった、絶霊体の皮膜を、
 我が秘術によって取り除こう・・・・・・さぁ、受け取るがいい!
 見よ、これが鍛え上げられた新星の如き輝き魂の輝き!
 これが、お主の新しい力・・・・・・
 「アルテミスボウ・ネクサス」だ!」
(「古の武器・ノウス」の再調整)
ジャルザーン
「「古の武器」に注入したマテリアの力を調整したいのか?
 よかろう・・・・・・。
 「スフィアスクロール」を用意したら、私に見せるがよいぞ。」
(スフィアスクロール未所持)
ジャルザーン
「おや・・・・・・新たな「スフィアスクロール」が見当たらんぞ?
 さぁ、早く私に見せてくれ。」
(再調整の説明を聞く)
ジャルザーン
「まず、新品の「スフィアスクロール」を持ってくるのだ。
 さすれば、現在の「古の武器」が持つマテリアの力を、
 新しい「スフィアスクロール」に複写してやるぞ。
 そこから、納得がいくまで転写をやりなおし、
 調整を終えたら、私に見せたまえ。
 「スフィアスクロール」の力を注入し直してやろう。」
(「古の武器・ネクサス」の再調整)
ジャルザーン
「「古の武器」の力の源たるマテリアの力を調整したいのか?
 よかろう・・・・・・。
 「スフィアスクロール」を用意したら、私に見せるがよいぞ。」
(「古の武器・ネクサス」未所持)
ジャルザーン
「おや・・・・・・お主の強化したい「古の武器」が見当たらんぞ?
 さぁ、早く私に見せてくれ。」
(再調整の説明を聞く)
ジャルザーン
「まず、新品の「スフィアスクロール」を持ってくるのだ。
 さすれば、現在の「古の武器」が持つマテリアの力を、
 新しい「スフィアスクロール」に複写してやるぞ。
 そこから、納得がいくまで転写をやりなおし、
 調整を終えたら、私に見せたまえ。
 「スフィアスクロール」の力を注入し直してやろう。」
ゲロルト
「ジャルザーンから、特殊錬金薬を分けてもらったぜ。
 妙なジジイのくせに、良い錬金薬を持ってやがる。
 ・・・・・・まてよ? これをヤカンに塗ったら、オレの魂がヤカンに!?」
(「ゾディアックグラス」の再製作)
(所持時)
ドレイク
「おや、「ゾディアックグラス」をお持ちのようですよ?
 もしなくされましたら、私にお申し付けください。」
ドレイク
「えっ!? 「ゾディアックグラス」をなくされたのですか?
 そんなこともあろうと、お師匠様から予備を預かっています。
 まったく、お師匠様ってガサツなんだか気が回るんだか・・・・・・。
 ・・・・・・おっと、今のは聞かなかったことにしてくださいね。
 それでは「ゾディアックグラス」をお渡ししましょう。
 今度はなくさぬよう、お気をつけください。」
  ゾディアックグラス:武具職人ゲロルトが作り上げた特殊なルーペ。絶霊化した「古の武器・ノウス」を装備した状態で使用すると、魂の定着度を確認することができる