採掘地捕物帳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

採掘地捕物帳

  • 依頼主 :ノォヴ(西ラノシア X16-Y22)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ノォヴの育成地のノォヴは、冒険者を自分の家族と見込んで、お願いしたいことがあるようだ。

ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・Nikuq。
 お前は我が家族の一員、娘も同然だ。
 だからこそ、身内として頼みたい。
 息子、ボォウを卑劣な誘拐犯から助け出してもらえないか!
 これ以上の被害を防ぐために、私はここを離れるわけにはいかん。
 このとおりだ・・・・・・頼む・・・・・・フスィーッ。
 実は、誘拐犯と干戈を交えた際、隙をついて舟に槍を突き立てた。
 「サメに食われても、喉元にヒレを立てろ」
 ・・・・・・ただでは決して負けぬ、サハギン族の心意気だ。
 おそらく船底には、小さからぬ穴があいただろう。
 浸水したとなれば、そう遠くまでは航行できまい・・・・・・。
 誘拐犯は補修のため、近くの港に寄ったはずだ。
 フスィーッ・・・・・・。
 西ラノシアにあるヒトの港・・・・・・おそらく「エールポート」。
 そこにいけば、きっと誘拐犯の手掛かりがあるはず!
 フスィーッ・・・・・・頼んだぞ、Nikuq。
 我が頼もしき娘よ!」
ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・「エールポート」で、
 船底に傷跡、ないしは補修した跡のある舟を探せ。
 そうすれば、ボォウを連れ去った男の足取りが掴めるだろう。」
エールポートで誘拐犯の乗った小船を探す
????
「一足・・・・・・遅かったようね・・・・・・。」
シルビア
「「獣人誘拐犯」は、私が追う。
 アナタの出番はないと言ったはずよ・・・・・・。
 あいつは半刻前、ここに舟を乗り捨て、
 エールポートを去っていったわ・・・・・・。
 残念ながら、その後の行先は不明・・・・・・。
 シルフ族に続いて、サハギン族までも・・・・・・。
 ついに・・・・・・回り出してしまったのね・・・・・・。
 連鎖する悲劇の歯車が・・・・・・。
 ゆるせない・・・・・・必ず暴いてみせる・・・・・・。
 エオルゼアの5つの種族を狙った、
 獣人連続誘拐事件の・・・・・・真相を・・・・・・。」
(獣人連続誘拐事件!?)
(いったい、何のために!?)
シルビア
「それは・・・・・・私にもわからない・・・・・・。
 その理由と目的を探るため、私はあの男を追っている・・・・・・。
 「黒死の奏者」と呼ばれる・・・・・・あの男を・・・・・・。」
(あの誘拐犯は、何者だ?)
シルビア
「・・・・・・どうやらアナタも見たようね。
 あの男・・・・・・顔の半分を仮面で隠した、
 黒装束のミコッテ族の剣士を・・・・・・。
 あの男は「黒死の奏者」と呼ばれる凄腕の冒険者・・・・・・。
 獣人を誘拐する・・・・・・その理由と目的を探るため、
 私は奴を追っている・・・・・・。」
シルビア
「あの男について詳しく知りたいなら、
 「溺れた海豚亭」のマスター、バデロンに聞いて。
 ・・・・・・私には・・・・・・もう時間がない・・・・・・。
 次は・・・・・・どの種族が標的に・・・・・・される・・・・・・?」
ノォヴ
「無念っ! 子ひとり守れずに、何が父か!
 ボォウ・・・・・・父は必ず、お前を助けだしてみせるぞ・・・・・・
 この命にかけて! フスィーッ!!」
リムサ・ロミンサのバデロンと話す
バデロン
「よう、いらっしゃい。
 誰かと思えば、Nikuqじゃねぇか!
 ・・・・・・何? 俺に聞きたいことがあるって?
 なっ・・・・・・!?
 お前さん・・・・・・今「黒死の奏者」と言ったか!?
 チッ、忌々しい名だぜ・・・・・・。
 その名を聞くだけで、背筋に冷たいモンが走りやがる・・・・・・。
 「黒死の奏者」・・・・・・本名「ナザ・ア・ジャーブ」・・・・・・。
 恐らく、このエオルゼアで5本の指に入るだろう、
 超一流の冒険者にして、天才的な剣技の持ち主。
 しかし、その性情は冷酷非道にして残虐無比。
 ・・・・・・そのあまりの鬼畜の所業に、
 冒険者ギルドから登録を抹消され、永久追放された・・・・・・。
 破壊工作、大量殺戮、要人暗殺・・・・・・。
 奴は、どんなに汚い仕事でも請け負い、そして完璧に遂行する。
 目ん玉が飛び出るくらい法外な報酬でな。
 ・・・・・・お前さんは腕の立つ冒険者だ、それは認める。
 だが、悪いことは言わねぇ、「黒死の奏者」にだけは関わるなよ。
 奴は奏でるように死を振りまきやがる、危険な存在だ・・・・・・。
 ・・・・・・そうそう、Nikuq。
 実は俺からも、ちょうど、お前さんに用があったんだ。
 ついさっき、この酒場に黒渦団の将校がやってきてな。
 どうやら必死になって、おまえさんを探していたようだ。
 何か、緊急の用件があったのかもしれん。
 将校の名は「トラッハレート少甲士」と言ったか。
 急いでいるようだったから、「黒渦団:軍令部」に寄って、
 話を聞いてやってくれねぇか?」
トラッハレート少甲士と話す
トラッハレート少甲士
「おお、冒険者さん! 探しましたよ!
 実は、折り入って頼みたいことがありまして・・・・・・
 何度も申し訳ありません。
 実は、外地ラノシアから報告がありまして。
 貴方もよくご存じの「スケートスィス少甲士」からです。
 なんでも相談したい案件があるとのこと・・・・・・。
 きっと、コボルド族の間で、また何か問題が起きたのでしょう。
 「第789洞穴団の採掘地」に赴き、彼女の話を聞いてください!」
トラッハレート少甲士
「スケートスィスの奴、またいらぬ事に首をつっこんで、
 問題を大きくしているでしょうか?
 ・・・・・・まったく、頭が痛いですよ。」
第789洞穴団の採掘地のスケートスィス少甲士と再会する
スケートスィス少甲士
「あっ、Nikuqさん、おつかれさまです!
 その後、お変わりないですかー!?
 アタシはこのとおり、今日も元気にコイツらをしばき倒してます!
 憎きゾ・ガの奴は失脚したけど、
 復権のために、あくせく働いてるみたい。
 だから、コイツらを鍛えて対抗させなくちゃ・・・・・・。
 ・・・・・・と、思ってたんだけど、ところがどっこい!
 それよりも、重大な問題が起きちゃったんです!
 ううう、一難去ってまた一難!
 実は、鉱山に棲むコボルド族が、行方不明になったらしいんです。
 うむむむ・・・・・・コボルド族の誘拐事件? 犯人は・・・・・・。」
(そう、ズバリ犯人は・・・・・・)
(ルガディン族?)
スケートスィス少甲士
「よぉし、わかった!
 そうそう、アタシみたいなルガディン族が・・・・・・
 ぐっへっへー、悪いコボルド族はいねーかー・・・・・・って、オイ!」
(獣人連続誘拐犯!)
スケートスィス少甲士
「って・・・・・・え? 獣人連続誘拐犯!?
 ・・・・・・もしかして、Nikuqさんも、
 思い当たる節があるんですか!?
 だったら、Nikuqさん!
 お手数ですが、事件の現地調査をお願いできますか?
 誘拐されたのは「第175洞穴団」のコボルド族で、
 「コボルド軍試堀地」の視察中だったようです。
 それなりに友好的な連中なので、きっと話を聞けるはず!」
スケートスィス少甲士
「むむむ・・・・・・エオルゼア全土を巻き込んだ、
 蛮族の連続誘拐事件かぁ・・・・・・。
 なんだか壮大な展開・・・・・・不謹慎だけどワクワクしちゃうわね!」
ピックマン789 ギ・グ
「ありゃ! 冒険者さーん 久しぶーり!
 ねぇねぇ 聞いてーよ!
 最近 ボクたーち 新しい技術を開発したんだーよ!
 それーは ズバーリ!
 「立ったまま目を開けて寝る」方法!
 これで仕事をしているフリができるーよ? すごいでーしょ?」
コボルド軍試掘地の第175洞穴団のコボルド族と話す
175オーダー・クォーリーマン
「た 助けーて! 助けてーよ!
 アイーツ いきなーり やってきーて!
 ビ・ビーが! 仲間のビ・ビーが 拐われたーよ!」
175オーダー・クォーリーマン
「うううーっ ビ・ビー! ビ・ビー!」
175オーダー・アルケミスト
「イタタタタ・・・・・・イターイ・・・・・・イターイよ・・・・・・!
 ボクーの攻撃も ボムの爆発も まるで歯が立たなーい・・・・・・。
 アイーツ バケモノだーよ!」
175オーダー・アルケミスト
「あんなーに 強いヤーツに会ったのーは 初めてだーよ・・・・・・。
 コワーイ コワーイよ!」
175オーダー・プリースト
「仲間の「アルケミスト175 ビ・ビ」が 連れていかれたーよ!
 アイーツ 南の方に逃げていったーよ! 
 あそーこは 行き止まりなのーに・・・・・・どういうつもりだーよ!?
 ビ・ビを助けるためーに
 さっき ヒトの女の子が 誘拐犯を追っていったーよ!
 いまごーろ 犯人を追いつめてるーよ!」
175オーダー・プリースト
「ヒトの女の子が 誘拐犯を追っていったーよ!
 南の方で きっと犯人を 追いつめてるーよ!」
コボルド軍試掘地の周辺で誘拐犯の足取りを調べる
シルビア
「・・・・・・くっ・・・・・・うううううっ・・・・・・!
 ア・・・・・・アナタは・・・・・・。
 さ、触らないで・・・・・・! 自分で・・・・・・立てる・・・・・・。
 くっ くやしい・・・・・・!
 次の標的はコボルド族だって・・・・・・わかってたのに・・・・・・
 奴の凶行を阻止することが・・・・・・できなかった・・・・・・。
 「黒死の奏者」・・・・・・ナザ・ア・ジャーブ・・・・・・なんて強さなの・・・・・・。
 私ひとりじゃ・・・・・・まるで歯が立たない・・・・・・。
 ああっ、もう・・・・・・駄目・・・・・・。
 チカラが失われてしまう・・・・・・このままじゃ・・・・・・私・・・・・・
 早く・・・・・・戻らなくては・・・・・・。」
スケートスィス少甲士に報告
シルビア
「う・・・・・・ううう・・・・・・。」
ピックマン789 ギ・グ
「ぼ ぼ 冒険者さーん!
 ど どうなってんーの!? 何がおきてるーの!?」
ピックマン789 ギ・グ
「ど どうなってんーの!?
 スケートスィスさーん このヒトーは どちらさーま!?」
スケートスィス少甲士
「知らない! でも採掘地の前に倒れてたの!
 しっかりして! 大丈夫!?
 すぐに傷の手当てをするから・・・・・・!」
シルビア
「へ、平気・・・・・・ど、どうってことない・・・・・・。
 それより・・・・・・拐われたコボルド族の足取りを・・・・・・。
 早く・・・・・・アイツの後を追うの・・・・・・!
 ナザ・ア・ジャーブは、闇社会に生きる冒険者。
 だから一連の獣人連続誘拐事件は、奴が首謀者じゃない・・・・・・
 奴は雇われただけ・・・・・・依頼された仕事をしているに過ぎない・・・・・・。
 事件の裏には、法外な報酬で奴を雇った黒幕がいる・・・・・・
 そいつを突きとめれば・・・・・・
 この事件の・・・・・・真相を知ることができる・・・・・・。」
スケートスィス少甲士
「無理しちゃ駄目だってば!
 しゃべらないでっ!」
シルビア
「残る獣人・・・・・・奴らの標的は・・・・・・
 イクサル族とアマルジャ族・・・・・・。
 お、お願い・・・・・・! 奴らの暴走を・・・・・・止め・・・・・・て・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ピックマン789 ギ・グ
「あ あわわわ・・・・・・死んーだ! 死んじゃったーよ!
 ご愁傷さーま・・・・・・。」
スケートスィス少甲士
「コラっ! 勝手に殺すなっ!
 気を失っただけよ!
 Nikuqさん、ここで待っててください。
 この子をキャンプ・オーバールックに連れて行ってきます。
 さすがにここは、傷の治療をするには不潔すぎるから・・・・・・。」
ピックマン789 ギ・グ
「ふ フケーツ? そーう?
 ボクたーち ちゃんと半年に一度は 水浴びしてるーよ!」
スケートスィス少甲士
「安心してください。
 あの子・・・・・・シルビアさんはもう大丈夫。
 キャンプ・オーバールックで、しかるべき処置をしました。」
ピックマン789 ギ・グ
「それにしてーも・・・・・・ふぐっ うえっ・・・・・・。
 ビ・ビが拐われーた! タイヘーン どうしよーう!
 ボク お金ないーよ! 身代金なんて払えないーよ!」
スケートスィス少甲士
「ビ・ビちゃん・・・・・・。
 なんかあの子、いつもそういう役回りよねぇ・・・・・・。
 ・・・・・・と、呆れている場合じゃないわ!
 Nikuqさん、
 今までの情報を整理して、今後の対策を練りましょう!」
ピックマン789 ギ・グ
「ビ・ビが拐われたーの! タイヘーン どうしよーう!?
 冒険者さーん! とっておきーの 黄金ミミズをあげるかーら
 お願ーい 助けてーよ!」