仮宿に現れた少女

仮宿に現れた少女

  • 依頼主 :ガヴィン少牙士(グリダニア:新市街 X10-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :双蛇党:統合司令部のガヴィン少牙士は、冒険者に任せたい依頼があるようだ。

ガヴィン少牙士
「それでは、さっそく任務の説明させていただこう。
 先程、統合司令部に火急の報が入ってきたのだ。
 報告者は、「シルフの仮宿」に滞在中の「ヴォイス」氏。
 そう、貴公もよくご存知だろう。
 例のヘッポ・・・・・・失敬、高名な博物学者だよ。
 報告の文面を見るかぎり、何やらただならぬ事態の様子・・・・・・。
 もしや、シルフ族に、新たな問題が起きているやもしれん。
 この任務、シルフ族の信頼篤き貴公は、まさに適任!
 ちょうど、貴公を探していたところだったのだ。
 Nikuq殿!
 是非とも「シルフの仮宿」を再訪し、
 ヴォイス氏の話を聞いていただけないだろうか!」
ガヴィン少牙士
「「シルフの仮宿」に再訪し、現地に滞在中の、
 博物学者「ヴォイス」氏に話を聞いていただけないだろうか!
 大事にならねば良いのだが・・・・・・。」
シルフの仮宿のヴォイスと再会する
ヴォイス
「うううう・・・・・・お、落ち着け、落ち着くんだ。
 え~と・・・・・・こ、この事例の対処法は・・・・・・
 名著「勇士ミスタル伝」の記述が参考になるはず・・・・・・。
 はっ! あああっ、君は・・・・・・!
 Nikuqさんじゃないですかっ!
 もしかして、双蛇党から派遣されたのですか!?
 ううう、よかった・・・・・・冒険者さんがいれば百人力です!
 どうか、非力なボクに力を貸してくださいっ!
 実は「ゆりかご」が・・・・・・「ゆりかご」が・・・・・・ああっ!
 ボクがまたまた目を離した隙に、仮宿の「ゆりかご」が・・・・・・
 くうう・・・・・・ボクの馬鹿! 馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿っ!」
????
「落ち着くでぶっち、ヘッポコどの。
 別にお前さんを責めたりはしていないでぶっち。」
フリクシオ
「冒険者どの、お前さんには、いつもいつもお世話になるでぶっち。
 まったく・・・・・・この仮宿は問題続きでぶっち。
 一難去ってまた一難なのでぶっち。
 実は、この仮宿で大事に育てていた「シルフのゆりかご」が、
 なくなってしまったのでぶっち・・・・・・。
 しかも、ゴッソリと全員・・・・・・ぶっちっち・・・・・・。」
ヴォイス
「「シルフのゆりかご」は、生まれる前のシルフ族の繭。
 それが盗まれたということは、これは単なる盗難じゃありません!
 これはもう、シルフ族の「誘拐」ですよ!」
フリクシオ
「幸い「御子ちゃま」は無事だったものの、
 仮宿の行く末に関わる大事件でぶっち・・・・・・。
 なにせ、未来を担う子たちが、失われてしまったのでぶっち!」
ヴォイス
「ゆりかごを奪った相手は、
 きっと、シルフ領の悪い子シルフたちに違いありません!
 あいつらめ・・・・・・まったく懲りない連中です!
 冒険者さん、お願いします!
 「シルフ領」に赴き、彼らの動向を探ってください!
 そして、大事な「シルフのゆりかご」を取り戻してくださいっ!」
ヴォイス
「きっと犯人は、また悪い子シルフに違いありませんっ!
 どうか「シルフ領」に赴き、彼らの動向を探ってください!
 そして、大事な「シルフのゆりかご」を取り戻してくださいっ!」
フリクシオ
「冒険者どの、お前さんにはいつも苦労をかけるのでぶっち。
 でも、お前さんだからこそ、どんな問題が起きようと、
 きっとなんとかしてくれる・・・・・・そう思えるのでぶっち。」
シルフ領入口の指定地点で見渡す
????
「そんなことしても・・・・・・無駄・・・・・・。」
謎の少女
「残念だけど・・・・・・ここに「シルフのゆりかご」はない・・・・・・。
 だって、仮宿からゆりかごを盗んだのは、
 悪い子シルフたちではないから・・・・・・。
 これは、そんな単純な事件じゃない・・・・・・。
 ・・・・・・これは・・・・・・序章・・・・・・。
 エオルゼア全土を巻きこんだ・・・・・・大事件の・・・・・・。」
シルビア
「私? ・・・・・・私の名は・・・・・・
 シ、シル・・・・・・シルビア。
 冒険者さん・・・・・・アナタに出番はないわ・・・・・・。
 「シルフのゆりかご」を奪った犯人は・・・・・・私が追う・・・・・・。
 次はラノシア・・・・・・事件は再び繰り返す・・・・・・
 早く行かなくちゃ・・・・・・
 悲劇が・・・・・・繰り返してしまう前に・・・・・・。」
ヴォイスに報告
フリクシオ
「仮宿から「シルフのゆりかご」を拐ったのは、
 悪い子シルフではなかったでぶっち・・・・・・?
 「エオルゼア全土を巻きこんだ大事件」・・・・・・
 その事件に、ワチシらシルフ族も巻き込まれたのでぶっち?
 ぶっちっち・・・・・・これは由々しき事態でぶっち・・・・・・。」
ヴォイス
「おおっ、冒険者さんっ! どうでした!?
 悪い子シルフを懲らしめて、
 「シルフのゆりかご」を取り返しましたかっ!?
 ・・・・・・えっ? 犯人は悪い子シルフじゃない!?
 謎の少女が現れて、そう言ったんですって?
 ど、どういうことでしょう?
 犯人が悪い子シルフではないとすると、
 いったい誰が、何のためにそんな犯行を?
 ううううううう、わからない・・・・・・。
 ボクが今まで読んできた本の中に、
 こんな事例は・・・・・・・・・ありませんっ・・・・・・!」
オルムシオ
「た、大変でふっち!
 仮宿の「シルフのゆりかご」が、なくなったんでふっち!
 今から、長ちゃまと「キンキューカイギ」を開くでふっち!」