新たな蛮族事件(双蛇党)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新たな蛮族事件(双蛇党)

  • 依頼主 :スカーレット少牙士(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :双蛇党:統合司令部のスカーレット少牙士は、蛮族5種族の信頼を勝ち取った冒険者に、折り入って頼みたいことがあるようだ。

スカーレット少牙士
「Nikuq殿。
 貴官の活躍に、まずは称賛と謝意を贈らせてほしい。
 イクサル族のみならず、エオルゼアの主要蛮族である5種族と、
 信頼関係を築いたと聞き及んでいる。
 その偉業、まさに感服の至り。
 これも貴官の類まれな人徳の賜物。
 ・・・・・・そんな貴官に是非、お願いしたいことがある。
 詳しくは、この「双蛇党:統合司令部」の門戸を守衛する、
 「ガヴィン少牙士」から話を聞いてもらえるだろうか。
 貴官に、精霊のご加護のあらんことを!」
スカーレット少牙士
「貴官なら、必ずやこの任務を完遂できると信じている。
 詳しくは「ガヴィン少牙士」から話を聞いてほしい。
 彼なら、すぐそこにいる。」
ガヴィン少牙士と話す
ガヴィン少牙士
「おお、Nikuq殿か!?
 双蛇党は今、貴公の話題で持ちきりなんだ。
 是非今度、蛮族たちとの数々の冒険譚を聞かせてくれ!
 ・・・・・・オホン、失礼した。
 スカーレット少牙士からの任務の件だな?
 その件については、改めて説明させていただこう。」
スカーレット少牙士
「何やら、事件はかなり大きな問題に発展したと聞いたが・・・・・・
 貴官なら必ずやこの任務、完遂できると信じている。
 精霊のご加護のあらんことを!」