特攻大審門

特攻大審門

  • 依頼主 :副長のジェズル・アファタン(黒衣森:北部森林 X24-Y23)
  • 受注条件:クラフター・レベル16~
  • 概要  :エカトル実験場の副長のジェズル・アファタンは、冒険者に不本意な依頼があるようだ。

副長のジェズル・アファタン
「実は高品質の「免震部材HQ」っつー、
 飛空艇の部材を3つ調達しなきゃいけなくなったッァ!
 ぐぬぬぬッゥ・・・・・・あのチビに頼む必要があるとはッァ・・・・・・。
 こいつは「デズル・クワラン号」の心臓部、
 青燐機関部の振動を吸収するための部材ッィ。
 衝撃を受け止める土台となる「免震マウント」だッァ!
(衝撃を緩和させる「ラバー材」だッァ!)
(丈夫な金属素材の「免震フレーム」だッァ!)
 だがよッォ! この「免震部材HQ」を製作するための材料が、
 あちこち探しても見つかりゃしねッェ!
 マジ、ムカつくぜッェ!
 だから、あの「タタラム」っつーチビに頼んだのよッォ!
 アイツはヒトの世界では、結構、顔が利くらしいからなッァ!
 材料の調達方法は、あのチビに聞いてくれやッァ!」
副長のジェズル・アファタン
「「免震部材HQ」を3つ持ってこいやッァ!
 材料の調達方法は、「タタラム」っつーチビに聞いてくれやッァ!」
タタラムと話す
タタラム
「ジェズルさんから話は聞いていますか?
 「免震部材HQ」の材料の件ですが、
 方々手をつくして、やっと見つけましたよ!
 その場所は・・・・・・なんと山の都「イシュガルド」!
 かの国は独自に飛空艇の設計も始めてますからね・・・・・・
 なんとか独自のルートで材料調達に成功しました。
 クルザス中央高地、イシュガルドへと通じる「大審門」で、
 「皇都の交易商人」と落ちあう約束になっています。
 「代金の革袋」を預けますので、彼から材料を購入してください。
 そしてその足で、「免震部材HQ」の製作もお願いします。
 「ノルベットー」という人に話をして、
 キャンプ・ドラゴンヘッドの製作施設を利用してください。」
タタラム
「「免震部材HQ」の材料は、かなりの稀少素材。
 いやはや、まさかイシュガルドにまで
 手を伸ばすことになるとは思いませんでしたよ。」
大審門の皇都の交易商人に代金の革袋を渡す
皇都の交易商人
「あんた、飛空社の御曹司さんの使いの者だな?
 ・・・・・・いいから黙ってカネを渡しな。」
(代金の革袋を渡す)
皇都の交易商人
「よし、こいつが約束していた品だ、受け取りな。
 おっと、あまりおおっぴらに言うなよ。
 こいつを売りさばくのに、お上はあまり良い顔をしないからな。
 しかし・・・・・・寒い思いをして来た甲斐があったってもんだ。
 まさか天下のハイウィンド飛空社から、
 直々に商談が舞い込むとはな。
 イシュガルド国内でも飛空艇の建造ラッシュでね、
 もっと積極的に、他国との貿易を推奨すればいいものを・・・・・・。
 ま、ともかく今後も贔屓に頼むぜ!」
キャンプ・ドラゴンヘッドのノルベットーに免震部材の材料を渡す
ノルベットー
「キャンプ・ドラゴンヘッドの製作施設にようこそ!
 さぁさぁ、どうぞこちらへ。
 かじかんだ指を温めて、製作作業、がんばりましょう!」
(免震部材の材料を渡す)
ノルベットー
「お話はうかがっています。
 こんな雪国までやってくるなんて、お疲れさまでした。
 めいっぱい素敵なおみやげを製作してくださいな!
 ・・・・・・はい、準備ができました。
 預かった材料もお返しします。
 どうぞ、ここの設備はご自由にお使いください!」
ノルベットー
「材料が足りなかったり、
 またこの施設を使うときは、ひと声おかけください!」
副長のジェズル・アファタンに免震部材HQを納品
ノルベットー
「製作はお済みのようですから、あとは納品ですね!
 もしも製作した品を紛失するなどして、
 こちらの施設をまた使いたいときは、ひと声おかけください!」
副長のジェズル・アファタン
「おおッォ! よく帰ってきたなッァ!
 どうだッァ? 例のブツは手に入ったかッァ?」
(免震部材HQを渡す)
副長のジェズル・アファタン
「こりゃ上物の「免震部材HQ」だぜッェ!
 あのチビといいアンタといい、なかなかヤルじゃねーかッァ!
 ヒトの技術ってヤツも、バカにゃできねぇらしいなッァ!」
  代金の革袋:材料の代金が入った、ずっしり重い革袋
  免震部材の材料:免震部材を作るための材料一式
  免震部材:デズル・クワラン号の免震機構を作るための部材