モラビー造船廠へ

モラビー造船廠へ

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:レベル11~
  • 概要  :甲冑師ギルドのギルドマスターで、ナルディク&ヴィメリー社の社長でもあるハ・ナンザは、Nikuqを、モラビー造船廠へ派遣したいようだ。

ハ・ナンザ
「お前さん、信頼のおける冒険者のようだし、
 ナルディク&ヴィメリー社の手伝いをしてみないか?
 うちは今、大型船を建造中で人手不足でね。
 手始めに、「モラビー造船廠」へひとっぱしりして、
 この「ナルディク&ヴィメリー社の封書」を
 造船師筆頭の「アートビルム」に手渡してほしい。
 船の部品なんかは、この工房でも制作してるが、
 船の組み立ては、低地ラノシアの南にある
 モラビー造船廠で行ってるのさ。
 あそこは、ナルディク&ヴィメリー社の本社があるし
 エーテライトもある、リムサ・ロミンサ領の中でも
 重要な場所だから、行って損はないよ。
 道に迷いたくないなら、「チョコボポーター」を使うといい。
 ミズンマストの1階にいる係員に声をかけてみな。
 徒歩で行くつもりなら、テンペスト陸門から出て、
 南へ向かうことだね。それじゃ、急いで頼むよ。」
モラビー造船廠のアートビルムにナルディク&ヴィメリー社の封書を届ける
アートビルム
「ハ・ナンザ社長から封書を預かったって?
 ふむ、発注していた部材の納期予定だな。
 どれ、見せてみろ。」
(ナルディク&ヴィメリー社の封書を渡す)
アートビルム
「くそっ、また納期が後ろに倒れちまうか・・・・・・。
 どこもかしこも人手不足とはいえ、まいったぜ。
 おっと、あんたに愚痴っても、仕方ないな。
 届けてくれて、ありがとよ。
 ・・・・・・で、あんたの名は?
 なあNikuq Niuniu・・・・・・
 見てくれよ、これが今、俺たちが建造してる
 霊災後初となる新造船「ヴィクトリー号」さ。
 霊災では、多くの船が沈んじまったが・・・・・・
 こいつから黒渦艦隊の再建が始まるんだ!
 まさに、リムサ・ロミンサの復興の象徴ってわけさ。
 だから、俺たちゃ一刻も早く
 こいつを完成させなきゃなんねえ。
 そのために、腕利きの職人を各地からかき集めてる。
 だが、人手はいくらあっても足りん。
 冒険者のお前にも、頼みたい仕事が山とあるから、
 ぜひとも協力してくれよ、頼んだぞ。」
  ナルディク&ヴィメリー社の封書:ハ・ナンザが筆頭造船師アートビルムに宛てた書類