F.A.T.E.手帳~南ザナラーン~

F.A.T.E.手帳~南ザナラーン~


+Lv26『偵察兵の仕事』(南ザナラーン X17-Y17)*トリガー発生型
Lv26『偵察兵の仕事』(南ザナラーン X17-Y17)*トリガー発生型
アマルジャ軍の動向を監視していた
不滅隊の偵察兵が、報告に向かうようだ
リトルアラミゴまで護衛せよ
不滅隊の偵察兵
「お前、腕に自信は? 仕事を請負う余裕はあるか?
 ならば、リトルアラミゴまで警護を依頼したい。
 あちらの部隊に、アマルジャ族について報告がある。
 戦況に関わる重大な情報だが、
 それを知る際、うかつにもやつらに顔を見られたのだ。
 襲撃に備えようにも、この部隊が集団で動けば
 かえって標的になるだろう。
 そこで、外から来たお前に警護を頼みたい。」
(手を貸しますか?)
(いいえ)
不滅隊の偵察兵
「では、今の話は忘れるように。一切の他言は無用だ。」
(はい)
不滅隊の偵察兵
「では、リトルアラミゴまで頼む」
(護衛中)
不滅隊の偵察兵
「今のところ異常はないな」
「くっ、やはり来たか!」
「一本道か・・・要撃に備えろ」
「間もなくだが、気を抜くな」
(不滅隊の偵察兵
「くらえっ!」
「どうだ!」
「倒れろっ!」
「これくらいっ!」
「こしゃくな!」)
(目標達成後)
不滅隊の偵察兵
「追っ手は来ないな、よし」
「協力に感謝する」

+Lv29『真理を解き明かせ』(南ザナラーン X25-Y12)*トリガー発生型
Lv29『真理を解き明かせ』(南ザナラーン X25-Y12)*トリガー発生型
古代魔法の研究者が協力を求めている
カルン埋没寺院のガーディアンを倒し
「石兵のソウルストーン」を集め、手渡せ
古代魔法の研究者
「声を掛けたってことは、手伝う気があるのかしら?
 ここのガーディアンに埋め込まれている、
 ソウルストーンを集めているの。
 古代魔法の研究に使うんだけど・・・・・・
 あんな堅くて大きいの、私の手には余るんですもの。」
(手を貸しますか?)
(いいえ)
古代魔法の研究者
「あら、思わせぶりな酷い人。
 この細腕が、それ程したたかに見えて?」
(はい)
古代魔法の研究者
「ステキね。働き者は大好きよ。」
古代魔法の研究者
「石兵のソウルストーンが要るの。
 私のために、ガーディアンを砕いてくださる?」
(納品時)
古代魔法の研究者
「石兵のソウルストーンを手に入れたのね。
 もったいぶっては嫌よ?」
(キャンセル)
古代魔法の研究者
「意地悪ね。それ、余計な荷物になるだけよ?」
古代魔法の研究者
「うふ、すごく良いわ・・・・・・なんて冷たい心臓・・・・・・。
 じっくり調べたいから、もっと集めてくださる?」
(目標達成後)
古代魔法の研究者
「ソウルストーンが、こんなにいっぱい・・・・・・。
 うふ、濃密な研究になりそうだわ。」
(目標達成後納品時)
古代魔法の研究者
「まだ石兵のソウルストーンを持っているの?
 いいわ、引き取らせて。」
(キャンセル)
古代魔法の研究者
「あら、遊ばれてしまったかしら?」
古代魔法の研究者
「もう十分なんだけど、つい欲張ってしまうわね。
 貴方、とっても献身的なんだもの。」
古代魔法の研究者
「うふ、じっくり調べてあげる」
  石兵のソウルストーン:ゴーレムの心臓部となる魔法が込められた石

+Lv31『砂漠の子供たち』(南ザナラーン X14-Y32)
Lv31『砂漠の子供たち』(南ザナラーン X14-Y32)
自らを「砂漠の子供」と呼ぶ
ウ族の狩人たちが砂漠で狩りを行う
狩人と協力し、サンドウォームを倒せ
狩りの乙女 ウ・ラマナ
「皆、今日の獲物は、
 サンドウォームだ!」
(狩りの乙女 ウ・ラマナ
「すぐ息の根を止めてやる!」
「狩りつくす!」
「このデカミミズっ!」
「触るなッ!」
ウ族の狩人
「美味そうなやつだね!」
「叩き潰すっ!」
「ほらほらっ!」
「大人しくしな!」
ウ族の癒し手
「げんきになれー」
「かっちこちー」
「えい 」
「とー 」)
(目標達成後)
(狩りの乙女 ウ・ラマナ
「よし、十分だな
 族長もお喜びになられるだろう」

+Lv32『砂漠の神皇帝「ウルハドシ」』(南ザナラーン X14-Y30)
Lv32『砂漠の神皇帝「ウルハドシ」』(南ザナラーン X14-Y30)
ウ族の狩人たちに眷属を殺された
サンドウォームたちが逆襲に出た
サンドウォームたちを倒せ
狩りの乙女 ウ・ラマナ
「・・・・・・?」
「・・・・・・・・・・・・なっ!?」
「うわああああああ!!!」

+Lv32『無道の暗殺者「呪言のマラド・チャー」』(南ザナラーン X26-Y34)
Lv32『無道の暗殺者「呪言のマラド・チャー」』(南ザナラーン X26-Y34)
不滅隊幹部の親族を殺害した容疑で
手配中のアマルジャ族暗殺者を発見した
呪言のマラド・チャーを倒せ
(呪言のマラド・チャー
「退けるべし!」
「おのれ!」)

+Lv45『我ら第二戦闘大隊』(南ザナラーン X21-Y16)
Lv45『我ら第二戦闘大隊』(南ザナラーン X21-Y16)
アマルジャ軍陣屋に強襲を仕掛ける
不滅隊第二戦闘大隊麾下の部隊を支援せよ
挟撃を狙う、アマルジャ族を倒せ
不滅隊闘曹長
「アマルジャ軍陣屋を強襲する!
「全員、警戒を怠るなよ!」
「いくぞぉっ!!」
「う、後ろから敵が!」
「挟撃されただとっ!?」
「作戦が漏れていたのか・・・!」
「よし、このまま陣屋へ向かうぞ!」

+Lv45『友と、家族と』(南ザナラーン X18-Y19)
Lv45『友と、家族と』(南ザナラーン X18-Y19)
リトルアラミゴの流民がイフリートの
テンパードたちに拉致されてしまった
救出するため、テンパードを倒せ
不滅隊の兵卒
「救出するぞ、突撃だ!」
「誘拐犯ども、覚悟なさい!」
「・・・今はとにかく、誘拐犯だ!」
テンパード・グラディエーター
「奴らも捕らえてしまえ!」
テンパード・チャンピオン
「やらせるもんかよォッ!!」
テンパード・オラター
「正義は我らが炎と共にある!」
拐われたアラミゴ人
「おい、身を隠せ、飛び出すな!」
「た、助けてぇっ、助けてよぉっ!」
「ぎぃやぁぁぁっ!?」
「よしよし、バレてないバレてない」
(戦闘中)
拐われたアラミゴ人
「ああもうっ、じれったい!
 あんなの、さっさと片付けちまえっ!」
「いやぁ!
 どうして、どうしてこんなことに!
 誰か助けてよぉ・・・・・・!」
「・・・・・・このまま共倒れして、
 俺が捕まったこと、ウヤムヤにできねーかな・・・・・・?」
「た、助けてくれぇぇぇっ!
 私は、私は死にたくなぃぃぃっ!」
(目標達成後)
不滅隊の兵卒
「大丈夫ですか、皆さん?」
テンパード・オラター
「くっ・・・次の機会には、必ず!」
拐われたアラミゴ人
「やるじゃないか、不滅隊も」
不滅隊の兵卒
「さあ、今のうちに逃げますよ!」
「・・・なぁ、お前、もしかして・・・?」
テンパード・グラディエーター
「お、おのぉぉぉれぇぇぇっ!」
拐われたアラミゴ人
「た、助かったのか・・・!」
「タスケテクレテ、アリガト・・・」
「本当によかった・・・ううっ」
テンパード・チャンピオン
「一旦退くか、もう駄目だ!」

+Lv48『怒濤の怪力「金剛のネゼド・ガー」』(南ザナラーン X14-Y23)*トリガー発生型
Lv48『怒濤の怪力「金剛のネゼド・ガー」』(南ザナラーン X14-Y23)*トリガー発生型
不滅隊の偵察兵
「腕自慢、腕自慢はおらぬか!」
不滅隊の偵察兵
「おい・・・・・・そこな道行く冒険者よ。
 お前、腕っ節に自信はあるか?
 もしもあるならその腕前、披露してみる気はないか?
 実は今、ここザンラク脇本陣に
 「金剛のネゼド・ガー」が来ているのだ。
 奴は過去何度も、我が不滅隊の前に立ちはだかった強敵だ。
 今なら奴と多少の雑魚が周りにいるのみよ。
 誅殺するには千載一遇ともいえる、絶好の機会なのだ。
 どうだ、刺客となる気はあるか?」
(襲撃しますか?)
(いいえ)
不滅隊の偵察兵
「そうか・・・・・・腕前に自信がないなら仕方ない。
 自身を過大評価しないのもまた、強くなるには必要だ。
 強くなれ冒険者よ、その時にこそ、力を借りよう。」
(はい)
不滅隊の偵察兵
「ほう、頼もしいな・・・では任せる!」
不滅隊の偵察兵
「ん? 貴様も己の腕っ節に、自信があるのか?
 ならば、この上の「ザンラク脇本陣」へ乗り込むといい。
 今ここには「金剛のネゼド・ガー」という強敵がおってな、
 先ほど腕の立つ冒険者に、その退治を依頼したところだ。
 なんなら、貴様が倒してしまっても構わんぞ?
 「金剛のネゼド・ガー」を仕留められるのであるならば、
 我らは誰が討ち果たしたかなど、気にせぬからな。」
(目標達成後)
不滅隊の偵察兵
「やったか・・・なんとも凄まじき力よ」
「あの者・・・部下に欲しいくらいだ」

+Lv48『精鋭部隊「ゴアホード」』(南ザナラーン X23-Y21)
Lv48『精鋭部隊「ゴアホード」』(南ザナラーン X23-Y21)
パガルザン平原の根拠地より
アマルジャ軍の精鋭部隊が到着した
アマルジャ族の精鋭を倒せ

+Lv48『今日の運勢』(南ザナラーン X22-Y25)
Lv48『今日の運勢』(南ザナラーン X22-Y25)
軍事行動に際して必ず吉兆占いを行う
アマルジャ軍が、兵を祭場に移動させている
先手を打つべく、アマルジャ族を倒せ
(アマルジャ・シャーマン
「御神よ、我らが祈願を叶え給え・・・♪」
「御神よ、我らが請願を届け給え・・・♪」
「御神よ、我らに慈悲を与え給え・・・♪」
「ウオオーオオーオオ♪」
「グォォッ!!!」)
アマルジャ・シャーマン
「兵貴神速、攻撃を開始するッ!」
(アマルジャ・シャーマン
「強襲蹂躙、敵を殲滅せよ!」)

+Lv49『速射の名手「火打のハプグ・ロー」』(南ザナラーン X32-Y19)
Lv49『速射の名手「火打のハプグ・ロー」』(南ザナラーン X32-Y19)
電光石火の早撃ちで不滅隊を苦しめてきた
アマルジャ族の弓の名手が現れた
火打のハプグ・ローを倒せ
(火打のハプグ・ロー
「電光石火。百の矢を受けよ!」
「不失正鵠。我が弓に死角なし!」
「追奔逐北。逃げられはせぬ・・・!」)