F.A.T.E.手帳~低地ラノシア~

F.A.T.E.~低地ラノシア~


+Lv3『浮かぶ胃袋「クアハック」』(低地ラノシア X26-Y25)
Lv3『浮かぶ胃袋「クアハック」』(低地ラノシア X26-Y25)
海岸に近づいた者に覆い被さり
生きたまま溶かして貪り食う
巨大浮クラゲ、クアハックを倒せ
夢見がちな女
「・・・・・・遅いわね」
緊張した男
「ま、待ち合わせに遅れるっ!」
「ハァッ、ハァッ・・・・・・!」
「今日こそプロポーズするんだ!」
「お、遅くなってごめん!」
夢見がちな女
「おっそーい! 遅刻よ?」
「もう、こんなトコで何の話よ?」
緊張した男
「じ、実は・・・・・・」
夢見がちな女
「はい?」
緊張した男
「ぼ、ぼぼぼ僕とけけけ・・・・・・!」
夢見がちな女
「きゃあっ、風がっ!?」
「な、なによあのでっかいの!?」
緊張した男
「おわ~っ!?」
(夢見がちな女
「アレ、なんとかしてよっ!」
「ああもう、頼りにならない!」)
(目標達成後)
夢見がちな女
「・・・・・・私、帰る」
緊張した男
「ま、待ってよっ!」
夢見がちな女
「意気地なしなんだからっ!」
緊張した男
「そ、そう言われても・・・・・・」
夢見がちな女
「もう、知らないっ!」
緊張した男
「な、なんでこんなことに・・・・・・」

+Lv4『蛙の子は蛙』(低地ラノシア X24-Y22)
Lv4『蛙の子は蛙』(低地ラノシア X24-Y22)
天敵が少ないためか
トードの一種が増殖し始めている
ケーントードを倒せ
イエロージャケット陸戦兵
「このあたりではリバートードが繁殖しやすくてね、
 定期的に駆除しないと、大変なことになっちまうんだよ。
 今はちょうど、その定期駆除の真っ最中ってわけさ。
 慣れているとはいえ、楽な作業じゃなくてね。
 よかったら、あんたも手伝ってくれないか?
 駆除対象は、リバートードの中でもとくに繁殖力の高い
 ケーントードと呼ばれている個体だ。
 通常の個体は、放っておいて構わない。
 それじゃあ頼むぞ、冒険者。
 俺はここで街道を通る人が巻き込まれないよう、
 見張っていることにする。
 ・・・・・・別に、トードが苦手な訳じゃないんだからな?」
(戦闘中)
(イエロージャケット陸戦兵
「くらえっ!」
「どうだ!」
「倒れろっ!」
「うおおー!」
「こしゃくな!」
「まだまだ」
「これくらいっ!」)
(目標達成後)
イエロージャケット陸戦兵
「お~し、皆お疲れ~!」
「作戦は無事成功っと」
「それでは撤収しますか」

+Lv5『危ない野良仕事』(低地ラノシア X30-Y18)*トリガー発生型
Lv5『危ない野良仕事』(低地ラノシア X30-Y18)*トリガー発生型
畑の養分を吸い尽くす
妖花が蔓延り始めている
オーシャン・ローズリングを倒せ
怒りに燃える農夫
「なぁ、あんた、冒険者だろ?
 あんたの力を借りたいんだ。
 このあたりにはオーシャン・ローズリングっていう
 花の魔物が繁茂しててな・・・・・・参っちまうよ。
 完全に根付いてるのか、刈っても刈っても現れちまう。
 かといって、放置もできないんだが・・・・・・
 いい加減、俺たちもいっぱいいっぱいでなぁ。
 よければ、奴らの駆除に手を貸してくれないか?」
(駆除に手を貸しますか?)
(いいえ)
怒りに燃える農夫
「ん・・・・・・そうか、手伝えないか。
 まぁ、無理強いもできないからな。
 また今度、手の空いてる時に手伝ってくれればいいさ。」
(はい)
怒りに燃える農夫
「そうかそうか、手伝ってくれるのか!
 助かるよ・・・・・・と、言ってるそばから姿を見せたな!
 さあ冒険者さん、さっそくやっちゃってくれ!!」
怒りに燃える農夫
「オーシャン・ローズリングめ、どんどん出てきてるな!
 よし、冒険者さん、片っ端からやっつけちまってくれ!
 頼りにしてるからなっ!」
(目標達成後)
怒りに燃える農夫
「いや~すっきりしたな~!」
「助かったよ、ありがとな♪」
「これで畑に専念できる」
「また、よろしく頼むよ!」

+Lv8『小麦粉戦争』(低地ラノシア X35-Y15)*トリガー発生型
Lv8『小麦粉戦争』(低地ラノシア X35-Y15)*トリガー発生型
風車で挽いた小麦粉を狙って
腹を減らしたガラゴが集まってきた
作物を守るため、ガラゴを倒せ
助けを求める風車番
「助けて、冒険者の人!
 私一人じゃどうにもならないのよ!
 風車小屋で挽いた小麦粉を出荷したいんだけど、
 お腹を空かせたガラゴが狙ってくるから運べないの。
 味を覚えちゃったみたいで、運んでると襲ってくるのよ。
 お願い、ガラゴたちをやっつけて!」
(退治を引き受けますか?)
(いいえ)
助けを求める風車番
「ああ、そう・・・・・・じゃあ仕方ないわね。
 残念だけど、他の人を探して頼むことにするわ。」
(はい)
助けを求める風車番
「ありがとう、やっぱり冒険者さんは頼りになるわね。
 じゃあ、よろしくお願いね!」
(助けを求める風車番
「お願い、早くやっつけて!」
「やった、これで出荷できる!」)

+Lv9『シダーウッドの戦い』(低地ラノシア X31-Y15)
Lv9『シダーウッドの戦い』(低地ラノシア X31-Y15)
勢力圏拡大を狙うコボルド族集団が
シダーウッドに現れた
現場に急行し、コボルド族を倒せ
(コボルド族
「こーこは とおさなーい!」
「あーたると いーたいよー!」
「もちもの おいてーけ!」)

+Lv9『精強なる山師「ピックマン426 ブ・ガ」』(低地ラノシア X31-Y13)*連続発生型
Lv9『精強なる山師「ピックマン426 ブ・ガ」』(低地ラノシア X31-Y13)*連続発生型
シダーウッドの戦いに敗れた敵集団が
屈強なコボルド族鉱夫を呼び寄せた
ピックマン426 ブ・ガを倒せ
ピックマン426 ブ・ガ
「オトシマエ つける~!」
(ピックマン426 ブ・ガ
「ぜ~ったいに まけない!」
「若いもんの うらみ はらす!」
「ど~りゃ~!!」)

+Lv10『俺たちゃ海賊』(低地ラノシア X20-Y38)*トリガー発生型
Lv10『俺たちゃ海賊』(低地ラノシア X20-Y38)*トリガー発生型
元海賊の船乗りたちが
些細なことが原因で大喧嘩している
アンスレムとファイブラスの双方を倒せ
蛮声のアンスレム
「はぁ、ララフェル族いいなぁ」
頑迷のファイブラス
「ふぅ、やっぱミコッテ族だな」
蛮声のアンスレム
「んっ!?」
頑迷のファイブラス
「んっ!?」
蛮声のアンスレム
「ミコッテ族好きだと!?」
頑迷のファイブラス
「ララフェル族派だな!?」
蛮声のアンスレム
「ララフェル族こそ最高っ!」
頑迷のファイブラス
「ミコッテ族こそ正義!」
イエロージャケット陸戦兵
「おい、喧嘩はやめないか!」
「おおっ、そこの冒険者!
 いいところに来た、ひとつ頼まれてくれっ!!
 喧嘩だよ、喧嘩の仲裁だ。
 こいつらを大人しくさせたいんだが、さすがは海の男2人。
 どうにも屈強で、オレの手を焼かせやがるのよ。
 いっちょ、手加減なしでガツンとやって、
 バカどもの頭を冷やしてやってくれい!」
(頭を冷やしてあげますか?)
(いいえ)
イエロージャケット陸戦兵
「うっ・・・・・・そ、そうか。
 無理なことを頼もうとして、悪かったな。」
(はい)
イエロージャケット陸戦兵
「おまえら覚悟しろ!!」
蛮声のアンスレム
「ああん、邪魔をするなっ!」
頑迷のファイブラス
「てめぇは引っ込んでろっ!」
(目標達成後)
イエロージャケット陸戦兵
「ほら、仕事に戻れお前ら!」
蛮声のアンスレム
「・・・・・・この、わからずやどもめ!」
頑迷のファイブラス
「ミコッテが最高なのに・・・・・・」

+Lv11『迷惑千万「密航のアクトシュティム」』(低地ラノシア X21-Y38)*トリガー発生型
Lv11『迷惑千万「密航のアクトシュティム」』(低地ラノシア X21-Y38)*トリガー発生型
埠頭にて密航者が発見された
取り押さえようとしている警備兵を助け
密航のアクトシュティムを倒せ
熟練の警備兵
「あーあ、まだ暴れてるよ・・・・・・」
(新米の警備兵
「暴れるなって言ってるだろ!」
「こいつ、大人しくしろっ!」
「いい加減にしろ、この野郎!」
密航のアクトシュティム
「知らねぇって言ってんだろ!」
「証拠でもあんのかよっ!?」
「うるせぇよ、そこをどけ!」)
熟練の警備兵
「おい、そこのあんた!
 冒険者だろう、ちょっと手伝ってくれよ!
 あそこで暴れているあの男!
 あいつは船に潜り込もうとしてた密航者でな。
 なのに捕まえたら、シラを切りやがる。
 それで問い詰めたら、暴れ出しやがったんだ!
 怪我人が出る前にさっさと片付けたいから、
 あんたの力を貸してくれ!」
(手を貸してあげますか?)
(いいえ)
熟練の警備兵
「・・・・・・分かった、残念だが仕方がない。
 無理を言ってすまなかったな。」
(はい)
熟練の警備兵
「いい加減にしろ、バカ野郎が!」
新米の警備兵
「先輩、お願いします!」
密航のアクトシュティム
「なんだぁ、やる気かぁ!?」
(戦闘中)
(熟練の警備兵
「どうだ!」
「このっ!」
「くらえっ!」
「うおおー!」
「倒れろっ!」
「こしゃくな!」
「まだまだ!」
密航のアクトシュティム
「知らねぇって言ってんだろ!」
「証拠でもあんのかよっ!?」
「ナメんじゃねぇぞ、コラァ!」
(目標達成後)
熟練の警備兵
「やっと大人しくなったか・・・・・・」
密航のアクトシュティム
「こ、この野郎っ・・・・・・!」
熟練の警備兵
「さ、ゆっくり話をしようや?」
密航のアクトシュティム
「くそったれがっ!」
「ちきしょう、ちきしょうっ!」
熟練の警備兵
「うるせえ、黙ってろッ!」
(失敗時)
密航のアクトシュティム
「へへ、捕まってたまるかよ!」
熟練の警備兵
「なんてこった・・・・・・!」
密航のアクトシュティム
「あ~ばよ~うっ!」
熟練の警備兵
「逃げられたか・・・・・・!」