流れ者どもの哀歌

流れ者どもの哀歌

  • 依頼主 :匠人のドゥザル・メイェアン(黒衣森:北部森林 X24-Y23)
  • 受注条件:クラフター・レベル15~
  • 概要  :エカトル実験場の匠人のドゥザル・メイェアンは、冒険者に差し迫った依頼があるようだ。

匠人のドゥザル・メイェアン
「・・・・・・問題が発生したッァ。
 材料を渡すから、高品質な「操縦機具部材HQ」を2つ、
 用意してほしいッィ!
 ・・・・・・現在のものでも設計上の問題はないッィ。
 だが実際に動かすと、レバーに引っかかりがあるッゥ!
(だが実際に動かすと、潤滑油の効きが悪いッィ!)
(だが実際に動かすと、レバー操作に違和感が出るッゥ!)
 原因に心あたりがなくて弱っているんだッァ。
 おまえさんなら、問題を解消した部材を作れそうだッァ!
 レヴナンツトールの工房「ダイヤモンドフォージ」で、
 「フィルブリダ」って女に設備を借りろッォ!」
レヴナンツトールのフィルブリダと話す
フィルブリダ
「冒険者さん、いらっしゃい!
 ふふっ・・・・・・使用料がわりにひと働きするのが、ここのルールよ。
 ちょっと厄介なお仕事なんだけど、引き受けてもらえるかな?
 実は、ここの東にある「崩壊したキャンプ」に、
 「ラメジング・ハリアー」が居ついちゃったの。
 クルザスから流れてきた、異端者たちのようね。
 最近では、レヴナンツトールを拠点にする、
 冒険者が襲われる事態も発生していて、問題になっているの。
 そもそも、あのキャンプは、もともと私たちの土地でもあるわ。
 居ついてしまった「ラメジング・ハリアー」3人に、
 キャンプから立ち退くよう、伝えてもらえないかしら?
 相手が交渉に応じないときは・・・・・・実力で排除して。」
崩壊したキャンプで異端者らしき男と話し襲われたら討伐
異端者らしき男
「故郷に帰れだと!?
 我らには、もう帰る場所などないのだ!」
異端者らしき男
「我らの安息を脅かす者には、死をもって報いる!」
異端者らしき男
「・・・・・・なんだと?
 貴様こそ、出ていけ!」
異端者らしき男
「失せろ!
 交渉の余地などない!」
異端者らしき男
「我々の事情も知らずに、勝手なことを!」
レヴナンツトールのフィルブリダに操縦機具部材の材料を渡す
フィルブリダ
「おかえりなさい。
 面倒なお仕事をお願いして、ごめんなさいね・・・・・・。
 とはいえ、治安を乱す要素を見逃せないわ。」
(操縦機具部材の材料を渡す)
フィルブリダ
「ありがとう、製作のための準備はできてるわよ。
 ふふっ・・・・・・あなたに必要な材料は、このくらいかしら?
 あとは存分に、腕をふるってね。」
フィルブリダ
「ふふっ・・・・・・材料が足りなくなっちゃった?
 それとも施設の使用時間を延長したい?
 そんなときには、遠慮なく私に言ってね。」
匠人のドゥザル・メイェアンに操縦機具部材HQを納品
フィルブリダ
「ふふっ・・・・・・仕事は終わったみたいだから、納品に行ったら?
 万が一、製作した品をなくしたりして、
 この施設をまた使いたいときには、遠慮なく私に言ってね。」
匠人のドゥザル・メイェアン
「・・・・・・帰ったかッァ!
 「操縦機具部材HQ」を見せてみろッォ!」
(操縦機具部材HQを渡す)
匠人のドゥザル・メイェアン
「ムムッ、これは・・・・・・そうかッァ!
 どうやら、思ったより不調の原因は単純なようだッァ。
 従来の部材は、品質基準に達していなかったんだッァ。
 このワシが見過ごすほどの、小さな瑕疵だったがッァ・・・・・・
 おまえさんの部材とくらべれば、違いがよくわかるッゥ。
 おかげでまた一歩、建造が進展するぞッォ!」
  操縦機具部材の材料:操縦機具部材を作るための材料一式
  操縦機具部材:デズル・クワラン号の操縦機具を作るための部材