開拓者リウルフの発起

開拓者リウルフの発起

  • 依頼主 :リウルフ(西ラノシア X34-Y32)
  • 受注条件:レベル12~

リウルフ
「実はこのあたりのファットドードーは、
 かつて生前の父が飼っていた家畜なんです。
 それが逃げ出し、野生化して増えてしまいました。
 父が健在だったころの入植地を目指すからには、
 ドードーの飼育にも挑戦しようと思います。
 そのために、あなたの力をお貸しください。
 ドードー営巣地には、いくつもの「ドードーの巣」があります。
 この巣を探り、「ドードーの有精卵」を3個取ってきてください。
 まずは、そこから始めてみようと思います。
 ただし、卵を取るときは、十分お気をつけください。
 親ドードーに気づかれでもしたら、
 襲われてしまうやもしれませんから。」
スウィフトパーチ入植地のリウルフにドードーの有精卵を届ける
リウルフ
「「ドードーの有精卵」が3個もあれば
 繁殖を試してみるには十分です。
 飼育の経験を積むのが、今の目的ですから。」
(ドードーの有精卵を渡す)
リウルフ
「・・・・・・実に見事な卵です。あなたにお任せしてよかった。
 凶暴なドードーを、大人しい家畜にするには、
 どうしても卵から育てる必要があるんです。
 幼鳥のうちに、毒のブレスを作る「毒腺」という器官を
 切除する必要があるものですから。
 ぜんぶ父の受け売りですけどね。
 さあ、やってみせますとも。
 黄金色の小麦畑と、丸々太ったドードーたちがいる
 あの希望に満ちた入植地を再建するためにね!」