雷雨来たりなば


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雷雨来たりなば

  • 依頼主 :スカーレット少牙士(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル1~
  • 概要  :双蛇党:総合司令部のスカーレット少牙士は、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

スカーレット少牙士
「よく来た、冒険者殿。
 貴官に折り入って、依頼したい任務がある。
 実は、統合司令部に、緊急の一報が入ってきたのだ。
 グリダニア市街地の目と鼻の先にある、
 北部森林の「エ・タッタ監視哨」が、
 大規模な敵襲にあったらしい!
 「装甲気球」による急襲だ。
 なんとか攻撃の第一波は凌いだものの、被害は甚大。
 襲撃者は・・・・・・そう、「イクサル族」だ!
 イクサル族のことは、もちろん知っているだろう?
 我らの仇敵であり、この黒衣森を侵す鳥に似た獣人種族。
 蛮神「ガルーダ」を奉ずる不届きな蛮族だ。
 奴らは独自に開発した「装甲気球」を操り、
 上空から我々の領地を侵犯する。
 我らも、各地に監視哨を築き、迎撃に余念はない。
 ・・・・・・しかし、最近は戦力不足で対応が後手に回りがちなのだ。
 すまないが力を貸してほしい!
 直ちに「エ・タッタ監視哨」に赴き、
 イクサル族迎撃の任に就いてもらいたい!
 貴官の加勢があれば、同志も心強く思うことだろう。」
スカーレット少牙士
「北部森林の「エ・タッタ監視哨」に赴き、
 イクサル族の気球によって被害を受けた同志たちに、
 加勢していただきたい!」
エ・タッタ監視哨のグイスリットと話す
グイスリット
「お前は、統合司令部からの増援か? 助かるぞ!
 こちらはイクサル族の襲撃で、かなりの痛手を被ったが、
 先ほど、なんとか攻撃の第一波を撃退したところだ。
 監視哨から射かけた矢で、奴らの気球に風穴を開けてやったよ。
 そうしたら、フラフラと森の中に墜落していった。
 はは、ざまあみろだ!
 これで奴らも、しばらくは攻撃の手を休めるだろう。
 あやうく、都市上空への侵入を許すところだったからな。
 何とかなってよかったよ。
 当面の危機は凌いだが、まだまだ警戒を続ける必要がある。
 お前には「不時着した装甲気球」の様子を探ってもらいたい。
 場所は、北のピースガーデン方面だ・・・・・・頼んだぞ!」
グイスリット
「何でも気球っていうのは、
 空気よりも軽いガスで宙に浮いてるらしいな。
 イクサル族め、鳥頭の癖に小賢しい真似をしてくれる!」
グイスリットに装甲気球の部品を見せる
グイスリット
「おお、帰ったようだな!
 どうだった、何か変わった様子はあったか?」
(装甲気球の部品を渡す)
グイスリット
「ふむ・・・・・・これは、気球の部品か何かだろうか?
 詳しくはわからないが、イクサル族が作った物とみて、
 間違いなかろう。
 「装甲気球」は、イクサル族が独自に開発した飛行兵器だ。
 こいつのお陰で、奴らは空を利用し、黒衣森に侵入する手段を得た。
 近年では、森で不法に伐採した樹木を、
 気球を使って持ち出すなど、被害は増すばかり・・・・・・。
 それゆえ、我々は各地に監視哨を建て、
 全軍が一丸となり、防衛体制を強化していたのだ。
 逆に言えば、監視哨は奴らにとって目障りな存在・・・・・・。
 奴らの目的が監視哨の破壊ならば、
 ますます、我ら衛士がここを離れるわけにはいかん。
 すまないが冒険者よ、もうひと働き頼めるだろうか。
 再度、不時着した装甲気球の元へ赴き、
 周囲に異変がないか見回ってもらいたい。
 イクサル族め、大人しく撤退しているといいのだが・・・・・・。」
不時着した気球の周辺で異変を探す
粗暴なイクサル族
「げっひゃッァー! てめぇ、何してやがるッゥー!!
 装甲気球なら、オレたちが解体中だぜッェー!?
 うおッゥ! コイツ、ヒトだぜッェ!
 オゥオゥ~、何、汚ねぇ手で触ってんだよッォ!?
 そいつはッァ、オレたちが集めた気球の部品だッァ!」
????
「うっせぇぞッォ! 何を喚いてやがるッゥ!
 ヒトにガン垂れられたくれぇで、ガタガタ喚くんじゃねッェ!」
粗暴なイクサル族
「セズルの親方ッァ!
 ・・・・・・ああッァ、よく見りゃコイツ!
 「装甲気球の部品」を持ってやがるッゥ!
 どおりで気球をバラしても見つからねぇわけだぜッェ!」
セズル・トトロック
「落ちつけやッァ! な~にビビってんだよッォ!?
 今からオレが話つけてやっから、そこで見てろッォ!
 姐ちゃん、ヒトの技師かッァ?
 ・・・・・・いやッァ、そうは見えねぇなッァ。
 見た感じ、カタギじゃなさそーだけどよッォ。
 おっと、イキってんじゃねぇぞッォ!
 オレたちゃ、見てのとおりイクサル族だがッァ、
 オメェらの「シマ」を襲った連中と一緒にされちゃ困るぜッェ。
 姐ちゃんが持ってる、その「装甲気球の部品」は、
 オレたちが、やっとの思いで手に入れようとしたブツだッァ。
 だから、悪りぃが譲ってもらえねぇかッァ?
 だが、もちろんタダとは言わねッェ・・・・・・取引といこうぜッェ!
 もし聞く耳持ってんならッァ、奥の柵をあけて中に入んなッァ。
 面白れぇモンを見せてやんぜッェ!」
粗暴なイクサル族
「お、親方ッァ! いいのかッァ?
 こんな、どこの鳥の骨ともわかんねぇ奴をよッォ!?」
セズル・トトロック
「うっせッェ! 口応えすんじゃねッェ!
 ウダウダ言ってっと、羽根むしって逆さ吊りにすっぞッォ!
 ・・・・・・ヘッ、姐ちゃんよッォ。
 なかなかいい「目」をしてるじゃねぇかッァ・・・・・・。
 待ってるぜッェ!」
粗暴なイクサル族
「てめッェ! いいかッァ・・・・・・!?
 ツルんでるヒトどもに、オレたちのことチンコロかましたら、
 ボコボコにクラすかんなッァ! コラッァ!」
セズル・トトロックに装甲気球の部品を渡す
財務のロゾル・カットラン
「私は手先が不器用なモンで、
 ゼニ勘定やら部材の在庫管理を担当してましてなッァ。
 職人サンには、ひたすらお願いする立場ですわッァ!」
学究のタゼル・メイェアン
「うるせえッ、気安く話かけてんじゃねェぞッォ!
 もう少しで画期的なアイディアが浮かぶトコなんだッァ!
 ここの配置を・・・・・・こう組み替えれば・・・・・・ギェハハーッァ!」
職工のヤゼル・アファタン
「セズルの親方は、故郷の渓谷で行き倒れてたワシを、
 拾って育ててくれたお方なんじゃッァ!
 親方は、ワシの命の恩人なんじゃッァー。」
姐御のメトゥリ・カットラン
「どの男も「ガルーダ様、ガルーダ様!」ってよッォ・・・・・・。
 ケッ、あんな気まぐれな神サマの何がいいんだかッァ!
 その点、ココの連中は独立心旺盛で、ウマが合うんだよッォ。」
匠人のドゥザル・メイェアン
「おまえさん、ヒトの職人かッァ!?
 ワシの検品を通れなければ、とても一人前とは言えんぞッォ!」
副長のジェズル・アファタン
「オラオラッ、きりきり働けッェ!
 伐採所の連中がチョーシこいてるみてえだがッァ、
 あんな連中、空の上から見下ろしてバカにしてやれッェ!」
空力団の調達係
「ああーんッン!?
 「ハネナシ」が、俺らのシマ荒らしてんじゃねぇぞゴルッァ!
 廃材とまとめて、焼却炉に放り込むぞッォ!」
空力団の倉庫番
「まったくよッォ!
 いくら蓄えても、あっと言う間にそこをついちまうッゥ!
 台所を預かる身としてはッァ、頭が痛てぇぜッェ!」
イクサル族の修理屋
「何だッァー? オレ様に修理を頼みたいだとッォー?
 いきなり押しかけてきて、なんだその言い様はよッォー?
 部外者はお断りだぜッェ! さっさと消えなッァ!」
イクサル族のよろず屋
「なにッィ? オレの大切な物品を譲ってほしいだとッォ!?
 そいつッァー、テメェが俺たちの「夢」に、
 どれだけ貢献してるか次第だなッァー?」
セズル・トトロック
「・・・・・・おぅおぅおーッゥ! 待ってたぜッェ、姐ちゃんよッォ!
 こんな所にアジトがあるなんて、ド肝抜かれただろッォ?
 さぁ、改めて取引といこうぜッェ・・・・・・。」
(装甲気球の部品を渡す)
セズル・トトロック
「そうそう、コレだッァ、コレッェ!
 コイツが欲しかったんだよッォ!
 よぉーしッ、なかなか上物じゃねぇかッァ! マブいゼッェ!
 気球の風速計に使う「風読石」!
 ゼルファトルの隠れ谷でしか、採れねぇシロモンよッォ!
 流石のオレも材料がなきゃ、モノは作れねぇからなッァ!
 ・・・・・・あッン? オメェは何者だって顔してんなッァ?
 アホかッァ! 見りゃわかんだろッォ?
 オレたちゃもちろん、イクサル族よッォ!
 だがなッァ!
 伐採所やナタランなんかで、ヒトどもとドンパチやってるような、
 軟弱な雛鳥ドモと一緒にすんじゃねぇぞッォ!?
 オレたちッァ、その名も「エカトル空力団」!
 ・・・・・・そして、ここはオレたちのッォ「実験場」ッォ!
 人呼んでッェ・・・・・・「エカトル実験場」だッァ!!
 オレたちの目的はひとつだけッェ!
 それは、「疾風(かぜ)になる」ことッォォォォ!
 空を飛ぶために、命賭けてんだよッォ!
 ヒトや蛮神なんざッァ、ガンチューにねえッェ!
 バリバリ上等ッォ! ヨロシクッゥ!!」
セズル・トトロック
「オレたち「エカトル空力団」はッァ、
 見果てぬ「夢」ぇ追いかけるッゥ、バカ共の集団よッォ!
 見てなァ、どでけぇ花火、打ち上げてみせるぜッェ!」
立番のラゼル・フィザン
「なんだッァ、オメェはよッォ!?
 ヒトがオレたちのシマにッィ、何の用だッァ? コラッァ!」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
立番のラゼル・フィザン
「オレは、この「エカトル実験場」の警護をしてるッゥ、
 立番のラゼル・フィザンってモンだッァ!
 喧嘩上等ッォ! ナメんじゃねェーぞッォ、コラッァ!
 オレたちは、泣く子も黙るイクサル族の技術者集団ッン!
 その名も「エカトル空力団」だッァ!
 団長であるセズル・トトロックの親方の「夢」ッェ・・・・・・
 そう、「空を飛ぶ」っつー夢を叶えるためッェ、
 オレたちは、ここに集まったのさッァ!
 いいかッァ? 笑うんじゃねぇぞッォ!? コラッァ!
 オレたちは、そんな馬鹿な夢に、命懸けてんだッァ!
 ハンパな覚悟してっとッォ、クラすぞ、コラッァ!」
(ここはどんなところだ?)
立番のラゼル・フィザン
「ここは、オレたち「エカトル空力団」の秘密飛空艇船渠、
 その名も「エカトル実験場」だッァ! コラッァ!
 飛空艇船渠っつーのはッァ、その名のとおり、
 飛空艇を造るドックのことだッァ!
 ここでオレたちはッァ、「空を飛ぶ」っつー夢を叶えるため、
 最新鋭、最先端技術の飛空艇を建造中なんだッァ!
 どうだッァ、すげーだろッォ!!
 いいかッァ、テメッェ!?
 この「エカトル実験場」は、極秘施設ッゥ!
 ほかのイクサル族にも秘密だぜッェ!?
 それにッィ、飛空艇を造るためにはッァ、
 ヒトどもの技術を拝借する必要があるッゥ!
 だからオレたちは、ここでひっそりとッォ、
 ヒトどもの動向も探ってるってワケよッォ!
 つまりッィ、ここは誰にもバレちゃいけねぇ秘密基地ッィ!
 いいか、てめッェ! コラッァ!
 この実験場で見たことを、チクったりすんじゃねぇぞッォ!
 裏切ったら、毛ェむしって逆さ吊りにすッかんなッァ!
 コラッァ!」
  装甲気球の部品:不時着した装甲気球から手に入れた壊れた部品