紅蓮祭とギルド海獣隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅蓮祭とギルド海獣隊

  • 依頼主 :紅蓮祭実行委員エシリア(低地ラノシア X28-Y15)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :「ギルド海獣隊、出陣!」に参加するには、ブラインドアイアン坑道の紅蓮祭実行委員エシリアに声をかければいいようだ。

紅蓮祭実行委員エシリア
「では、エルブストでの消火訓練を始めるわ!
 「消火対象」の火柱めがけて、
 ためらわず「放水」してちょうだい!
 「エルブスト」に乗るには、
 まっすぐ東にいる「紅蓮祭海獣隊員」に声をかければいいわ!
 いってらっしゃい!」
(見物者たち
「応援してるぞ!」
「がんばれ~ッ!」
「華麗な技を見せて!」
「私も冒険者になるんだ!」
「がんばってね!」
「凛々しいな・・・」)
紅蓮祭海獣隊員と話し、エルブストに騎乗
紅蓮祭海獣隊員
「よし、「エルブスト」に乗せてやる。
 間違って降りた場合は、またオレに声をかけてくれ。
 3ヶ所で放水したら「紅蓮祭実行委員エシリア」に報告しろ!」
紅蓮祭海獣隊員
「間違って降りた場合は、またオレに声をかけてくれ。
 「エルブスト」に乗せてやろう。」
エルブストに騎乗して消化対象に放水を使う
可愛らしいお客さん
「きゃー、つめたーい!
 消火もばっちりだね!」
元気のいいお客さん
「えへへ!
 びっしょびしょだー!」
色っぽいお客さん
「すっごい放水!
 激しいのね、もぉ!」
凛としたお客さん
「わっ、冷たッ!
 たいした威力だなッ!」
のんびりしたお客さん
「えっ!? えっ?
 マジで水かけられるのお!?」
精悍なお客さん
「いやーん、何するのぉ!?
 プンプン! ふざけすぎはだめだぞぉ!」
紅蓮祭実行委員エシリアに報告
紅蓮祭実行委員エシリア
「聞いたわよ!
 それはもう見事なブチまけっぷりだったそうね!
 エルブストでさっそうと乗りつけ、
 燃えさかる炎を迅速に鎮める冒険者の勇姿・・・・・・
 お客さんの心に、深く刻み込まれたと思うわ!
 謙遜しなくていいわよ!
 集まった子どもたちも、みんな目を輝かせてるでしょ?
 「冒険者の仕事って楽しそう!」って思ってもらえたはずよ。
 ・・・・・・もともとね、紅蓮祭で、
 冒険者の仕事を子どもたちに見せたいって言い出したのは、
 委員長のヘールマガなんだけど・・・・・・
 あの人、面倒見がいいから、子どもになつかれるのよ。
 今回もきっと、身近な子どもたちの意見を聞いて、
 こんな催しを思いついたんじゃないかと思うわ。
 そうそう、報酬を渡さなきゃね。
 参加はいつでも歓迎よ。
 またブチまけたくなったら、私に声をかけて!」
(2回目以降)
紅蓮祭実行委員エシリア
「また任務達成ね! はい、これが報酬。
 また乗りたくなったら、私に声をかけてね。」