紅蓮祭とギルド爆炎隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅蓮祭とギルド爆炎隊

  • 依頼主 :紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴ(中央ラノシア X22-Y22)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :「ギルド爆炎隊、散華!」に参加するには、ゼファー陸門の北東にいる紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴに声をかければいいようだ。

紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴ
「準備はいいわね!?
 「ボンバード・ブランク」を華麗に攻撃して、
 「打上筒」に向かって吹っ飛ばすの!
 会場は「北と東の2ヶ所」にあるから、好きなほうに行くといいわ。
 ボムで花火に着火して、華麗に爆破処理してきて!
 打ち上げたら、アタシに報告に来てね!」
(見物者たち
「がんばってー!」
「がんばってね♪」
「ドカンと頼むよ!」
「冒険者さんだー!」
「きたきたー!」
「やっちゃえー!」)
紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴに報告
紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴ
「さすが、お手のものね!
 日ごろの鍛錬のたまものかな?
 ボムで花火に着火するなんて何考えてんのよ・・・・・・
 なんて最初は思ったけど、
 お客さんが喜んでくれると、こっちも楽しいよね。
 アタシ、前にもギルドの祭りを手伝ったことがあるの。
 その縁で今回の委員をやることになったわけ。
 委員長のヘールマガが、今回もやろうってうるさくてね・・・・・・。
 アイツが熱心に委員を口説いてまわらなかったら、
 このお祭りは実現しなかったと思うわ。
 だって真顔で、世界は冒険に満ちているって、
 子どもたちに教えてやりたいんだ、なんて言われたら・・・・・・
 ちょっと断れないじゃない?
 ・・・・・・おっと、協力してくれたお礼を渡さなくちゃ。
 もし気が向いたら、また手伝いにきてね!」
(2回目以降)
紅蓮祭実行委員ジャ・ナンゴ
「首尾上々だったね!
 また手伝う気になったら、アタシのとこに来てね!」