紅蓮祭を盛り上げろ(納涼編)

紅蓮祭を盛り上げろ(納涼編)

  • 依頼主 :紅蓮祭実行委員長ヘールマガ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y13)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :紅蓮祭実行委員長ヘールマガは、冒険者に催しものへの協力を求めているようだ。

紅蓮祭実行委員長ヘールマガ
「おっ、来たな!
 これから紹介する催しは「ギルド海獣隊、出陣!」だ。
 魔物を倒し、悪漢を懲らしめるだけが冒険者の仕事じゃない。
 たとえば魔物の襲撃で火災が発生したら、
 人々の命と財産を守るため、冒険者の出番となる。
 そこで、魔物を使った消火訓練をお披露目しようってわけだ!
 会場は、低地ラノシアにある、
 「ブラインドアイアン坑道」の入口あたりだ。
 現地にいる「紅蓮祭実行委員エシリア」に声をかけてくれ。
 詳しい話はそこで聞くといい。」
紅蓮祭実行委員長ヘールマガ
「「ギルド海獣隊、出陣!」って催しを手伝ってくれ。
 会場は、低地ラノシアの「ブラインドアイアン坑道」入口だ。
 参加するには「紅蓮祭実行委員エシリア」に声をかければいい。
 3つの催しすべてに協力してくれた冒険者には、
 委員長のオレから特別報酬を出すぞ!」
ブラインドアイアン坑道の紅蓮祭実行委員エシリアと話す
紅蓮祭実行委員エシリア
「ふふふ・・・・・・来たわね!
 あなたには、このお祭りのために臨時編成された、
 消火部隊「海獣隊」の一員になってもらうわ!
 今回使役するのは「エルブスト」。
 本来は、蛮族のサハギン族が使役する海獣なんだけど、
 冒険者ギルドでは今、これを飼い慣らしてるトコなのよ。
 あなたには、そのエルブストに騎乗して、
 野外での火災を想定した消火訓練を行ってもらうわ。
 こいつは脇っぱらを刺激すると、冷たい水をドバーッって吐くの!
 この辺りに、火災現場に見立てた「火柱」が置かれてるから、
 エルブストの「放水」を当ててちょうだい!
 近くのお客さんを巻き込んでもかまわないわよ!
 そうすれば、お客さんに身をもって、
 放水の威力・・・・・・消火能力を実感してもらえるでしょ?
 事前に了解は取ってるから、思うさまブチまけてきて!
 じゃ、始めたくなったら私に声をかけてちょうだい。
 集まった子どもたちに、冒険者の勇姿を見せつけてあげて!」
紅蓮祭実行委員エシリア
「ここは「ギルド海獣隊、出陣!」の会場よ。
 「紅蓮祭」の催しもののひとつなの。」