紅蓮祭/海都のお祭り男!

紅蓮祭/海都のお祭り男!



紅蓮祭が帰ってきた!

海都を照らす太陽が熱く輝きはじめてきた今日この頃。うだるような暑さを感じ、大炎獣「ボンバード」の襲来を思い出した読者も少
なくないのではないだろうか。
だが、安心してほしい。エオルゼア各地を騒がせた、あの炎の魔物はもういない。黒渦団やイエロージャケットも再出現を警戒してい
たようだが、今のところ気配すらないという。

それだというのに、冒険者ギルドが疑惑のイベント「紅蓮祭」を再び開催しようと動き出したとの一報が、本誌編集部に飛び込んでき
た。
そもそも「紅蓮祭」とは、大炎獣「ボンバード」に対抗すべく、決死隊の隊員を募るために立ち上げられた祭りであり、その敵が出現
していないというのなら、開く必要もないものだ。ところが冒険者ギルドに所属する熟練冒険者、ヘールマガ氏が中心となり、再び紅
蓮祭を開催するつもりなのだという。その目的は一体何なのか?
本誌記者が「紅蓮祭実行委員会」に問い合わせたところ、以下のような答えが返ってきた。

 「我々、紅蓮祭実行委員会では、冒険者ギルドの働きを都市民の皆様に披露する場として、再び「紅蓮祭」を開催することを決定
 致しました。開催期間中、さまざまな催しを通じて、冒険者の活躍をアピールしていきます。都市民の皆様におかれましては、ぜ
 ひご家族、ご友人、お誘い合わせのうえ、ご来場くださいませ」

話を聞く限りは、たんなる冒険者ギルドの広報活動のようにも思えるのだが、果たして本当なのか……。事の真相を知るためには、祭
りの開催を待つしかなさそうである。

ピーター・ウィンソム