魔導仕掛けの友

魔導仕掛けの友

  • 依頼主 :スラフボーン(モードゥナ X21-Y7)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのスラフボーンは、冒険者を探しているようだ。

スラフボーン
「おお、冒険者か。
 お前を訪ねて、客人が来ているんだ。
 なんでも、シドの知り合いだとか。
 これが、なんとも気の強い女性でなぁ。
 お前に会うまで帰らんと、すごい剣幕なんだ。
 とにかく、この中の工房で待っているから、会ってやってくれ。」
隠された工房のジェシーと話す
スラフボーン
「さっそく会いに行ってくれるか?」
ジェシー
「・・・・・・あなたが、Niuniu?
 はじめまして、私の名前はジェシー。
 「ガーロンド・アイアンワークス」の会長代行よ。
 一介の技師のはずの私が会長代行・・・・・・なぜだかわかる!?
 それもこれも、あなたがシド会長をたぶらかして、
 遊び回らせているせいよっ!
 ハイウィンド飛空社の仕事で食いつないではいるけど、
 シド会長が遊びまわって会社をほったらかしにしてるせいで、
 業績は下がる一方・・・・・・残された社員は苦労しっぱなし・・・・・・。
 我が社の金庫を守るためには、今すぐにでも新製品が必要なの!
 独自の魔導技術を活かした武具の開発も進めてるけど、
 ドッカーンと儲けるには、もっと大物じゃなくちゃね・・・・・・。
 そういえば、ビッグスとウェッジから聞いたんだけど、
 あなたって、帝国軍の魔導アーマーを持っているんでしょ?
 新製品開発の参考にするから、見せてちょうだい。
 ・・・・・・イヤとは言わせないわよ?
 これはシド会長を連れ回している、あなたの義務だからね!
 う~ん! この曲線美・・・・・・帝国製の味よねぇ♪
 青燐機関が紡ぐ駆動音も、耳に心地いいわ・・・・・・
 制御装置は・・・・・・って、あら?
 これ、魔法人形のコアを使っているのね・・・・・・代替品かしら。
 そうか、これなら、エオルゼアでの量産だって・・・・・・。
 ・・・・・・むむっ? 魔導カノン砲の収束器が焼き切れてるじゃない!
 きっとバカな操縦士が、ムチャな臨界稼働をさせたのね。
 もぉ、この子ったら、なんて可哀想かしら・・・・・・。
 やだ! 聞こえちゃったかしら?
 うかつ・・・・・・こんなところを見られるなんて・・・・・・。
 ・・・・・・と、とにかく、あなたはこの子を乱暴に使いすぎよ。
 私が修理してあげるから、責任を持って手伝いなさい。
 そうね、「XLIX式魔導収束器」と「L式魔導発振器」。
 それから「LI式魔導バレル」があれば、なんとなるわ。
 さぁ、今すぐ調達してきなさい!
 ・・・・・・どこでって、あなたバカなの?
 帝国製品なら、近所に「カストルム・セントリ」があるでしょ!
 あそこに潜り込めば、物資の入ったコンテナが転がってるわよ。」
ジェシー
「「XLIX式魔導収束器」と「L式魔導発振器」。
 それから「LI式魔導バレル」があれば、修理できるわ。
 さぁ、今すぐ調達してきなさい!
 ・・・・・・どこでって、あなたバカなの?
 帝国製品なら、近所に「カストルム・セントリ」があるでしょ!
 あそこに潜り込めば、物資の入ったコンテナが転がってるわよ。」
ジェシーに集めた部品を渡す
スラフボーン
「どうした、まだ工房に用があるのか?」
ジェシー
「それで、どうだったの?
 部品は全部集まったんでしょうね?」
(XLIX式魔導収束器とL式魔導発振器、LI式魔導バレルを渡す)
ジェシー
「・・・・・・ほんとに集めてきたんだ。
 私、ズッガーンと根にもつタイプだからさ。
 会長を連れ回してる腹いせに、無理いってみたんだけど・・・・・・。
 シド会長が、あなたを頼りにする理由、解った気がする。
 まぁ、約束は約束だから、修理してあげるわ。
 この子も、このままじゃ可哀想だしね。
 ふぅ・・・・・・こんなところかしら?
 とりあえず、「魔導カノン」と「魔導フォトン砲」を
 撃てるようにしといたわ。
 正式な整備設備がないから、完全にとはいかなかったけど、
 「空打ち」することくらいは、できるんじゃない?
 フフ、久しぶりにメカをいじったら、何だか燃えてきたわ。
 私、導火線に火がついたかもよ!?
 新製品開発、ドッカーンとやっちゃうんだから!」
  XLIX式魔導収束器:帝国歴49年式の魔導収束器
  L式魔導発振器:帝国歴50年式の魔導発振器
  LI式魔導バレル:帝国歴51年式の魔導カノンの砲身