激戦のアウトロー戦区(双蛇党)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

激戦のアウトロー戦区

  • 依頼主 :スカーレット少牙士(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :双蛇党:統合司令部のスカーレット少牙士は、冒険者に依頼したい任務があるようだ。

スカーレット少牙士
「双蛇党の同志である貴官に、
 依頼したい特別な任務がある。
 「カルテノー平原」を知っているか?
 そう、5年前の「第七霊災」の中心地となった、
 エオルゼア同盟軍と帝国軍第VII軍団の決戦の地だ。
 同地は、いずれの都市にも領有されていない状態だった。
 だが、そこで発見された「古代アラグ文明の遺跡」を巡り、
 少々きな臭いことになっているんだ・・・・・・。
 我ら双蛇党の上層部は、件の遺跡を重要視しているらしい。
 各都市に対し、遺跡の調査と保有権を、珍しく強硬に主張した。
 ところが、同盟参加国のリムサ・ロミンサやウルダハもまた、
 同じく保有権を求めだした・・・・・・。
 今や「カルテノー平原」は、権利を巡って一触即発の状態。
 三国の領袖たちは、この対立が同盟の亀裂とならないよう、
 同地で起きたあらゆる問題を外には持ち出さぬという、
 協定を交わした。
 こうして「カルテノー平原」は、
 「アウトロー戦区(法外戦区)」に指定され、
 今も激しい戦いが繰り広げられている。
 ・・・・・・前置きが長くなってしまった。
 貴官に依頼したい特別任務というのはほかでもない、
 この遺跡争奪戦への参加だ。
 現在、立ち入りが制限されている「カルテノー平原」へは、
 飛空艇を用いて向かってもらいたい。
 最前線の戦列に加わる覚悟を決めたら、
 「グリダニア・ランディング」で待機している、
 「黄蛇隊飛空兵」に申し出てくれ!」
グリダニア・ランディングの黄蛇隊飛空兵と話す
黄蛇隊飛空兵
「Niuniu少牙士に敬礼ッ!
 「アウトロー戦区」で行われている遺跡争奪戦について、
 ご説明いたします!
 今回、我々が確保を目指すのは、
 平原南部に位置する「外縁遺跡群」であります!
 統合司令部では、この遺跡群を掌握することで、
 数マルム北方に存在する「中枢遺跡」の防衛機構を
 制御できるのではないかと考えているそうです。
 つまり、中枢遺跡に眠る古代の遺産を手にするためには、
 本作戦の成功が必要不可欠ということです!
 これより、飛空艇にて「カルテノー平原」に進発。
 「アウトロー戦区」に指定されている平原南部に到着後、
 外縁遺跡群にある、複数の要所を確保してください。
 無論、黒渦団や不滅隊も、兵力を投入してくることでしょう。
 ですが、彼の地は法の外に置かれた「アウトロー戦区」・・・・・・
 同盟国相手であっても、容赦は不要です!
 なお、斥候からの情報によれば、遺跡群中央のダラガブ片からは、
 アラグの防衛兵器が転送されてくることがあるとか。
 こちらは、十分に警戒してください!
 さぁ、Niuniu少牙士、
 飛空艇の出港準備は完了しております!
 各種兵装を確認次第、直ちに乗艇願います!」
黄蛇隊飛空兵
「三都市のグランドカンパニーによる、
 アラグの遺跡を巡る争奪戦のフロントライン・・・・・・
 「アウトロー戦区」について、ご質問でしょうか?」
(何を聞く?)
(「アウトロー戦区」とは)
黄蛇隊飛空兵
「「アウトロー戦区」とは、三都市のグランドカンパニーが、
 アラグの遺跡を巡って対立している係争地です。
 一歩足を踏み入れれば、戦いは避けられないでしょう。」
(ルールについて)
(何を聞く?)
(部隊について)
黄蛇隊飛空兵
「「アウトロー戦区」では、
 同じグランドカンパニーに所属する冒険者を集め、
 部隊を編制することになります。」
(勝利条件について)
黄蛇隊飛空兵
「我々の最終目標は、カルテノー平原内に存在する、
 「古代アラグ文明の遺跡」の掌握・・・・・・。
 そのための第一歩として「外縁遺跡群」の確保を目指します。」
(拠点について)
黄蛇隊飛空兵
「不安定な情勢下にある「アウトロー戦区」を制すには、
 点在する拠点を確保することが、重要となるでしょう。」
(報酬について)
黄蛇隊飛空兵
「勝利を手にすることができれば、
 十分な報酬が与えられることでしょう!」
(「外縁遺跡群(殲滅戦)」の解放)
黄蛇隊飛空兵
「Niuniu少牙士に敬礼ッ!
 「アウトロー戦区」の戦況について、伝達事項があります。
 三都市のグランドカンパニーによる、
 アラグの遺跡を巡る争奪戦のフロントライン・・・・・・
 「アウトロー戦区」にて、新たな「作戦」を開始しました。
 外縁遺跡群に点在する拠点にて、敵部隊を殲滅することで、
 確実に拠点を確保することを目指すものです。
 最前線の過酷な作戦に、奮って参加願います!」