悲願なる城塞奪回

悲願なる城塞奪回

  • 依頼主 :フェリシー(モードゥナ X21-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのフェリシーは、誰かを探しているようだ。

フェリシー
「もしかして、Nikuqか?
 おお、よかった!
 実は、君を探している人物がいるんだよ。
 少し前に、ドラゴン族に占拠されたクルザスの対ドラゴン要塞、
 「ストーンヴィジル」に潜入した冒険者ってのは、
 君のことなんだろう?
 要塞を包囲していたイシュガルドの軍勢が、
 ついに奪還作戦を決行したようなんだ。
 ドラゴン族と派手に一戦やらかすつもりらしい。
 作戦の指揮をとっている騎士、ドリユモン卿が、
 君に助力を願うために探し出すよう、方々に声をかけていてね。
 それで私も雇われていたんだよ。
 余所者嫌いで有名なデュランデル家の騎士が、
 わざわざ冒険者に助けを求めるだなんて・・・・・・。
 君はさぞかし腕が立つんだろうね。
 イシュガルド生まれの私からもお願いしたい。
 クルザス中央高地の「ホワイトブリム前哨地」で待つ、
 「ドリユモン」卿の下へ、急ぎ向かってくれ。」
フェリシー
「クルザス中央高地の「ホワイトブリム前哨地」で待つ、
 「ドリユモン」卿の下へ、急ぎ向かってくれ。
 ドラゴン族から「ストーンヴィジル」を奪還してくれよな!」
ホワイトブリム前哨地のドリユモンと話す
ドリユモン
「よくぞ我々の呼びかけに応じ、駆けつけてくれた。
 どうか、今一度、貴公の力を貸してほしい。
 聞き及んでいることだろうが、
 我らは、ついに「ストーンヴィジル奪還作戦」を決行した。
 すでに第一陣は、要塞内への突入に成功している。
 だが、敵も然る者・・・・・・
 異端者を招き入れて防備を固めておってな。
 戦いは、一進一退の膠着状態といったところだ。
 さらに第一陣の突入後、奴らは主門を破壊して籠城。
 陸路からの突入口が塞がれてしまっている。
 このままでは、要塞内の味方が孤立してしまう。
 私は第二陣を率いて、飛空艇による突入を試みるつもりだ。
 貴公にも、ぜひ加勢を願いたい。
 急ぎ、ストーンヴィジル前へ赴き、
 我が部下「ナトゥラン」と合流してもらえるだろうか。
 私も、飛空艇の準備が整い次第、向かうつもりだ。」
エリアサン
「何の用だ?
 こちらは忙しい、用がないなら立ち去るがいい。」
(あなたのことを教えてほしい)
エリアサン
「私はイシュガルドでも特に名門と名高い、
 「デュランデル家」に仕える騎兵だ。
 長年戦いを続けているが、
 ドラゴン族の強さと邪悪さは侮れない。
 この地に平穏をもたらすため、
 一日も早くドラゴン族どもを排除せねば。」
(ここはどんなところだ?)
エリアサン
「ここは対ドラゴン戦の前哨地だ。
 ストーンヴィジル奪還作戦のため、
 デュランデル家に連なる騎兵が集まっている。
 まもなく戦いが始まるだろう。
 ドラゴン族殲滅は我らの悲願だ。
 下手にしゃしゃり出て、騎兵の邪魔をするなよ。」
フォシリアン
「上官にストーンヴィジル攻略作戦を提案したいんだが・・・・・・
 その前にやるべき問題が山積みなんだ。
 まったく、頭が痛くなる。」
ナトゥランと話す
ナトゥラン
「ドリユモン隊長から伺っております!
 突入のための飛空艇は、間もなく到着します。
 それまで、お待ちください。
 あなたが砦に潜入して無事に生還したと聞いたとき、
 我々騎兵は、その偉業にみな心を熱くしたものです。
 あなたが戦列に加われば、全軍の士気も上がりましょう!
 長らくドラゴン族に蹂躙されてきた、この砦・・・・・・。
 今こそ奪還し、再び、我らイシュガルドの手に!
 戦神ハルオーネ様の加護があらんことを!」
ドリユモンに報告
ナトゥラン
「砦の奪還に成功されたのですね・・・・・・。
 本当にありがとうございます・・・・・・。
 さあ、早くドリユモン隊長にもご報告を。」
ドリユモン
「おお、戻ったか!
 貴公のおかげで、悲願を達成することができたぞ!
 ・・・・・・しかし、貴公も見たであろう。
 ストーンヴィジルは、ドラゴン族によって破壊しつくされていた。
 傷ついた砦を、イシュガルド防衛の要へ再生させるには、
 長く過酷な修繕作業が必要だろう。
 ・・・・・・砦の奪還は、戦いの終わりではない。
 そう、ドラゴン族との戦いは、これからが正念場だ。
 我らの剣に改めて誓おう。
 戦場で戦う同志と、恐怖に震える民たちの悲願・・・・・・
 ドラゴン族との戦いに必ずや勝利すると!」
ドリユモン
「よくぞ来てくれた。
 貴公の活躍なくして、砦の奪還は成し得なかっただろう。
 このことは、前哨地の皆が知るところだ。
 それでも、未だ貴公を受け入れぬ者もいるだろう。
 「誇り」というものは、己を強くする鎧でもあるが、
 心を固くする「枷」でもあるのだ・・・・・・。」
エリアサン
「よくぞいらした。
 奪還したストーンヴィジルの再建に追われているため、
 功労者の貴方をろくにもてなせぬことを、お許しください。」
(あなたのことを教えてほしい)
エリアサン
「私はイシュガルドでも特に名門と名高い、
 「デュランデル家」に仕える騎兵です。
 貴方も身にしみておられるでしょうが、
 ドラゴン族の強さと邪悪さは侮れません。
 ストーンヴィジルの奪還には成功しましたが、
 ドラゴン族との戦いが終わった訳ではありません。
 勝利と栄光のため、我々は戦い続けるのみです。」
(ここはどんなところだ?)
エリアサン
「ここは対ドラゴン戦の前哨地です。
 我らが共に奪還したストーンヴィジルを再建すべく、
 デュランデル家に連なる騎兵が集まっています。
 皇都イシュガルドの防備を固めるため、
 そして、真の平穏を勝ち取るため・・・・・・
 我らの戦いは続いています。」
フォシリアン
「上官にストーンヴィジル攻略作戦を提案したかったんだが・・・・・・
 その前に、奪還が成功してしまったよ。
 今は砦の再建に追われて、まったく頭が痛くなる。」
ブリアネ
「この「ホワイトブリム前哨地」は、
 イシュガルド四大名家のひとつ、デュランデル家の管轄。
 現在の主な任務は、ストーンヴィジルの再建作業だ。」
ナトゥラン
「おお、よくぞいらしてくれました。
 あなたのおかげで奪還に成功したこの「ストーンヴィジル」は、
 皇都「イシュガルド」防衛の要・・・・・・。
 再建が完了するまで・・・・・・
 重い扉をガッチリ閉めて、キッチリ封鎖しております。」
フェリシー
「ストーンヴィジルの奪還に成功したそうだね。
 辛く厳しい戦いだっただろうが、
 生きて戻れたようで何よりだよ。 」