忘れられた探検手帳

忘れられた探検手帳

  • 依頼主 :ナオ・ガムドゥラ(グリダニア:新市街 X11-Y13)
  • 受注条件:レベル20~
  • 概要  :カーラインカフェのナオ・ガムドゥラは、困っていることがあるようだ。

ナオ・ガムドゥラ
「これは困ったことになりましたね。
 ・・・・・・何がって、この「古びた手帳」を、
 お客様が忘れていってしまったのですよ。
 なんだか最近、忘れ物が増えているような気がします・・・・・・。
 冒険者さん、お客様を追いかけて、
 この手帳を返却してもらえませんか?
 そのお客様は、麦わら帽子がお似合いの女性でした。
 常連客の「エラル」さんと話しておられたようですので、
 彼に話を聞けば、居所がわかるでしょう。」
エラルと話す
エラル
「麦わら帽子を被った女を探してるって?
 あぁ、それなら「ミリス・アイアンハート」のことだろう。
 彼女は名の知れた探検家でね。
 さっきまで情報交換をしていたんだが・・・・・・
 なるほど、その「古びた手帳」を忘れていったのか。
 これから滝の記録をつけにいくって話してたから、
 旧市街の「アプカル滝」に行ってみるといい。」
エラル
「探検家のミリス・アイアンハートは、
 滝の記録をつけにいくって話してたから、
 旧市街の「アプカル滝」に行ってみるといい。」
アプカル滝のミリス・アイアンハートに古びた手帳を渡す
ミリス・アイアンハート
「ええ、私がミリス・アイアンハートよ。
 私に何かご用かしら?
 えっ・・・・・・忘れ物をしていないかですって?」
(古びた手帳を渡す)
ミリス・アイアンハート
「確かにコレは私のものよ。
 私ったら大切なものを忘れるなんて・・・・・・助かったわ。
 よかったら、あなたの名前を教えて?
 ・・・・・・Nikuq、ありがとう!
 この手帳はね、「探検手帳」といって、
 私が旅した各地の名所を記録したものなのよ。
 ウチの一族は代々、探検家をしていてね。
 名所や秘境を求めて、世界各地を旅して回り、
 その土地の由来や風景を記録し続けているの。
 そうだ・・・・・・冒険者なら世界各地を旅するでしょ?
 だったら、あなたも探検の記録をつけてみない?
 大丈夫、やることは簡単よ。
 各地の名所や秘境を探してくれればいいの。
 そうね・・・・・・試しに一回やってみましょうか。
 私が見つけた景色を見つけてみて。
 ここグリダニアには、不思議な輝きを放つ大岩があるの。
 まずは、この「大岩を聖杯ごしに仰ぐ地」を探して、
 その場で「見わたし」てみて? 終わったら戻ってきてね。」
ミリス・アイアンハートに報告
ミリス・アイアンハート
「ふふ、「大岩を聖杯ごしに仰ぐ地」を見つけられたようね。
 あなたが見た大岩は、豊穣の神ノフィカ様が、
 宙より遣わしたという伝承が残る「おろち石」よ。
 ノフィカ様は、グリダニアの守護神でもあるから、
 地元の人たちの信仰の対象にもなっているようね。
 ・・・・・・こんな風に、名所や秘境には由来があるものなの。
 各地を巡り、その土地を調べて、記録に残す・・・・・・。
 どう、探検の楽しさが少しは解ってきたでしょ?
 さあ、この新しい「探検手帳」を受け取って。
 これからの旅で、名所や秘境を見つけたら、
 これに書き留めていくといいわ。
 この手帳が埋まるころには、
 きっと、素敵な旅の思い出になっているはず。
 ・・・・・・そうそう、その「探検手帳」には、
 私が聞いた名所や秘境の噂を書き記しておいたの。
 まずは、それを頼りに、各地を巡ってみるといいんじゃない?
 それらを全て制覇したら、私に手帳を見せに来てね。
 あなたの探検の成果を楽しみに待っているわ!」
ミリス・アイアンハート
「あら、Nikuq!
 探検の方は、進んでる?
 あなたにあげた「探検手帳」には、
 私が聞いた名所や秘境の噂を書き記してあるわ。
 まずは、それを頼りに、各地を巡ってみるといいんじゃない?
 それらを全て制覇したら、私に手帳を見せに来てね。
 あなたの探検の成果を楽しみに待っているわ!
 ・・・・・・それにしても、あなた。
 従兄のケスターからも、探検の情報を聞いたのね。
 あの人の仕入れる情報には癖があるから、
 私の書き記したものとは、また違った趣があるの。
 ぜひ、挑戦してみてね!」
(探検手帳:蒼天編)
(高地ドラヴァニア X32-Y23)
ケスター・アイアンハート
「あんたが持っているソレは・・・・・・。
 もしかして、ミリスの「探検手帳」じゃないか?
 ・・・・・・そうか、あんたのことはミリスから聞いてるぜ。
 俺は、ケスター・アイアンハート。
 ミリスの従兄で、探検家だ。
 ミリスが探検の手ほどきをしたっていうのなら、
 俺も協力しないわけにはいかないな。
 ・・・・・・どれ、あんたの「探検手帳」を貸してみてくれ。
 ちょちょいっと、こうして・・・・・・。
 よし、これで完成だ!
 あんたの「探検手帳」に、項目を追加しといたぜ。
 ついでに、俺がこの辺りで集めた、
 名所や秘境の情報、噂話の類いまで書いておいた。
 ただ、俺が仕入れた情報の中には、
 とても人の足だけじゃ、到達できそうにねえ場所もある。
 黒チョコボやら何やらを、駆使する必要があるってことだ。
 ・・・・・・っと、これ以上の助言は野暮ってもんか。
 さあ、情報を頼りに、さらなる探検を楽しんでくれ。
 そして、その「探検手帳」に新しい「今」を記録してこい!」
  古びた手帳:多数の風景画がとじられた手帳