食通ロロリトの逆襲

食通ロロリトの逆襲

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル50~
  • 概要  :調理師ギルドのリングサスは、メルウィブ提督からの依頼を冒険者に任せたいようだ。

リングサス
「おう、とんでもない依頼が来やがったぜぇ。
 メルウィブ提督が催す、次の晩餐会の主賓は
 ウルダハの女王「ナナモ・ウル・ナモ」陛下だ!!
 なんでも非公式でリムサ・ロミンサに来るらしいが、
 お前さんの噂を、聞いていたらしくてな。
 女王陛下から直々のご指名らしいぜ。
 特にメニューの指定はねぇ。
 お前さんが腕をふるった「美味しい料理」が食べたいそうだ。
 こいつぁとんでもねぇ名誉だぜ!
 だが・・・・・・しくじれば、評価も海底に沈んじまうぞ。
 ・・・・・・お前のすべてをかけて、調理してこい!
 調理師ギルドも全面的にバックアップするぜ!
 まずは、ウチの「ダイビング・ダヴ」と話してみろ。
 ウルダハ出身だから、知恵を貸してくれるだろう。」
ダイビング・ダヴと話す
ダイビング・ダヴ
「ナナモ様か・・・・・・故郷じゃ、あたいのような下々の者が
 女王陛下のお姿を見かける機会なんて、なかったね。
 力になれそうもないが、これだけは忠告しとくさね。
 あんたが前にやり込めたロロリトを覚えているかい?
 あいつは砂蠍衆・・・・・・女王にすら意見できる立場でね。
 実は今回の訪問も、あいつが仕切ってるって噂なんだ。
 きっと女王の前で、あんたに恥をかかせようって魂胆だろ。
 料理が口に合わなかった・・・・・・なんてことになれば、
 あんたも、この店の面目も丸潰れだろう?
 まずは、女王の好みを十分に調べあげな!
 これはギルドの危機だ・・・・・・「ラティシャ」に聞いてみな。
 すでに手を打っているかもしれないよ。」
ラティシャと話す
ラティシャ
「そろそろ来ると思っていました。
 調理はできませんが、私も調理師ギルドの一員です。
 あなたに協力させてください。
 とはいえ、困った事態になりました。
 ロロリト会長の差し金で、女王陛下の好みが隠されています。
 あなたの料理なら問題ないとの一点張りで・・・・・・。
 早急に、情報を集めなくては。
 都市内で、ウルダハの商人や冒険者から
 話をきいてみてください。
 それから私の古巣、「メルヴァン税関公社」に赴き、
 「ルブ・エポカン」に相談するとよいでしょう。
 食材の流通に詳しいので、ヒントが掴めるかもしれません。」
リムサ・ロミンサを訪れているウルダハの商人に話を聞く
ギギワズ
「あぁ、確かに俺はウルダハの出だ。
 なに、ナナモ陛下の好物を知らないかだと?
 ウルダハの市場で、「女王陛下の御用達」という触れ込みで、
 「ビーフシチューHQ」用の肉が売っていたのを見たことがある。
 本当に「御用達」かどうかは怪しいもんだがな。
 だが、ウルダハ商人たちは目端が利く。
 きっと舞踏会やら何やらで、陛下の好みを聞きつけ、
 商品の売り込みに利用したのだと思うぞ?」
リムサ・ロミンサを訪れているウルダハの兵士に話を聞く
ココラマ
「ナナモ陛下ですか・・・・・・いささかお若い方ですな。
 政事を担うには、いかがなものかとも思います。
 はて、あの方の好物が知りたいですと?
 ううむ、そういえば国元で
 「菓子といえばガレット・デ・ロワHQじゃのう」とおっしゃり、
 あの菓子が売り切れたことがありましたね・・・・・・。」
リムサ・ロミンサを訪れているウルダハの旅行者に話を聞く
ローズ
「ナナモ陛下のお食事の好みについて、ですか?
 それなら経済誌「ミスリルアイ」で読んだことがあります。
 グリダニアを訪問した折、地元猟師の食べていた
 料理に興味を持たれ、わざわざ作らせたんだとか。
 えっと、「猟師風エフトキッシュHQ」でしたでしょうか?」
メルヴァン税関公社のルブ・エポカンと話す
ルブ・エポカン
「ああ、あなたが例の件の調理師ですか。
 ラティシャから聞いてます。
 今週から、突然、エフトの尾肉という食材が、
 リムサ・ロミンサの市場から姿を消しました。
 東アルデナード商会が買い占めているようです。
 同商会の会長は、ロロリト氏・・・・・・。
 彼が買い占めを指示したのであれば、
 何らかの意図が隠されていると見るべきでしょうね。
 たとえば、ここリムサ・ロミンサで、
 「エフトステーキHQ」を作らせないようにしている、とか。
 それが何故かは、あなたの方が詳しいのでは?」
調理師ギルドのラティシャと話す
ラティシャ
「その顔を見ると収穫はあったようですが・・・・・・
 なにか問題でもあったのでしょうか?
 「エフトステーキHQ」に「ビーフシチューHQ」、
 さらに「猟師風エフトキッシュHQ」と
 「ガレット・デ・ロワHQ」・・・・・・意見が割れていましたか。
 では、4皿を全部作ってはどうでしょう?
 女王陛下には、全ての料理に、
 少しずつ手を付けてもらうのです。
 そうと決まれば、さっそく料理の支度にかかってください。
 ここからがNikuqさんの腕の見せ所ですよ。
 完成したら、ブルワークホールにいる、
 黒渦団の「ザントヘール甲軍曹」へ料理を見せてください。
 晩餐会の会場へ案内してもらえます。」
ザントヘール甲軍曹に依頼品を見せる
ザントヘール甲軍曹
「お主が、Nikuqだな?
 晩餐会の料理は完成したのか?
 「エフトステーキHQ」「ビーフシチューHQ」、
 「猟師風エフトキッシュHQ」「ガレット・デ・ロワHQ」・・・・・・
 以上の4皿を用意すると聞いている、急げよ。」
(エフトステーキHQとビーフシチューHQ、猟師風エフトキッシュHQ、カレット・デ・ロワHQを渡す)
ザントヘール甲軍曹
「料理が出来あがったようだな。
 この「アドミラルリフト」で、晩餐会の会場へ運ぼう。」
ナナモ・ウル・ナモ
「むふぅ~、美味よのう!
 わらわにグゥーブーほどの胃袋があれば、
 もっと食べられるものを・・・・・・もうお腹がいっぱいじゃ。」
ロロリト
「ナナモ様、お気に召したようで何よりでございます。
 このロロリトめも恐悦至極。」
ナナモ・ウル・ナモ
「リムサ・ロミンサには腕のいい調理師がいる・・・・・・
 お主の進言、嘘ではなかったようじゃの。
 実に見事、わらわは満足じゃ。
 非公式の訪問とはいえ久方ぶりの他国。
 ラウバーンの元を離れるのは不安じゃったが、
 このような料理を食せたのは僥倖。
 ・・・・・・そちが、こたびの料理を用意したのじゃな?
 そちに十二神の祝福を、今宵は至福のひと時であった。」
ロロリト
「くっ・・・・・・なんということだ。
 まさか、あの調理師めが
 ここまで女王の好みを調べ上げるとは・・・・・・誤算だった。
 女王の前で、恥をかかせてやるはずが・・・・・・
 ええい、いまいましい!
 これでは女王を喜ばせただけではないか!」
ナナモ・ウル・ナモ
「なにか言うたか、ロロリトよ?」
ロロリト
「い、いえ・・・・・・ただの独り言にございます。」
ナナモ・ウル・ナモ
「そうか、ならばよい。
 ・・・・・・さて調理師よ、名を聞いておこう。
 そちに褒美を取らせるゆえ、後ほどギルドで受け取るがよい。
 ・・・・・・なんじゃと?
 わらわがお主を指名して調理を任せたというのか?
 はて、今宵の招待は全てロロリトに任せていたのじゃが。」
リングサスと話す
リングサス
「おうおう、お前さん、やりやがったな!
 女王陛下からのお褒めの言葉だぞ?
 そんなもん、俺だってもらったことがねぇ!
 もっとも、俺も提督から感謝の言葉をもらったぜ。
 いい調理師を育ててくれたってな。
 俺なんて心構えを教えたぐらいなのに。
 調理師として俺以上の名声を手に入れたな。
 俺からお前に教えることは、もう何もねぇ。
 だが、料理への情熱なら負けるつもりはないぜ?
 こいつがありゃ、どんな困難だって、乗り越えちまう。
 そして、どんな料理もうまくする、最高のスパイスだ。
 この情熱の炎で、お前だけの料理を追求して、
 たくさんの人を幸せにしてやってくれ。
 かといって、これから先も増長すんなよ。
 腕を落としたら、いつでも鍛え直してやるからな!」
リングサス
「よう、今日も元気にスキレットを振るってるか?
 ダメだぞ、一日サボれば味が変わる。
 料理ってのはそういうもんだ。」
(何を聞く?)
(近況について)
リングサス
「それなんだがよ!
 お前さんのおかげでな、ウチの評判はウナギ上りよ。
 音に聞こえた食通の、砂蠍衆ロロリトの舌をも唸らせ、
 ウルダハ女王ナナモ陛下も満足させた。
 そりゃあ、お客は気にするだろうさ。
 ビスマルクの料理はどんなに美味いんだろうってな。」
(「調理」とは何か?)
リングサス
「もう骨身に染みてることだろうに・・・・・・また聞きたいのか?
 まぁ、聞かせるのは構わないけどよ。
 調理ってのは、言うまでもなく、料理を作ることさ。
 不味いものを美味く、美味いものをより美味く、
 調理の技で変えてやるんだ。
 調理するときに何より大事なのは、この「舌」だな。
 味が分からねぇバカ舌じゃあ、美味いもんは作れねぇ。
 食材の切り方も、濃厚なスープの味付けも、
 芳しいスパイス調合も・・・・・・知識だけじゃ役に立たん。
 確かな舌で、善し悪しを見抜けなきゃ意味がねぇ。
 この舌の確かさってのは、決して才能なんかじゃねえ。
 努力と経験を積めば、いつか必ず身についてくるもんさ。
 味を知ること、覚えること・・・・・・
 そいつを熱心に取り組み続けた調理師だけが、
 お客様の評判を得ることができるってわけだ。」
イングハム
「なんだか、お前には調理師として、
 思いっきり差をつけられちまったなぁ・・・・・・。
 だけど、俺はくじけないぜ。
 いつかお前の背中に追いつき、追い越してみせる!
 やがてはマスター・リングサスを超えて、
 世界一の大調理師になってやるさっ!」
ダイビング・ダヴ
「味と健康の両立・・・・・・あたいの永遠のテーマさ。
 身体にいい材料には、美味いと言えないものもあるからね。
 あんたほどの調理師が持つ知識と経験は、
 必ずや、あたいが求める健康料理の助けになるはず。
 ・・・・・・だから、いい知恵あったら貸しておくれよ?」
ラティシャ
「Nikuqさん!
 レストラン「ビスマルク」の専属になる気はありませんか?
 いえ、むしろぜひなってください!
 ナナモ様を迎えた晩餐会からこっち、
 あなた目当てのお客様が、ひっきりなしなんです・・・・・・
 お客様のためにも、お願いしますよ!」
ハ・ラホノ
「まあ、よくぞいらしてくれました。
 あなたの活躍のおかげで、当店の人気はさらにウナギ登り!
 さらに予約が取りづらくなったと評判になっています。
 店の恩人であるあなたを手厚くもてなしたいところですが、
 本日は予約のお客様で手一杯で、かないそうにありません。
 もっとも、ご自身で作るお料理の方が美味しいでしょうけれど。」
調理師ギルド受付 チャーリス
「ようっ!
 調子はどうだい、姐御?
 お前さんは、歩く広告塔なんだ。
 調理師としてウチのカンバンに恥じない姿を、
 世間様に見せてやってくれよっ!」