親睦のレシピ

親睦のレシピ

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル45~
  • 概要  :調理師ギルドのリングサスは、冒険者にメルウィブ提督からの仕事を受けてほしいようだ。

リングサス
「おっ、待ってたぞ。
 お前さんが、メルウィブ提督の外交の切り札として
 国賓に料理をふるまうことは、もちろん聞いてるぞ。
 さっそく提督から、依頼が届いてるそうだ。
 詳しい話は、「ラティシャ」から聞くんだな。
 後のことは、お前さんとラティシャに任せた。
 調理の腕を存分にふるって、提督の外交を支援してやれ!」
ラティシャと話す
ラティシャ
「お待ちしてました、Nikuqさん。
 今回は、イシュガルド教皇庁の大使を
 おもてなしする料理をお願いします。
 献立の検討の結果、「ゼーメル家風グラタンHQ」となりました。
 エフトの尾肉やポポトを、器ごと窯で焼き上げ
 体の芯から温まる、極寒のイシュガルドらしい料理です。
 提督は、クルザスの郷土料理を振る舞うことで、
 イシュガルドへの敬意と友好を表すおつもりです。
 このご意向を、あなたの料理でサポートしてください。」
ラティシャにゼーメル家風グラタンHQを納品
ラティシャ
「「ゼーメル家風グラタンHQ」を1皿です。
 イシュガルドの国賓にお出しして、喜ばれる料理をお願いします。」
(ゼーメル家風グラタンHQを渡す)
ラティシャ
「重要な依頼ですので、政庁へ届ける前に
 いったん味見をさせていただきますね。
 大変おいしゅうございました。
 「クリーム」の焦げた香ばしいにおいがたまらず、
 熱いのに、かきこんでしまいたくなるほどです。
 料理とは、その都市の風土と歴史、文化の結晶・・・・・・。
 山岳地で育ったエフトの尾肉はやや筋っぽいですが、
 小口に刻むことで食べやすく工夫されています。
 また、その名が冠する「ゼーメル家」とは、
 彼の国の四大名家のひとつであり、
 築城技術に長けた家柄・・・・・・。
 寒冷地で要塞建築にあたる大工たちのため、
 器ごと焼き上げたのが「グラタン」の始まりとされます。
 まさに風土と歴史が生んだ料理と言えましょう。
 厳格な宗教国家イシュガルドと、わが都市の間に
 ゼーメル家よろしく国交という名の橋を築き、
 熱い関係を保ちたいという提督の願いが伝わります。
 この一品ならば、必ずやイシュガルドと
 リムサ・ロミンサとの懸け橋となれるでしょう。
 ごくろうさまでした。」