滋養のレシピ

滋養のレシピ

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル25~
  • 概要  :調理師ギルドのリングサスが、新しい料理について、冒険者に相談したいようだ。

リングサス
「やあ、お前さんか。
 ちょっとダイビング・ダヴの口癖を考えていてな。
 「健康のために命を懸ける」っていうあれだ。
 食が身体を作る以上、健康的な料理を追求するのは、
 調理師の使命のひとつだからな。
 特に復興、復興で、どこも人手不足な今、
 スタミナがつく健康料理があれば、喜ばれるだろう。
 そこで考えたのが、「大山羊ステーキ」だ。
 ハイランダー族の伝統料理のひとつで、
 食べれば力が湧くことうけあいさ。
 だが、問題なのはアルドゴートの肉が、
 筋っぽいうえ、味にクセがあるってところだ。
 この点をどう克服するかが課題でなぁ。
 なぁお前さん、ちょっと1皿試作してみてくれよ。
 そいつを「ダイビング・ダヴ」に試食させて、
 意見を聞いてみてくれ、頼むぜ。
 健康的な料理についてなら、店の中じゃあいつが一番だからな。
 厳しくも的確な批評をくれるだろうよ。」
ダイビング・ダヴに大山羊ステーキを納品
ダイビング・ダヴ
「あんたが作った「大山羊ステーキ」の感想がほしいって?
 マスター・リングサスの頼みなら、仕方ないね。」
(大山羊ステーキを渡す)
ダイビング・ダヴ
「それじゃあ、さっそく上で試食してみるかね。
 あんたの「大山羊ステーキ」をさ。
 ふむ、これは・・・・・・!
 筋っぽいアルドゴートの肩ロースを、
 よく叩いて、柔らかにレアで焼き上げている!
 さらに肉本来のクセのある雑味を感じない!
 むしろ香ばしく風味が豊かになっているのは、
 ガーリックで下味を付けたからだね。
 それに肉料理にありがちな脂っぽさもなく、
 さっぱり食べられるスタミナ料理を実現している。
 脂身の少ない肉質を活かしているね!
 なるほど・・・・・・あたいとは発想がまるで逆だ。
 健康料理の常識を、ひっくり返された気分さね。
 以前にも言ったように、あたいは、
 料理に関しちゃ、健康のために命を懸けてる。
 身体に悪い食い物は食べないことにしてるさね。
 そんなあたいに、ガツガツと喰わせてのけたんだ。
 あんたの料理は本物だよ。
 ・・・・・・こんな料理、故郷のウルダハじゃなかったよ。
 ただ焼き上げただけの雑な料理ばかりでね。
 あそこには美食家を気取る奴が多いが、
 その実、味がわかるヤツはほとんどいないのさ。
 そういう連中に料理を作るのがイヤになって、
 あたいはウルダハを捨てたんだ。
 この行動は、やっぱり正解だったね。
 あんたのような調理師にも出会えたんだから。
 あんたに負けないように、あたいも精進するよ。」