輝きは新星の如く

輝きは新星の如く

  • 依頼主 :ウベールタン(中央ザナラーン X23-Y13)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :狼煙の丘のウベールタンは、「古の武器・アニムス」の強化を楽しみにしているようだ。

ウベールタン
「さあ、いよいよ実験開始です。
 「スフィアスクロール」に、想いの力が満ちたとき・・・・・・
 あなたの持つ「古の武器」の強化が可能になるはずです!
 私は、あなたの武器に合った魔紋を描きます。
 あなたは、「古の武器」に則した「マテリア」を集め、
 触媒とともに「スフィアスクロール」に転写してください。
 あぁ、「スフィアスクロール」が必要なときは、
 「ハイエンチャントインク」を持ってきてくださいね。
 いつでも、魔紋を描きますから!
 それと、「スフィアスクロール」に転写した
 マテリアの力を除きたい場合も、私に言ってください。
 転写した部分を消すことで、除去することができますからね。
 ・・・・・・さぁ、これまでの話をジャルザーン氏にお伝えください。
 あなたの同志である氏の秘術が加われば、
 きっと、この実験は成功することでしょう!」
(「スフィアスクロール」について)
(なにをする?)
(「スフィアスクロール」の入手)
ウベールタン
「「ハイエンチャントインク」をいただければ、
 マテリアの力を転写する、特別な魔紋を描くことができます。
 さあ、どの「スフィアスクロール」を描きましょうか?」
(条件未達成)
ウベールタン
「おや、「ハイエンチャントインク」を十分にお持ちでない様子。
 残念ですが、あの特別なインクがなければ、特別な魔紋・・・・・・
 「スフィアスクロール」を描くことができないのです。」
(アニムス未所持)
ウベールタン
「むむ、その武器は、どうやらお持ちでない様子。
 ・・・・・・すみませんが、「古の武器」を見せていただけなければ、
 それに合った魔紋を描くことができないのです。」
ウベールタン
「「神弓のスフィアスクロール」ですと、
 「ハイエンチャントインク」が3個必要ですね。
 よろしいですか?
 ええと、ここはこう描いて・・・・・・・・・・・・よし、できましたっ!
 さぁ、この「神弓のスフィアスクロール」に、
 あなたの好きなマテリアの力を転写してください!」
(「スフィアスクロール」からマテリアの力を除去)
ウベールタン
「「スフィアスクロール」に転写した、
 マテリアの力を除去するのですね。
 わかりました、魔紋のどの部分を消しましょうか?」
(スフィアスクロール未所持)
ウベールタン
「おや、その「古の武器」についての「スフィアスクロール」は、
 お持ちでないのでは?」
(条件未達成)
ウベールタン
「むむ、その「スフィアスクロール」は、
 まだマテリアの力を転写していないようですよ?」
(「スフィアスクロール」の強化方法について)
ウベールタン
「「スフィアスクロール」とは、
 「マテリア」に込められた想いの力を光に変換し、
 抽出するための魔紋が刻まれた書です。
 触媒「アレキサンドライト」を用いて、
 マテリアの力を転写していくことで、
 スフィアスクロールに、その力を貯めていくことができます。
 「ハイエンチャントインク」をいただけたら、
 あなたの持つ「古の武器」に合わせた、
 特殊な魔紋を描かせていただきます!」
(強化に必要な触媒「アレキサンドライト」について)
ウベールタン
「「スフィアスクロール」にマテリアを転写するには、
 特別な触媒・・・・・・光を変換する性質があるダークマターの一種、
 「アレキサンドライト」というものが必要です。
 この物質は、光を当てることで、
 虹のような不可思議な光沢を放つため、
 古来より「輝石」と呼ばれ、珍重されてきました。
 すでに鉱脈は、ほぼ枯渇しているようなのですが、
 まれに隠し財宝として、埋蔵されていることがあるとか。
 財宝のありかを示した「謎めいた地図」さえあれば・・・・・・。
 古物や、掘り出し物を扱う商人なら、
 もしかすると持っているかもしれません。
 心当たりのある方がいたら、相談するとよいでしょう。」
(話す)
ウベールタン
「「スフィアスクロール」が、満天の星空の如く輝きに満ちるまで、
 「マテリア」の力を込めるのです。
 そして、その光を「古の武器」に注ぎ込めば、きっと・・・・・・!」
ハーストミルのジャルザーンと話す
ジャルザーン
「同志よ、よくぞ戻ってきた。
 ・・・・・・ふむ、その顔、魂が込められた「古の武器」に、
 「マテリア」の力を注ぎ込む方法が解ったのだな?
 ・・・・・・なるほど、魔紋と輝石「アレキサンドライト」を用いて、
 マテリアの力を光に変換し、蓄積、注入するとはな・・・・・・。
 すばらしい、なかなかに斬新な発想ではないか。
 だが、限界を越えたマテリアの力の注入となると、
 用いるマテリアの種類によっては、
 「古の武器」の性質自体にも影響があるかもしれん。
 ・・・・・・何にせよ、新たな技術だ。
 やってみないことにはわからんな。
 それではさっそく、「スフィアスクロール」とやらに、
 ありったけの「マテリア」の力を転写してくるがいい。
 「古の武器」を、さらなる高みに導こうではないか!
 「古の武器」が、どのように強化されるかを知りたければ、
 お主の武器と「スフィアスクロール」を私に見せるがよい。
 それでは、待っているぞ!」
(話を聞く)
ジャルザーン
「「スフィアスクロール」・・・・・・か。
 エオルゼアの地にも、面白いことを考える者がいるものだ。
 この地についてから、研究が捗っておるよ。」
(「古の武器・アニムス」の強化)
ジャルザーン
「「スフィアスクロール」に転写されたマテリアの力を、
 私の秘術で「古の武器」に注入してやろう。
 ・・・・・・さぁ、見せてみるがよい。」
(アニムス未所持)
ジャルザーン
「おや・・・・・・お主の強化したい「古の武器」が見当たらんぞ?
 さぁ、早く私に見せてくれ。」
(アニムス装備時)
ジャルザーン
「「古の武器」を装備しているようだな。
 よく見るためにも、一度、装備を外してくれるかな?」
(スフィアスクロール未所持)
ジャルザーン
「おや・・・・・・その武器のために描かれたという、
 「スフィアスクロール」が見当たらんぞ?
 さぁ、早く私に見せてくれ。」
(スフィアスクロール転写完了前)
ジャルザーン
「ふむ・・・・・・その武器の「スフィアスクロール」は、
 まだ光が満ちていないようだ。
 新しい「古の武器」の力を確認したいということか?
 今お主が持っている「スフィアスクロール」・・・・・・
 そして「古の武器」を合わせると、
 このような力を持った武器になりそうだ。
 「スフィアスクロール」にマテリアの力が満ちた時、
 再び、私の元に持ってくるがよいぞ。」
ジャルザーン
「すばらしい! すばらしいぞ、同志よ!
 この「スフィアスクロール」は、まるで、
 満天の星空のように、まばゆく輝いているではないか!
 お主の「古の武器」は、このような力を持つであろう!
 決意が揺らがぬようであれば、さっそく強化の作業に入るぞ!
 さぁ、お主の「古の武器」を、さらなる高みに導こうではないか。
 あとは、私の秘術に任せたまえ・・・・・・。
 古の武器「ゾディアックウェポン」よ、偉大な力をここに!
 「古の武器」よ、星々の如く輝きし、数多の想いを受け止め、
 その記憶と力を、己の魂に刻み込むのだ!
 ・・・・・・さぁ、受け取るがいい!
 想いの力が、「古の武器」に磨きをかけた・・・・・・!
 これが、お主の新しい力・・・・・・
 「アルテミスボウ・ノウス」だ!」
ジャルザーン
「「マテリア」の力をも吸収した「古の武器」・・・・・・。
 以前よりも、さらに美しく洗練されたようだ!
 ゾディアックウェポンの完全再現も、いつの日か必ず・・・・・・!」
ウベールタン
「つ、ついに成し遂げたのですね!
 私の研究が実ったのですね!
 ・・・・・・あぁ、この気持ち・・・・・・何と言っていいのか・・・・・・。
 まったくもって、感無量というやつですよ・・・・・・。
 もし、次なる「古の武器」の強化に挑みたいのでしたら、
 ぜひとも、また私にお声がけください。
 「ハイエンチャントインク」さえあれば、
 いつでも「スフィアスクロール」を用意いたしましょう。
 あなたは、私の共同研究者なのですからね!」