起死回生のレシピ

起死回生のレシピ

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル15~
  • 概要  :調理師ギルドのリングサスは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

リングサス
「おう、元気そうだな。
 精進も重ねてるようで、なによりだ。
 なあに、隠したって、調理でつけた手指の傷でわかるのさ。
 もっとも俺から見たら、まだまだだがな!
 それでも、お前さんの成長ぶりが、
 他の調理師へのいい刺激になってるのは事実だ。
 イングハムなんて、
 お前に対抗心燃やして、頑張りまくってるぜ。
 だが、ちょっと張り切り過ぎて、もめ事が起きちまった。
 なのにあいつ、どうも俺には打ち明けづらいのか
 自分で抱え込んじまってるんだ。
 お前さん、あいつから話を聞いてきてくれんか?」
イングハムと話す
イングハム
「お前・・・・・・何だよ、用でもあるのかよ?
 それとも、俺を笑いに来たのか?
 ・・・・・・いや、またマスター・リングサスの差し金か!?
 ・・・・・・悪ィ、お前に当たるのは筋違いだよな。
 いっつもドジ踏んでるのは俺だし、俺が全部悪いんだし。
 ・・・・・・でも暗くもなるさ。
 店のお得意様を、俺のせいで怒らせたんだぜ?
 俺、ずっと失敗続きだったから、焦っちまって・・・・・・
 お得意様の前で、いいところ見せようと思ってさ
 好物の「ミコッテ風山の幸串焼」を試食にお出ししたら
 逆に機嫌を損ねちまって・・・・・・。
 なんか店に抗議するって言ってるし・・・・・・。
 俺の勝手で、店の名に泥ぬっちまうなんて・・・・・・
 今頃、お客様の機嫌が直ってたりしないかな・・・・・・?
 頼むから、ちょっと様子を見てきてくれないか?
 テラス席にいらっしゃる「メーティマガ」様だ。」
メーティマガと話す
メーティマガ
「ん、なんだいあんた?
 見たところ調理師のようだが・・・・・・
 もしかして、不味い「ミコッテ風山の幸串焼」を
 私に押し付けてきた調理師の代わりに、
 ワビでも入れに来たのか?
 でもダメだね、不味いものは不味いと店に抗議するよ。
 それは私の信条ってやつだからね。
 しかし、「ビスマルク」も大丈夫なのかね?
 あの程度の腕の調理師を雇ってたら
 名店「ビスマルク」の看板に傷がつくだろうに。
 それとも、安さがウリの屋台にでも方向転換したのか?
 ・・・・・・おっと、評価に不満があるのかい?
 だったら調理師は言葉じゃない、料理で語るべきだろう?
 「ミコッテ風山の幸串焼」を1個、作りなおしてもらおう。
 あんたの料理で、この私を黙らせてみせな。
 それができたら、店への抗議を取りやめよう。」
メーティマガにミコッテ風山の幸串焼を納品
メーティマガ
「「ミコッテ風山の幸串焼」はまだかい?
 それとも、白旗を上げるのかい?」
(ミコッテ風山の幸串焼を渡す)
メーティマガ
「へぇ、できたのかい。
 不味かったら、マスター・リングサスにすぐ抗議できるよう、
 厨房の方でじっくりと味見させてもらおうじゃないか。
 とりあえず一口食べさせてもらったが・・・・・・
 悔しいけど、おいしいと言わざるを得ないね。
 まず焼き加減が素晴らしい!
 淡い焼き色ながら、鉄串を使ったお陰で、
 ドードーの肉が内側からも、しっかりと焼けている。
 それでいて、焼き過ぎて焦げ臭くなることなく、
 食欲をそそる香ばしさが、しっかりと存在した。
 そして口に入れたとき、まっさきに感じたのは、肉の深い味わい!
 香りで膨らみきった私の期待を完全に上回っていた。
 さらにルビートマトの酸味とパプリカの甘味が、
 肉の旨みを、見事に引き立てていた・・・・・・。
 これこそまさに味のアンサンブル。
 私の完敗だよ、調理師さん。
 約束どおり、店への抗議は取りやめよう。
 マスター・リングサスが不在でも、まったく問題なかったな。
 マスター・リングサスに伝えてくれ。
 あんたのような腕のいい調理師をもっと育てて、
 「ビスマルク」の味も、さらに向上させてくれ、とね。」
リングサスと話す
リングサス
「ああ、留守中の話は聞いてるぞ。
 「ビスマルク」の上得意、メーティマガ様の
 機嫌を直してくれたそうだな。苦労かけた。
 実は、さっきまでイングハムと話し合ってたんだ。
 あいつも反省してるし、お前にも感謝してたぞ。
 自分で伝えろって言ったんだが、
 対抗心を持ってるからか、気まずいらしくてな。
 まあ、大目に見てやってくれ。
 イングハムには、きっちり伝えたんだが、
 俺は、一度や二度の失敗で店をクビになんかしねぇよ。
 お客様は大切だが、それだけが全てじゃねぇんだ。
 どんな奴だって一人前の調理師にする。
 たとえ、俺や店の名声が揺らごうとな。
 人を預かって物を教えるっていうことは
 そのくらいの覚悟がいるのさ。
 俺が守りたいのは、調理への情熱だけだからな。
 もしも俺が誰かをクビにするってんなら、理由はひとつ。
 そいつが「調理師」でなくなったときだけだ。
 ま、お前に関しちゃ心配はねぇよ。
 もう新米扱いはできねぇ腕前だぜ。
 俺が保証する、これからも頑張れよな!」