禁断の研究

禁断の研究

  • 依頼主 :セヴェリアン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:錬金術師レベル45~
  • 概要  :錬金術師ギルドのセヴェリアンは、酷く焦っているようだ。

セヴェリアン
「なぜ・・・・・・なぜだ・・・・・・! どうして上手くいかない!
 解への道は通じたはず、だが何かが決定的に違う・・・・・・!
 手順か、材料か、それとも文献の解釈なのか!?
 やはり呪術に頼るしか・・・・・・
 いや、あれではゾンビーを生み出すだけだ。
 駄目だ、駄目だ駄目だ! やり直しだっ!
 私は諦めんぞ・・・・・・成功するまで、何度でも・・・・・・!
 助手っ! お前は「知力の秘薬HQ」「心力の秘薬HQ」
 「活力の秘薬HQ」を1個ずつ作って持ってこい!
 ぼさっとするな、お前の都合など知ったことか!
 私だって、訳が分からないんだ・・・・・・!
 ・・・・・・頼む・・・・・・力を、貸してくれ・・・・・・・・・・・・。」
セヴェリアンに依頼品を納品
セヴェリアン
「薬はそろったのか!?
 「知力の秘薬HQ」と「心力の秘薬HQ」、
 それに「活力の秘薬HQ」だぞ!」
(知力の秘薬HQと心力の秘薬HQ、活力の秘薬HQを渡す)
セヴェリアン
「ああ・・・・・・素晴らしいな、お前の仕事は・・・・・・。
 相変わらず綿密で、的確で、そして・・・・・・冷静だ。
 ・・・・・・すまない、おかげで少し落ち着いた。
 「究極の錬金術」が、思ったように進まなくてな。
 再挑戦の材料が必要だったのだ。
 ブラックスコーピオンを加え、効果を高めた「知力の秘薬HQ」。
 アーリマンの皮膜を生かした「心力の秘薬HQ」・・・・・・。
 慎重な扱いが必要なグレネードの灰を煎じた
 「活力の秘薬HQ」。そして前回お前が作ったものを参考に、
 私が「剛力の秘薬HQ」を作った。
 知力、意力、活力、剛力。
 これら人の根源たる力を集めれば、死した肉体が蘇る・・・・・・
 ああ、それが「究極の錬金術」なのだ。
 薬を渡したことを悔やむか?
 他ならぬお前になら、その権利があるだろう。
 ・・・・・・私だって、馬鹿げていると思ったものだ。
 だが結局、私は錬金術を信じた。
 錬金術で作った後悔を、錬金術で晴らす・・・・・・
 そのために、5年の歳月を費やしたのだ。
 ワ・ナージャという名を覚えているか?
 お前が毒薬を渡した、ワ・ブリナの姉で・・・・・・私の恋人だ。
 5年前の霊災で、亡くなった。
 私は彼女を蘇らせたい。せめて一言伝えるまでは、
 手を止めるわけにはいかんのだ・・・・・・!」