究極への足がかり

究極への足がかり

  • 依頼主 :セヴェリアン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:錬金術師レベル40~
  • 概要  :錬金術師ギルドのセヴェリアンは、とても興奮しているようだ。

セヴェリアン
「ふふっ・・・・・・ふふふ・・・・・・ふはははは・・・・・・!
 ふーはっはっはっはっはっは!
 遅いぞ助手ぅ!
 拍手喝采の準備はいいか? 祝杯を交わす準備は?
 ・・・・・・ないか。構わん、それを待つ時間すら惜しい!
 ふふふ・・・・・・我ながら浮かれすぎだな。
 だが許せ。なんといっても、
 究極の錬金術が紐解かれたのだ!
 数多の文献に埋もれ、試行錯誤を繰り返すこと5年。
 秘術を成し得るレシピは、今この手の中に!
 さあ、最後の扉を開けようではないか!
 もちろんお前にも、その一端を担ってもらうぞ。
 材料となる薬を全力で作ってくれ。
 「剛力の妙薬HQ」が3個、必要だ。
 人間の根源たる力のひとつ「剛力」を呼び起こす薬だな。
 私はその間に、別の準備を進めるとしよう。
 助手の働きは案ずるまでもないのでな。」
セヴェリアンに剛力の妙薬HQを納品
セヴェリアン
「「剛力の妙薬HQ」はできたか?
 究極の錬金術に使うのだ、お前が良いと思ったものを出せ。」
(剛力の妙薬HQを渡す)
セヴェリアン
「・・・・・・私が作った他の材料も、もっと質を上げておかねばな。
 まったく、お前はあなどれん助手だよ。
 ボッグヤーゾンの足を撹拌した粉末と、
 ギルバンを煮詰めたエキス・・・・・・それらが持つ力が
 瓶の中でしっかりと生きている。
 凡夫でさえ、こいつを飲み干せば、
 壊神ラールガーの如き筋力を得られるだろう。
 ますます、我が大業の成功を確信せざるを得んな!
 ・・・・・・いや、待てよ?
 そもそもお前に「究極の錬金術とは何か」という
 肝心の話をしていないような・・・・・・?
 まあ、ここで細かい説明をするよりも
 成果を目の当たりにする方が早かろう。
 あれは私の全てをかけた・・・・・・後悔の清算だよ。
 それが幸福な決着にならずとも、
 何もしなければ、夜は明けずに夜のままだ。
 他の道など見えすらしない・・・・・・。
 では、準備ができ次第「究極の錬金術」を開始する。
 作業には時間と集中力がいるので、
 共同で進めるのはここまでだが・・・・・・
 結果は必ず、お前に報告するとしよう。」