毒薬の愉悦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

毒薬の愉悦

  • 依頼主 :セヴェリアン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:錬金術師レベル30~
  • 概要  :錬金術師ギルドのセヴェリアンは、再び冒険者の実力を試したいようだ。

セヴェリアン
「おお! 更なる研鑽を積んできたようだな、素晴らしい!
 では、記念すべき試験をはじめようではないか!
 丁度、お前の実力を試すのにうってつけの依頼がある。
 「暗闇の毒薬HQ」を3個作れ、というものだ。
 毒薬だからと怯むことはない。
 生かす術を学ぶのは、殺す術を知るということ。
 そう、錬金術は匙ひとつで命さえ操る!
 ふははは、これぞ錬金術の極意にして醍醐味!
 さあ、今すぐ作業にとりかかるのだっ!」
セヴェリアンに暗闇の毒薬HQを納品
セヴェリアン
「「暗闇の毒薬HQ」を3個、完成させろ。
 毒薬作りの愉悦は、言葉にならんぞぅ。」
(暗闇の毒薬HQを渡す)
セヴェリアン
「ねっとりと絡みつく暗黒、これぞまさに毒薬だ。
 ふふふ・・・・・・生死さえビックに収めた気分はどうだ?
 奪うのは命でなくて視力だがな。
 洞窟に生息する目の退化したバットの翼と牙に水銀・・・・・・
 うむ、いかにも目に悪い。
 これほどの出来なら、大惨事を起こせるだろうよ。
 「パールレーン」にいるミコッテの女に納品するがいい。
 名前を忘れたわけではないぞ。
 女は盗賊団の密売人、匿名の書簡で依頼してきたのだ。
 ほら、早く終わらせてこい!」
パールレーンにいるミコッテの女に暗闇の毒薬HQを納品
ワ・ブリナ
「・・・・・・錬金術師ギルドからの使いね。
 例の薬はどうなったの?」
(暗闇の毒薬HQを渡す)
ワ・ブリナ
「はぁ・・・・・・セヴェリアンさんは止めなかったのね。
 盗賊団に毒薬を渡せばどうなるか、知っているはずなのに。
 私は、ワ・ブリナ。
 盗賊団に潜入捜査をしていて、たまたまこの依頼を知ったの。
 彼がどうするか気になって受け取り役を買って出たんだけど・・・・・・
 ギルドマスターでありながら、疑問すら持たなかったのね。
 ・・・・・・やっぱり変わってしまったんだわ。
 昔から研究熱心な人ではあったけど、
 5年前の事件を境に、研究だけが彼の全て・・・・・・。
 まるでこの毒薬を浴びたみたい。
 周りのことも、大事なことも、何ひとつ見えていないの。
 ねえ、ギルドに戻ったら伝言をお願いできる?
 究極の錬金術に没頭するのはもうやめて、と。
 彼の気が済むならと思っていたけど、
 このままでは姉を・・・・・・ワ・ナージャを返してもらうことになるわ。」
ワ・ブリナ
「この暗闇の毒薬HQは、私がどうにかしておくわ。
 セヴェリアンさんへの伝言、頼むわね。」
錬金術師ギルドのセヴェリアンと話す
セヴェリアン
「待ちわびていたぞ。
 それで、依頼は無事に終わったんだろうな?
 ・・・・・・ワ・ナージャを返せ?
 さてはあの薄情な妹、ワ・ブリナが謀ったのだな!
 ナージャを手放すつもりはない!
 私は究極の錬金術を完成させ、彼女に伝えねばならんのだ・・・・・・。
 ・・・・・・ふん、余計な言葉を聞く必要はなかろう。
 つまらん依頼だったが、お前の実力は十分に証明されたのだ。
 今日からは、小間使いではなく「助手」と呼ぶぞ。
 究極の錬金術に至る日は近い、それまで研鑽を積み続けるのだ!」