調剤の担い手は

調剤の担い手は

  • 依頼主 :セヴェリアン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:錬金術師レベル15~
  • 概要  :錬金術師ギルドのセヴェリアンは、ものすごく眠そうだ。

セヴェリアン
「・・・・・・・・・・・・を・・・・・・混ぜ・・・・・・失敗・・・・・・。
 次は・・・・・・・・・・・・・・・・・・グー・・・・・・。
 ・・・・・・ん? どうした小間使い。
 お前も錬金術師なら、寝たまま研究くらいするだろう?
 ま、大抵ろくなものができんがな。
 しかし、懲りずに私を訪ねてくるとは
 お前の小間使い精神・・・・・・いや、向上心は見上げたものだ。
 あるいはただの物好きか?
 なんにせよ、錬金術とは好奇心と探究心の賜物だ。
 実にお前向きといえよう。
 ということで仕事を回すぞ。
 「知力の薬」と「眼力の薬」を1個ずつ作ってこい。
 私は研究が大詰めで急がしいので、説明は省略するが・・・・・・
 お前なら、大丈夫だろう?」
セヴェリアンに依頼された薬を納品
セヴェリアン
「「知力の薬」と「眼力の薬」はできたか?
 質問は一切受け付けんぞ。」
(知力の薬と眼力の薬を渡す)
セヴェリアン
「・・・・・・ふむ。押し付けておいて何だが、
 よくまあ完成させたものだ。
 「知力の薬」は、クァールやウルフといった
 百獣綱の血に宿るという生命力を利用した薬だ。
 血が固まると効果が失われるが、これは問題なさそうだな。
 「眼力の薬」には、粉末にしたバットの牙を用いる。
 魔物の牙や角を粉末にして調合にもちいるという
 東方由来の手法を、しっかり身に着けたようだな。
 いずれも、駆け出しの手には余る品。
 成し遂げた自分を称え、更なる深みに嵌るがいい!
 そうだ、たまには依頼人に自分で薬を渡し、
 直々に褒められてはどうだ。私の手間も減るしな。
 依頼人は、コロセウムにいる・・・・・・
 ああ、「アルダラ」という女だったはずだ。
 渡したら、もう一度報告をしにこい。」
コロセウムのアルダラに依頼された薬を納品
アルダラ
「あら、あなた錬金術師ギルドの方?
 待っていたのよ!
 「知力の薬」と「眼力の薬」はできたかしら?」
(知力の薬と眼力の薬を渡す)
アルダラ
「・・・・・・これが頼んでいたお薬? ふぅん、可愛くない瓶ね。
 愛しの剣闘士フランツ様に贈るのだから、
 もっと見栄えをよくしないと!
 まあいいわ、中身はあるのだし依頼は完了よ。
 ギルドマスターではなくて、あなたが担当してくれてよかったわ。
 ほら、錬金術師ギルドのマスターって・・・・・・あの方でしょう?
 よい噂を聞かないから、少し心配していたの。
 家柄も資産も十分なのに、身を削る程錬金術に没頭するなんて。
 それだけの野望があるのかしらね?
 ・・・・・・あら嫌だ、わたくしってば余計なことを。
 それよりもフランツ様だわ! ああ、受け取ってくれるかしら・・・・・・。」
アルダラ
「フランツ様のファンは多いのよ。
 贈り物をして、他の子たちに差をつけないと!」
錬金術師ギルドのセヴェリアンに報告
セヴェリアン
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・グー・・・・・・。
 あ、ああ、小間使いか。何の用だ?
 依頼が終わった? お前に頼みごとをした覚えはないが・・・・・・。
 言われてみれば、
 お前に面倒な仕事を押し付けた気もするな、うん。
 それで、どうだった?
 ふむ・・・・・・外装はともかく、中身はあの出来だったのだ。
 絶賛されて然るべきだろうよ。
 お前がこのまま道を究めれば、
 いずれ私と共に「究極の錬金術」を・・・・・・
 目指す・・・・・・・・・・・・日も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・グー・・・・・・。
 ・・・・・・ハッ!? いかん、今日はどうもいかんな。
 報酬を渡して、私も研究に集中するとしよう。」