働け、錬金術師ギルドマスター

働け、錬金術師ギルドマスター

  • 依頼主 :セヴェリアン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:錬金術師レベル10~
  • 概要  :錬金術師ギルドのセヴェリアンは、何やら憤慨しているようだ。

セヴェリアン
「おお、今度は忘れずに待っていたぞ!
 今こそお前に、小間使いの本領を発揮してもらいたい!
 錬金術師ギルドの奴らめ、
 「たまにはギルドの運営に貢献しろ」などと言って
 別の錬金術師が投げ出した仕事を押し付けてきたのだ。
 馬鹿め、私にギルドマスターらしさを求めるなど愚の骨頂!
 不満があるなら人選からやり直せ!
 そもそも資質で選んだわけでもなしに・・・・・・。
 砂蠍衆に通じる我が血筋を、これほど面倒に思ったことはないぞ。
 というわけで、要求された「蜜蝋」12個の調達は、
 全てお前に任せた。
 うむ、お前になら安心して押し付けられると思っていた。
 頼んだぞ!」
セヴェリアンに蜜蝋を納品
セヴェリアン
「ふはは、おかげで私の研究は滞りないぞ。
 そちらは「蜜蝋」を12個、用意できたか?」
(蜜蝋を渡す)
セヴェリアン
「ほう・・・・・・数はそろっているな。
 特上品とはいかんが、質も申し分ない・・・・・・。
 ふふ・・・・・・素晴らしい、実に素晴らしいぞ!
 働きに敬意を表して、ギルドマスターの座を譲りたいほどだ!
 今更語るまでもないが、
 蜜蝋とは蜂蜜の巣を構成する蝋を純化したもの。
 蝋燭の材料とすることはもちろん、
 染料と混ぜて画材にしたり、革製品の手入れにも使う。
 用途も需要も多い品というわけだ。
 難易度は高くないが、
 これほど安定した質で大量に作れるとなると、
 作り手の技術は疑いようもない。
 せいぜい小間使いと思ってたが、
 もっと鍛えれば・・・・・・ひょっとして・・・・・・いや・・・・・・・・・・・・。
 何はともあれ、技術を磨くことを怠るなよ。
 ギルドリーヴの製作稼業が研鑽にいいと聞いたが、知っているか?
 なんでも、冒険者ギルドで受けることができるらしい。
 担当者はユース・・・・・・なんといったかな、忘れたが。
 練習に報酬がつくと思えば、悪くなかろう。」