戦場を圧する斧術士(クラス取得クエスト)

戦場を圧する斧術士(クラス取得クエスト)

  • 依頼主 :斧術士ギルド受付 ブラウトータ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する

斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「冒険者よ、「斧術士ギルド」に何の用だ?
 ここ「斧術士ギルド」は、
 両の手に力を込めてあらゆるものをたたき切る
 「斧術」の使い手が集い、切磋琢磨する場。
 当ギルドは、真摯に斧を学びたいという者は歓迎する。
 冒険者よ、さあ、どうなのだ?
 斧術士ギルドへの入門を、希望するのか?」
(はい、条件未達成)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「君の熱意はわかった。
 だが、君が今学んでいる術をしっかりと学び、
 冒険者としての土台が固まってからのほうがいいだろう。」
(いいえ)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「そうか、少々残念だが、仕方あるまい。
 君には君の進んでいる道があり、
 それがまだ、斧術士ギルドと交わらなかったとういだけだ。」
(はい)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「「斧」は、古来より「船」と密接な関係にあった。
 船を造るために必要となる木材は、斧によって切り出される。
 さらに航海中の不測の事態に備えるため、
 船に乗り込む船大工たちもまた、斧を携えていた。
 つまり斧とは、造船と修復のための道具だったのだ。
 こうして、斧の扱いが斧術へと発展した。
 特に腕っ節が物を言う海賊たちの世界でな。
 海賊たちは、自身の船に優秀な戦闘員をそろえるため
 海賊志願者に斧術を教え始めた。
 これが、斧術士ギルドの始まりだ。
 「海賊養成所」だった斧術士ギルドは、
 第七霊災以降「ガラディオン協定」によって、
 海賊から切り離され、独立、再編されることとなった。
 私欲に駆られた海賊ではなく、
 公の利益に貢献するために武を用いる者・・・・・・、
 新しい斧術士ギルドが育てるのは、そういう人材さ。
 どうだい、あんたも興味あるかい?
 興味あるなら、あたしに申し出てくれ。
 じっくり考えて、決めるといい。」
(いいえ)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「まぁ、納得いくまで、自分でじっくり考えるといい。
 実戦となれば、判断の遅れが命取りだが・・・・・・、
 今は判断の誤りこそ、お前の命取りとなるからな。」
(はい)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「ン・・・・・・決心したのか?
 我が斧術士ギルドに入門すると?
 了解した、君の入門を歓迎する。
 では早速、斧術士ギルドのギルドマスターを紹介しよう。
 厳つい顔をしているから、取っつき難いかもしれんが・・・・・・。
 斧術士ギルドのギルドマスターは
 この部屋の中央部におられる「ヴィルンズーン」師だ。
 さあ、準備が整ったら、彼に話しかけてみてくれ。」
ヴィルンズーンと話す
ヴィルンズーン
「俺の名はヴィルンズーン
 斧術士ギルドの、ギルドマスターを務める者だ。
 よく来てくれた、お前の入門を歓迎しよう。
 ・・・・・・斧術とは、砕き、断ち切り、破壊するための術。
 敵をただ倒すだけではなく、
 文字通り「圧倒」するための戦闘術だ。
 誰よりも強い力を振るい、誰よりも長く戦場に立ち続け、
 そして誰よりも多くの敵を倒す・・・・・・、
 斧術士とは、戦場でそんな務めを背負う者なのだ。
 ゆえに、問おう。
 お前は我が斧術士ギルドに入門し、
 斧術士の道を究めるつもりがあるのか?」
(いいえ)
ヴィルンズーン
「・・・・・・俺の見込み違いであったか?
 まぁ、良かろう。
 こちらとしては、強制するつもりはないのでな。」
(はい)
ヴィルンズーン
「そうか・・・・・・今の決意を、ゆむゆむ忘れるな。
 斧術士の道は、ひとつとして安易なことなどない。
 時には傷つき、倒れることもあろう。そのことを心せよ。
 この「ウェザードウォーアクス」を受け取れ。
 それこそ、お前の決意の証。
 さあ、その斧を身につけた姿を、この俺に見せてみろ。」