フ・ラミンとアリス

フ・ラミンとアリス

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、依頼したいことがあるようだ。

ミンフィリア
「アルフィノから連絡があったわ。
 もうじき、ドマ難民の第一陣が、こちらに到着するそうよ。
 長い船旅に、異郷での大移動・・・・・・
 心労とあいまって、さぞや皆さんお疲れでしょう。
 ラミンと「セブンスヘブン」が、ドマの方々のために、
 食事を用意しています。「フ・ラミン」に声をかけて、
 あなたも手伝ってあげてくれないかしら?」
ミンフィリア
「帝国内での動乱・・・・・・
 それがエオルゼアに与える影響は、
 決して少なくないでしょう。」
石の家のフ・ラミンと話す
フ・ラミン
「あら、Nikuqさん。
 ・・・・・・お食事の準備を手伝ってくれるの? 助かるわ!
 では、飲み物を届けてもらっていいかしら?
 お料理は、外の酒場「セブンスヘブン」を切り盛りする
 「アリス」が、腕によりをかけて準備しているの。
 そうね、彼女のお料理も、運んでもらえると助かるわ。
 ここから届けてもらいたいのは、この「ローマニのワイン」よ。
 全部持ったら、セブンスヘブンの「アリス」に声をかけてね。
 届け先は、彼女が知っているわよ。」
フ・ラミン
「カウンターの「ローマニのワイン」全部持ったら、
 セブンスヘブンの「アリス」に声をかけてね。
 届け先は、彼女が知っているわよ。」
セブンスヘブンのアリスと話す
アリス
「こんにちは、冒険者さん。
 ・・・・・・お料理を運んでくださるのですか?
 ちょうど用意ができたところなのです、助かります。
 では、このお料理をすべて、
 「ギルド本部の冒険者」へ届けていただけますか?
 彼女がドマの方々のお世話をしているそうだから。」
アリス
「カウンターのお料理をすべて、
 「ギルド本部の冒険者」へ届けていただけますか?
 彼女がドマの方々のお世話をしているそうだから。」
ギルド本部の冒険者に料理を渡す
ギルド本部の冒険者
「ドマ難民の第一陣が、さきほど到着しました。
 長旅が重なり、皆さん、疲労が限界のようです。
 はやく皆さんに食事を配りたいのですが・・・・・・。」
(ローマニのワインとアリスの手料理を渡す)
ギルド本部の冒険者
「お待ちしていました、ご協力ありがとうございます。
 ああ、いい香り・・・・・・私もお腹が空いてきちゃいました。
 ・・・・・・私がいただきたいぐらいですよ、いただきませんけど。
 長旅で疲れきったドマの皆さんも、
 この愛情たっぷりの食事を摂れば、
 力がわきあがることでしょう。
 ところで・・・・・・。
 この地で、ドマの方々が暮らしていくにあたり、
 新たな問題が浮上して困っているのです・・・・・・。」
ミンフィリア
「帝国が内乱に力を割かれている今こそ、
 蛮神問題に取り組む好機・・・・・・。
 わたしは、そう考えています。」
ユウギリ
「エオルゼアも、ガレマール帝国の侵攻を防いだとはいえ、
 部族間の抗争など、多くの問題を抱えているようだな・・・・・・。」
イダ
「ヤ・シュトラが戻ったら、
 レブナンツトールに人が増えてて、ビックリするだろうね!」
パパリモ
「仲間が増えるのは歓迎だけど、
 その分、不穏分子が紛れ込みやすくなるだろう。
 警戒を強めた方がいいかもしれないね。」
サンクレッド
「リムサ・ロミンサに向かったヤ・シュトラの調査は、
 どうなっているだろうか・・・・・・。」
タタル
「ドマの方々を統括するのは、冒険者ギルドでっす。
 「暁」にも、人員の情報を知らせていただけるよう、
 頼んでみるでっす!」
カササギ
「郷土を守るため戦い続けてきたエオルゼアは、
 帝国支配下の属州で暮らす者にとっては希望なのです。
 だからこそ、我々はこの地を目指して来たのですよ。」
キキョウ
「悲願であった安住の地が、ようやく見つかりました。
 ・・・・・・ですが、ユウギリ様のことです。
 次の動きを視野に入れ始めたことでしょう。」
  ローマニのワイン:ワインポートから取り寄せた醸造師シャマニ・ローマニ作のワイン
  アリスの手料理:野菜のワイン煮と、モードゥナ産エフト肉のグラタン