ドマの人々

ドマの人々

  • 依頼主 :アルフィノ(ウルダハ:ナル回廊 X11-Y9)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :クイックサンドのアルフィノは、難民移送の準備を依頼したいようだ。

アルフィノ
「ドマの方々を出迎えてもらいたいのだが、
 何せ、レヴナンツトールでの受け入れも急な話だ。
 先方の準備が整っていない。
 現地の準備が整うまでの間、ドマの方々には、
 宿屋「砂時計亭」で、いったん身体を休めてもらおうと思う。
 モードゥナまでの移送には陸路を使う。
 ザナラーンの荒野を抜け、黒衣森を通って、
 クルザス方面から回り込む・・・・・・長く厳しい旅路となるからね。
 長旅に備え、早急に、ウルダハへ案内するのがいいだろう。
 君は、ベスパーベイに向かい、
 「ホウザン」というドマの民を手助けしてほしい。」
ベスパーベイのホウザンと話す
ホウザン
「おお、「暁」の方か。
 我々ドマの民の受け入れに、尽力していただいたと聞いている。
 かたじけない。
 ・・・・・・なんと、出発の準備まで手伝ってくださると?
 何とお礼を言っていいものやら・・・・・・。
 実は、荷物の運び込みに難儀していたところなのだ。
 祖国では、力自慢でならしたものだが・・・・・・
 なにぶん、長い船旅で満足に食事もとれずに過ごしたもので、
 体力が衰えてしまったらしい。
 フェリードックにある「古びた木箱」を
 ここまで運んでもらいたい。
 少々かさばり申し訳ないが、よろしく頼むよ。」
フェリードックで古びた木箱を入手
ホウメイ
「エオルゼアの噂は何度となく聞いていたが、
 実際に訪れてみると、想像とは異なることばかりだのう。」
ホウザンに古びた木箱を渡す
ホウザン
「かさばる箱を運んでくれて、助かったよ。
 あれには、私の父が若かりし頃に武勲を挙げ、
 主より賜った甲冑が入っていてね・・・・・・。」
(古びた木箱を渡す)
ホウザン
「これほど重いものを運んでもらって、恩に着る。
 わが父が主より賜ったこの甲冑は、
 黒塗りの小札(こざね)に覆われた見事なものなんだ。
 見てみるかい・・・・・・はっ!
 なんと、甲冑の「黒塗りの小札」が外れて・・・・・・。
 ・・・・・・それも、数が足りないぞ!
 ああ・・・・・・長期間、船に揺られたせいで、
 古い鎧も、それを納めていた木箱も傷んでいたんだ。
 小札さえあれば、私でも修繕できるが・・・・・・。
 この無残な甲冑を見たら、父が卒倒しかねない・・・・・・。
 申し訳ないが来た道を戻り、甲冑から落ちた、
 「黒塗りの小札」4つを拾い集めてもらえないか。
 命がけで祖国を脱出するときでさえ、
 父が手放さなかった甲冑なんだ・・・・・・。
 新天地にも、何とか持っていってやりたいんだよ。」
ホウザンに黒塗りの小札を渡す
ホウザン
「ああ・・・・・・長期間、船に揺られたせいで、
 古い鎧も、それを納めていた木箱も傷んでいたんだ。
 今の無残な甲冑を父が見たら、卒倒するにちがいない・・・・・・。」
(黒塗りの小札を渡す)
ホウザン
「ありがとう、本当に助かったよ!
 この「黒塗りの小札」が手元にあれば、
 私でも修繕はできる。
 そういえば、エオルゼアの甲冑は、
 私たち祖国のものとは、ずいぶん趣が異なるね。
 遠くまで逃げ延びてきたっていうことを実感するよ・・・・・・。」
  古びた木箱:古びた大きな木箱
  黒塗りの小札:黒く塗られた金属の板