網元代行シシプ

網元代行シシプ

  • 依頼主 :漁師ギルド受付 ン・ンムリカ(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X7-Y14)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :漁師ギルドのン・ンムリカは冒険者の意志を確かめたいようだ。

漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「はーい、こちらはリムサ・ロミンサの
 漁師ギルド「網倉」ですよー。
 もしかして、漁師志望の方ですか?
 こちらでは冒険者の皆さんに、
 釣竿の使い方から漁場の選び方まで、
 釣りに関するあらゆることを学んでいただけます。
 どうでしょう、漁師ギルドに入門しますか?」
(漁師について学びたい?)
(はい、条件未達成)
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「あっ・・・・・・ごめんなさいっ!
 あなたのお気持ちは嬉しいんですけど、
 まだちょっと、冒険者としては未熟みたいですね・・・・・・。
 まずは今学んでいる術を集中して学び、
 経験を積んでからのほうがいいんじゃないでしょうか?
 こちらは、いつまでもあなたをお待ちしてますから。」
(いいえ)
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「あれま、そうですかぁ。
 残念です、せっかく新人さんが来たかと思ったのに。
 あの、もしも気が変わったら、また来てください。
 私も漁師ギルドのみんなも、ずっと待ってますから。
 約束ですよ?」
(はい)
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「んんっ、大変結構です!
 それでは最初に漁師ギルドの歴史について、
 ささっと説明しちゃいますね。
 漁師ギルドの発展は、立地条件と深く関係しています。
 潤沢な海産資源に恵まれたこのリムサ・ロミンサで、
 漁業が盛んになるのは当然の帰結。
 地引き網や底引き網など、漁が大規模化するにつれて、
 漁師同士の協力関係が生まれ、やがて「網組」という、
 互助組織が作られるようになりました。
 この漁師ギルド「網倉」は、
 リムサ・ロミンサで最大の網組として知られています。
 私たちの活動内容は、漁を行うだけにとどまりません。
 漁船や港湾施設の管理や、漁獲物の価格調整のほか、
 冒険者に対する漁法の指導にも力を入れています。
 冒険者の方々に勧めているのは、竿釣りです。
 網を使った漁は、やはり人数が必要ですからね。
 だいたい身ひとつですから、網よりも竿です!
 もちろん釣果では、網で獲る量に一歩譲るでしょうが、
 あれでなかなか奥が深いですからね、竿釣りって。
 漁師の技量で大きく差がつく漁法なんですよ。
 どうです、釣り・・・・・・覚えてみませんか?
 興味があるなら、ギルドの責任者にお取り次ぎしますよ。
 気持ちが固まりましたら、声をかけてくださいね。」
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「おっ!
 どうです、漁師ギルドに入門する決心はつきました?」
(いいえ)
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「あれ、違うんですか?
 てっきり決心したものかと・・・・・・。
 とはいえ、まだ迷ってる人を
 無理に引きこむわけにもいきませんね。
 わかりました、入門したくなったらまた来てください。」
(はい)
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「その決心、確かに受け取りました。
 では、漁師ギルドの責任者にお取り次ぎしますね。
 現在、漁師ギルドでは色々理由がありまして・・・・・・
 本来の責任者であるギルドマスター「ワワラゴ」さんが、
 実務を担当してないんです。
 代わりにギルドマスター代行として、
 「シシプ」さんが仕事を引き継いで
 漁師ギルドを運営しています。
 その「シシプ」さんが、あなたが漁師ギルドに
 相応しいかどうかを見極めてくれるはずです。
 そこの生簀を見守っている女性です。
 さあ、自分の気持ちを素直に伝えてみてください。」
シシプに報告
シシプ
「うん、あなたが入門希望者ね。
 ン・ンムリカさんの話は聞こえてたから、大丈夫。
 私がシシプよ、よろしくね。
 ギルドマスターは、あくまでも親分のワワラゴさん。
 でも、仕事をしてくれなくって困っちゃう。
 だから私が代わりに仕事をやってるのよ。
 当然、あなたが漁師ギルドの一員として相応しいか、
 それを見定めるのも私の役割ってわけ。
 ・・・・・・なんてね、私が見るのはやる気だけ。
 あなた自身にやる気があるかどうかが大事なのよ。
 で、どうする? 漁師ギルドに入ってくれるの?」
(漁師ギルドに入門しますか?)
(いいえ)
シシプ
「あ、あれ? やめちゃうの? ホントに?
 ええと・・・・・・あの、考え直してもいいですからね?
 待ってるから、また来てくださいね!」
(はい)
シシプ
「いい返事・・・・・・気持ちがいい人ね、あなた。
 わかりました、漁師ギルドはあなたの入門を歓迎します!
 でも、修行はあんまり甘くないですからね?
 立派な漁師になってもらわないと困るし。
 ビシビシいくから、そのつもりでね?
 じゃあ、まずは道具を揃えるところから始めましょ。
 これ、「ウェザードフィッシングロッド」よ。
 入門したばかりの人には、
 この初心者用の竿を使ってもらうことにしているの。
 いきなり高価な竿を渡しても、使いこなせないしね。
 さあ、まずはその竿を装備してみて。
 そうしたら、私に話しかけてくれる?
 ちゃんと装備できたかどうか、確かめてあげる。」
シシプ
「リムサ・ロミンサの「漁師」ギルド・・・・・・
 「網倉」にようこそ!」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
シシプ
「私はシシプ、この漁師ギルドのギルドマスター!
 ・・・・・・の、代理みたいなものよ。
 本当のギルドマスターは、ワワラゴ親分っていうの。
 でも、親分ってば、毎日毎日遊んでばっかりで、
 まともにギルドの仕事してくれないのよ。
 だから、親分がやるはずだったギルドの仕事を、
 私が代わりに片付けてるの。
 ほんとにもう、まいっちゃうわね。」
(「漁」とは何か?)
シシプ
「ひとことで言えば、お魚さんを獲ることよ。
 海や川、池や湖、世界中のありとあらゆる場所にいる、
 お魚さんを釣り上げる・・・・・・そんなお仕事なの。
 私たち地元の漁師は、網なんかも使うけど・・・・・・
 冒険者さんたちに教えているのは、竿を使った「釣り」なの。
 網を使った漁は、釣果こそ多いけど、
 船が必要だったり、大勢の漁師の協力が必要だったり、
 いろいろと大変なのよ。
 その点、釣りなら道具は釣り竿と釣り餌だけでいいから、
 身ひとつで旅をする、冒険者さん向きの技術じゃない?
 だからギルドで教える技術に選ばれたのよ。」
ワワラゴ
「恋と釣りって、似とるんぢやよなぁ・・・・・・。
 魚も女の子も、うまく釣りあげるには、
 いろいろなテクニックが必要なんぢやもの。
 長年やって釣りは極めたんぢやが、
 女の子をモノにするかけひきは
 なかなか上手くいかんものぢやな。」
漁師ギルド受付 ン・ンムリカ
「魚は無限の資源じゃないんです。
 限りある海の幸を大切にする・・・・・・そういう仕事もまた、
 私たち漁師ギルドの大事な仕事なんですよ。」