優しい借金取り

優しい借金取り

  • 依頼主 :メメナル(ウルダハ:ナル回廊 X11-Y9)
  • 受注条件:レベル9~
  • 概要  :クイックサンドのメメナルは、冒険者に頼みがあるようだ。

メメナル
「なあ、聞いてくれよ。
 飲み仲間の「ボタルフ」って男に飲み代を貸したんだが、
 あいつ、金を借りたことを気に病んでいるようでさ。
 返済はいつでも構わないんだが・・・・・・。
 俺がそう言ったところで、
 余計に気にするんじゃないかと思ってな。
 よかったら、言伝を頼まれてくれないか?
 俺からの言葉でなけりゃ、ボタルフも、
 すんなり受け止めてくれるだろうからさ。」
ボタルフと話す
ボタルフ
「ハァ・・・・・・どうしよう・・・・・・。
 どうやって返そうか、借金・・・・・・。」
チャットの「Say」モードで『こんにちは』と入力しボタルフに挨拶する
ボタルフ
「やぁ冒険者さん、こんにちは! 景気はどうだい?
 ・・・・・・って、あんた確か、さっきメメナルさんと話して・・・・・・!?
 あわわわ、ど、どうしよう・・・・・・。」
チャットの「Say」モードで「定型文」の(こんにちは。)を入力し、再度ボタルフに挨拶する
ボタルフ
「は、はい・・・・・・こんにちは・・・・・・元気な挨拶ですね・・・・・・。
 ・・・・・・そ、そうだよな、黙って引き下がれないよな。
 ・・・・・・すまねぇ、今はまとまった稼ぎがなくて払えねぇんだ!」
ボタルフと話す
ボタルフ
「あんた、メメナルさんの借金取りだろ!?
 メメナルさんには、ホント申し訳ねぇと思ってる!
 だが、もう少しだけ待っちゃもらえんだろうか・・・・・・?」
チャットの「Say」モードで『ちがいます』と入力しボタルフに返答する
ボタルフ
「違うって・・・・・・? あんた、借金取りじゃないのか!?
 ・・・・・・ふむふむ、なんだって!?
 返金は、いつでもいいっていうのか!?
 ううむ・・・・・・メメナルさんにゃ、
 迷惑どころか気まで使わせちまったなぁ・・・・・・。
 わざわざ伝えてくれてすまなかった。
 メメナルさんにゃ、自分で感謝を伝えておくよ。
 それじゃ、ありがとうな!」
チャットの「Say」モードで「定型文」の(さようなら。)を入力し、ボタルフに別れの挨拶をする
ボタルフ
「おう、さようなら! っと、ちょっと待ってくれ。
 あんた、いくらかギル持ってないか?
 実は・・・・・・その、今持ち合わせがなくてな。
 今日の飲み代が・・・・・・って、いけねぇいけねぇ。
 こういう、すぐに他人にたかる根性が駄目なんだ、俺は。
 メメナルさんに恩を返すためにも、このクセを直さねぇとな。」