激闘のウルヴズジェイル(不滅隊)

激闘のウルヴズジェイル(不滅隊)

  • 依頼主 :スウィフト大闘佐(ウルダハ:ナル回廊 X8-Y8)
  • 受注条件:レベル30~
  • 概要  :不滅隊のスウィフト大闘佐は冒険者に話があるようだ。

スウィフト大闘佐
「Nikuq少闘士か。
 昨今の活躍、まことに見事だ。
 同じ不滅隊員として、誇らしく思う。
 ラウバーン局長の覚えもめでたい貴公の双肩には、
 不滅隊の未来がかかっていると言っても、過言ではない。
 だがしかし・・・・・・貴公の限界は、この程度ではあるまい?
 まだまだ、鍛え込む余地はあるはずだ。
 貴公がさらなる上を目指すなら、行くべき場所がある。
 エオルゼア都市軍事同盟が共同で設立した、
 グランドカンパニー将兵の練兵所だ。
 その名を・・・・・・「ウルヴズジェイル」!
 みなまで言うな、貴公の気持ちはわかっている。
 すでに施設を利用できるよう、連絡を入れておいた。
 受付の「ベルクーヤ大甲士」に話しかければ、
 すぐさま「ウルヴズジェイル」に参加できるはずだ。
 ラノシアの沖合にある「ウルヴズジェイル」へは、
 低地ラノシアの「モラビー造船廠」からの渡し船がある。
 かの場所に向かうならば、利用するとよいだろう。」
ウルヴズジェイルのベルクーヤ大甲士と話す

ベルクーヤ大甲士
「私の名はベルクーヤ・ルータルシン大甲士!
 狼たちの牢獄、「ウルヴズジェイル」の訓練教官である!
 いいか、よく聞け!
 ここでは所属も階級も、ましてや過去の名声も
 等しくクソのひと掴みほどにも価値がない!!
 今の貴様は、犬以下だ!
 ただ喰われるだけの、生肉に過ぎん!
 牙を剥け! 爪を研げ!
 ここで戦い、鍛え続け、敵に喰らいつく猛犬に・・・・・・
 いや、獰猛なる狼となれ!
 生肉のまま終わりたくなければ、話を聞きに来い!
 「ウルヴズジェイル」のなんたるかを、
 嫌というほど説明してやる!」