調理師リングサス総料理長

調理師リングサス総料理長

  • 依頼主 :調理師ギルド受付 チャーリス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :調理師になり、調理師ギルドで学ぶためには、しかるべき手続きを行わなければならない。受付のチャーリスは、冒険者の情熱を確かめたいようだ。

調理師ギルド受付 チャーリス
「お客様、こちらは「調理師ギルド」でございます。
 レストラン「ビスマルク」でのお食事でしたら、
 外のテーブルへ・・・・・・
 おや、違いますか?
 では、様々な食材を調理し、
 人々の心とお腹を満たす「調理師」を志す方ですね?
 ならば、調理師を束ねる
 我々「調理師ギルド」への入門をお勧めします。」
(調理師ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
調理師ギルド受付 チャーリス
「失礼ですが、お客様はまだ、冒険者としては未熟であるご様子。
 まずは、お客様が今学ばれている技を血肉化されることに
 専念されたほうが良いかと。
 調理を学ぶのは、それからでも遅くはありません。
 経験を積まれたお客様が、改めて当ギルドへ
 お越しになる日を心よりお待ちしております。」
(いいえ)
調理師ギルド受付 チャーリス
「ふむ、いやこれは失礼。
 自分の早とちりであったようですね。
 ではお客様、ご注文ならテーブルにて承ります。
 お気が変わられたら、自分へお声がけください。
 ギルドについて、ご案内いたします。」
(はい)
調理師ギルド受付 チャーリス
「・・・・・・なるほど、調理師志望か?
 だったら、営業用の堅苦しい台詞はヤメだ。
 早速、ウチのギルドについて説明してやるぜ。
 もともと、ここリムサ・ロミンサは、
 海の幸と山の幸の両方が手に入る食材豊かな街だ。
 加えて、交易船を通じて、
 異国から様々な食材、香辛料が持ち込まれる。
 もちろん、その調理法を記したレシピもいっしょにな。
 こうして集まった膨大な量のレシピを
 体系化してまとめあげた偉大な人物がいた。
 それがギルドの創設者、シャーククリーバー提督さ。
 食通であり、自らも軍船の厨房に入り浸るほど
 調理を愛した彼は、この大事業に挑む過程で
 ギルドを設立し、近代的調理法を確立させたんだ。
 もちろん、レシピ集めだけがギルドの役割じゃない。
 これまでにない斬新な創作料理を生み出すのも、重大な仕事だ。
 お前のような冒険者をギルドに入れるのも、同じ事情さ。
 要は、ギルドって鍋に冒険者という食材をぶちこんで
 新しい味わいを生み出そうとしてるんだ。
 そういう向上心に燃える人なのさ、
 うちのギルドマスター「リングサス」は。
 彼に認められれば、調理師ギルドに入門できるぞ。
 胸に手を当てて、調理への情熱を確かめてみろ。
 ますます燃え上がってきたら、俺に声かけな。
 マスター・リングサスを紹介してやるよ。」
調理師ギルド受付 チャーリス
「調理への情熱は、ますます燃えあがったか?
 だから話かけたんだよな、俺に?」
(いいえ)
調理師ギルド受付 チャーリス
「なんだいなんだい。
 急に怖気づいちまったのかい?
 いずれにせよ、その状態じゃ
 マスター・リングサスにゃ、会わせられないぜ。
 あの方の料理への情熱に、火傷しちまうからな。」
(はい)
調理師ギルド受付 チャーリス
「そうかそうか、そいつはいい!
 その意気で、ギルドマスターにぶつかれば、
 必ず、迎え入れてくれるだろうさ。
 マスター・リングサスはな、調理の腕も、調理にかける情熱も、
 リムサ・ロミンサ随一だからな。
 マスター・リングサスは、この厨房の上から料理人を見守ってる。
 今すぐ、お前の情熱をぶつけに行きな!」
リングサスと話す
リングサス
「お前さんか?
 調理師ギルドに入りたいと言っているのは。
 どれどれ、そのツラをよく見せてみろ。
 才能の欠片も見当たらない・・・・・・なんてな。
 顔見ただけじゃわからんさ、わははっ!
 それに、才能があろうがなかろうが関係ない。
 大事なのは料理に対する姿勢だ。
 そいつが燃えたぎってりゃ、問題ねぇ。
 それで、どうだいお前さん?
 お前さんは本当に熱い気持ちで、
 調理師ギルドに入門したいと思ってんのかい?」
(調理師ギルドに入門したい?)
(いいえ)
リングサス
「・・・・・・おっと、どうしたんだ。
 やっぱり、料理は食べる専門ってか?
 だったら、外のテーブルで注文するんだな。」
(はい)
リングサス
「んんっ、いい返事じゃねぇか。
 お前さんの料理への情熱が伝わってくるぜ。
 調理を究めるってのは、簡単なことじゃねぇ。
 俺にしたって、コース料理に例えりゃ、まだ前菜ぐらいだ。
 最後のデザートなんて、一生かかっても届くかどうか。
 それでも諦めずに取り組めるかは、情熱次第。
 情熱を持ってりゃ、教え甲斐もあるってもんだ。
 それで、お前さんの名は?
 ・・・・・・よし、Nikuqよ、
 まずは、こいつを受け取れ。
 初心者用の調理道具、「ウェザードスキレット」だ。
 こいつを装備した瞬間から、お前さんは「調理師」となる。
 装備したら、また俺に声をかけるんだぞ。
 お前さんがちゃんと装備してるか、確かめるからよ。」
リングサス
「ここは、レストラン「ビスマルク」の厨房だ。
 「調理」の話、聞きたくねえか?」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
リングサス
「エオルゼアいちのレストラン「ビスマルク」の、
 総料理長を務めてるリングサスだ。
 この厨房を預かる、いわば味の総責任者よ。
 「ビスマルク」を訪れた全てのお客様に「美味い」と
 言っていただくために、毎日スキレットをふるってんだ。
 同時に、調理師ギルドの「ギルドマスター」をしてる。
 リムサ・ロミンサ調理師界のトップに立つ者として、
 調理師を志し、ギルドの門を叩いたすべての者を
 一人前に料理するのも、俺の大事な生きがいってやつだな。」
(「調理」とは何か?)
リングサス
「言うまでもなく、料理を作ることさ。
 不味いものを美味く、美味いものをより美味く、
 調理の技で変えてやるんだ。
 調理するときに何より大事なのは、この「舌」だな。
 味が分からねぇバカ舌じゃあ、美味いもんは作れねぇ。
 食材の切り方も、濃厚なスープの味付けも、
 芳しいスパイス調合も・・・・・・知識だけじゃ役に立たん。
 確かな舌で、善し悪しを見抜けなきゃ意味がねぇ。
 この舌の確かさってのは、決して才能なんかじゃねえ。
 努力と経験を積めば、いつか必ず身についてくるもんさ。
 味を知ること、覚えること・・・・・・
 そいつを熱心に取り組み続けた調理師だけが、
 お客様の評判を得ることができるってわけだ。」
調理師ギルド受付 チャーリス
「こちらは「調理師ギルド」でございます。
 当ギルドは、各地の調理師が集う・・・・・・いわば「料理の聖地」。
 レストラン「ビスマルク」でのお食事でしたら、
 給仕のハ・ラホノに、お申し付けください。
 さまざまな料理を、最高級の味でご賞味いただけます。」