甲冑師ハ・ナンザ社長

甲冑師ハ・ナンザ社長

  • 依頼主 :甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :甲冑師になり、甲冑師ギルドで学ぶために、しかるべき手続きを行わなければならない。甲冑師ギルド受付のグ・ワナッコは、冒険者の決意を確かめたいようだ。

甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「あら、冒険者ね?
 ここは、金属の特性を知り尽くし、金属を自在に加工する
 板金の腕を磨く職人が集う「甲冑師ギルド」よ。
 甲冑師になれば、板金の甲冑一式はもちろん、
 ギャザラーやクラフターたちが愛用する道具だって作れるよ。
 あなた、甲冑師の仕事に興味があるのなら、
 甲冑師ギルドに入ってみない?」
(甲冑師ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「あら・・・・・・ごめんなさいね、今のあなたじゃ、
 甲冑師ギルドに入ってもらえないわ。
 物騒なご時世だし、自分の身ぐらいは守れないと、
 甲冑師としてもやっていけないからね。
 もうちょっと腕っ節を鍛えたら、また声をかけてちょうだい。」
(いいえ)
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「あら、そうなの?
 ちょっぴり残念だけど、無理強いする気もないわ。
 でも、もし興味が湧いたら、また声をかけてね。
 甲冑師ギルドについて、たっぷり案内してあげる。」
(はい)
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「はい! しかと聞いたわ、この耳で。
 甲冑師になりたいっていう、あなたの気持ちをね。
 じゃあ、さっそくギルドの歴史のお勉強しましょうか?
 甲冑師のルーツはズバリ鍛冶師よ。
 甲冑師と鍛冶師は、もとはひとつの存在だったの。
 それが時代が下るにつれて、
 甲冑の素材を作る板金加工技術が専門化してね。
 鍛冶師のなかでも、板金技術に秀で、
 主に甲冑を手掛ける職人を甲冑師と呼ぶようになったの。
 板金技術は、造船にも不可欠でね。
 でも、熟練した腕が求められるから、
 造船に携わる職人は、特に「造船師」と呼ばれるわ。
 このように板金技術は、
 リムサ・ロミンサの発展に大いに貢献してきたわけ。
 だから、単独で甲冑師ギルドが設立されたのよ。
 こんな経緯だから、甲冑師ギルドと鍛冶師ギルドは、
 今でもライバル関係にあって、互いに技術向上を競っているの。
 というわけで、甲冑師ギルドでは新人を大歓迎よ。
 入門の条件は、たったのひとつ。
 ギルドマスターに承認をもらうだけ。
 ギルドマスターはハ・ナンザ姐さんっていって、
 仕事には厳しいけど、信頼できる人よ。
 紹介してあげるから、心の準備ができたら私に声をかけて。」
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「決心はついたのかしら?
 どうする、甲冑師ギルドに入門しちゃう?」
(いいえ)
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「・・・・・・ふぅ。
 仕方ないわね、もう。
 まあ、とことん悩みぬいて決めるといいわ。
 でないと、緻密な作業が多い甲冑師なんて、
 とても務まらないもの。」
(はい)
甲冑師ギルド受付 グ・ワナッコ
「ん・・・・・・分かったわ。
 じゃあ、甲冑師ギルド入門の意思を、ギルドマスターに伝えてね。
 その名も、ハ・ナンザ姐さん。
 造船師としての顔も持つ、超一流の職人よ。
 今なら、外の作業場で、新米甲冑師たちの作業を指導しているわ。
 さっそく「ハ・ナンザ」姐さんに、声をかけてみて。」
ハ・ナンザと話す
ハ・ナンザ
「入門希望の子かい?
 私がこの甲冑師ギルドのギルドマスターをやってるハ・ナンザさ。
 大まかな話は、グ・ワナッコから聞いたね?
 だったら、私から説明することはあんまりないが・・・・・・
 まぁ、楽な商売じゃないってことは理解してほしいね。
 毎日毎日、炎と金属を相手にするキツい仕事さ。
 好きでなきゃ続かないし、好きなだけでも続かない。
 この道を究めるっていう、強い意志が必要さ。
 こう言われてもなお、甲冑師ギルドに入りたいかい?」
(甲冑師ギルドに入門したい?)
(いいえ)
ハ・ナンザ
「・・・・・・なんだ、ビビっちまったのかい?
 ま、やっぱりやめるって言うなら、この話はここまでだね。」
(はい)
ハ・ナンザ
「へぇ・・・・・・言いきったね。
 驚いたよ、私の話を聞いても動じないなんて。
 だったら、私はあんたの言葉を信じるだけだ。
 甲冑師ギルドへの入門、認めるよ。
 ただし、ちょっとでもへこたれたら、そんときゃクビだ。
 そのくらいの気持ちで接するから、覚悟しときな。
 ・・・・・・なんて、脅かすのはここまでにしようか。
 心が折れるかなんて、やってみなけりゃ分からないしね。
 それで、あんたの名は?
 ・・・・・・じゃあNikuq、こいつを装備してみな。
 「ウェザードドーミングハンマー」、甲冑師の道具さ。
 装備したら、私に声をかけてくれ。
 おかしいところがないか、私が確かめてやるから。」