黄金のご馳走

黄金のご馳走

  • 依頼主 :ダストマン789 ボ・ブ(外地ラノシア X21-Y17)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :第789洞穴団の採掘地のダストマン789 ボ・ブは、欲しいものがあるようだ。

ダストマン789 ボ・ブ
「ワガハイ 声を大にしーて いいたいのであーる。
 ゾ・ガの手下たちーが 羨ましいーと!
 ゾ・ガの手下に なりたいのではなーい!
 奴らが喰っているメシが 気になるのであーる!
 いいもの喰ってるーに 違いないのであーる!
 しかーしヤツーラ メシを大事に
 「第13洞穴団の金壺」に隠しておーり
 ワガハイたちにーは 見せもしないのであーる!
 悔しいーが ワガハイでは金壺を開けるどころーか
 近づくこともできないのであーる・・・・・・。
 されーどワガハイ ひとつ手がかりを耳にしたのであーる!
 「アルケミスト13 ガ・ジ」・・・・・・アヤーツこそ鍵。
 どうも 金壺についーて 知っているようなのであーる。
 アヤーツに 詳しい話を聞いてみるのであーる。」
ダストマン789 ボ・ブ
「「アルケミスト13 ガ・ジ」に話を聞いーて
 「第13洞穴団の金壺」の中身を
 ワガハイに よこすのであーる!」
アルケミスト13 ガ・ジと話す
アルケミスト13 ガ・ジ
「「第13洞穴団の金壺」を 開けるーの?
 あれーは とても大事なもーの。
 開けるーの 結構大変だーよ?
 開けるためーの 「金壺の鍵」は
 「くすんだ大壺」に入ってて 隠されてるーよ。
 「ウ・ガマロ武装鉱山」を隅々 探すことだーね。
 たしーか 「くすんだ大壺」には 見張り番いるーよ。
 そいつやっつけないーと きっと開けられなーい。
 それーに 「第13洞穴団の金壺」も
 「ウ・ガマロ・ガーディアン」が 守ってるはずーよ。
 やっつけないーと 落ち着いて開けられないーよ。」
アルケミスト13 ガ・ジ
「「第13洞穴団の金壺」を 開けるにーは
 「金壺の鍵」が 必要なのーよ。
 どこかーに 隠されていーる
 「くすんだ大壺」に入ってるけーど
 見張り番いるかーら やっつけないーと ダメだーよ。」
くすんだ大壺を調べて13オーダー・パトロールマンを討伐
(13オーダー・パトロールマン
「このカギ わたさなーい!」)
くすんだ大壺を開けて金壺の鍵を入手
第13洞穴団の金壺を調べてウ・ガマロ・ガーディアンを討伐
第13洞穴団の金壺に金壺の鍵を使い蠢く物体を入手
ダストマン789 ボ・ブに蠢く物体を渡す
ダストマン789 ボ・ブ
「とってきたのであーる?
 さすがオヌーシ! でかしたのであーる!
 ワガハイに 中身をよこすのであーる!!」
(蠢く物体を渡す)
ダストマン789 ボ・ブ
「こ これーは・・・・・・なんと「黄金ミミズ」!?
 全コボルド族垂涎の 食材なのであーる!!
 ・・・・・・ムシャムシャ・・・・・・ウマイ ウマイのであーる!
 信じられんのであーる!
 こんなウマイものーを 独占しておったなーど・・・・・・
 ゾ・ガの一味を ますます許せなくなったのであーる!!」
  金壺の鍵:第13洞穴団の金壺の鍵
  蠢く物体:ウネウネと動く金色の物体