鍛冶師ブリサエル副社長

鍛冶師ブリサエル副社長

  • 依頼主 :鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する
  • 概要  :鍛冶師になり、鍛冶師ギルドで学ぶためには、しかるべき手続きを行わなければならない。鍛冶師ギルド受付のランドウルフは、冒険者の決意を確かめたいようだ。

鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「冒険者か、ここは「鍛冶師ギルド」だぜ。
 あんた、うちのギルドに興味があるのかい?
 うちら鍛冶師は鉱石から金属を精製し、
 形を変えて、あらゆる武器や道具を生み出す。
 石に命を与える、いわば金属の創造主だ。
 あんたも、この技術を学びたいってんなら、
 うちに入って修行することを勧めるが・・・・・・どうするね?」
(鍛冶師ギルドに入門したい?)
(はい、条件未達成)
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「うーん、誘っておいてなんだが・・・・・・、
 まだ、うちで学んでもらうわけにはいかねぇな。
 金属を扱うには根気が必要なんだ。
 今学んでいる技が、まだちゃんと身についてないだろ?
 冒険者としての経験をもっと積んだら、また来てくれ。」
(いいえ)
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「おっと、そうなのか?
 そいつぁ、ちょいと残念だな。
 見込みがあると思ったのによ。
 まぁ、そういうことなら仕方がねぇ。
 興味が湧いたら、また来てくれや。
 鍛冶師ギルドのこと、あれこれ説明してやるからよ。」
(はい)
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「ほっほー!
 いーい返事だ、いいぜいいぜ、やる気まんまんだな。
 んじゃ、まずは先人の心意気を知るためにも、
 鍛冶師ギルドの歴史ってやつを頭に焼き付けてもらおう。
 そもそも、リムサ・ロミンサで鍛冶が発展したのは、
 この都市が海賊と深く関わっていたからだ。
 奴らの武器や、船の部材を作ったんだからな。
 そして、塩気たっぷりの海風にさらされても、
 錆びついちまわねぇように技術が磨かれていったのさ。
 この島に、コボルド族が住んでたのも幸運だったな。
 連中の冶金技術は、かなり進んでるんだ。
 今じゃ敵対してるが、昔は技術交流もあったのさ。
 そんなこんなでリムサ・ロミンサでは、
 鍛冶の技術が抜きんでて発達したわけだ。
 そうなると、貿易の目玉にもなるってことで、
 150年くらい前に、このギルドが作られたのさ。
 その目的は、ずばり技術の保護だな。
 優れた鍛冶の技を、次の世代に受け継ぐと同時に、
 他都市に秘密がバレないように守ろうとしたんだ。
 もっとも、他都市と良好な関係を築いてる今では、
 やる気がある奴なら、冒険者でも受け入れているがな。
 だが、それもこれも、あんたが
 ギルドマスターの旦那のおめがねに適えばの話だ。
 本気で鍛冶ギルドに入りてぇなら、もう一度俺に声をかけろ。」
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「お・・・・・・腹は決まったか?
 決まったんだよなぁ、俺に話しかけたってことは?」
(いいえ)
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「なんだなんだ、冷やかしかぁ?
 俺は遊びに付き合ってやるほど、暇じゃねぇぞ。
 おい、まだ腹が決まらねぇなら、今は帰りな。
 もっとも、こっちは焦ってるわけじゃねぇ。
 あんたの好きにすりゃいいぜ。
 ま、たっぷりじっくり悩むこったな。」
(はい)
鍛冶師ギルド受付 ランドウルフ
「ようし・・・・・・いい返事だ。
 ここでハッキリ答えなかったら、
 ギルドマスターには会わせないつもりだったぞ。
 うちのギルドマスター、ブリサエルの旦那は、
 そういうところには無頓着な人でな。
 受付の俺が締めてかないと、ギルド全体がダレちまう。
 ま、とにかく話してみてくれ。
 「ブリサエル」の旦那に認められれば、あんたもギルドの一員だ。
 鍛冶場の2階で、渋い顔で考え事してるのが、その人さ。」
ブリサエルと話す
ブリサエル
「いやいや、お待ちしていましたよ!
 ランドウルフ君と話していた方ですね?
 僕はブリサエル、鍛冶師ギルドのギルドマスターです。
 鍛冶師を目指したいのですよね?
 でしたら、この僕と鍛冶師ギルドが
 キミを全面的に後押ししますとも。
 なに、疑ってかかることはありませんよ?
 ただいま、鍛冶師ギルドでは有望な新人を募集中です。
 入門希望者は、大歓迎ですとも。
 さあ、どうです?
 キミも僕たちと一緒に、鍛冶師ギルドで頑張りませんか?」
(鍛冶師ギルドに入門したい?)
(いいえ)
ブリサエル
「ええええええええ・・・・・・!
 ほ、ホントですかぁ?
 あの、考え直してみませんか?」
(はい)
ブリサエル
「そうですか、そうですよね!
 それはそれは、素晴らしい決断です!
 Nikuq Niuniuさん、僕たち鍛冶師ギルドは、
 キミの入門を全力で歓迎しますよ!
 鍛冶師の素晴らしさについて
 たっぷりと時間をかけて教えてあげますとも。
 そう、浮気など少しも考えないほどに!
 それでは、キミの入門記念として僕からの贈り物です。
 これは「ウェザード・クロスペインハンマー」
 僕たち鍛冶師の商売道具ですよ。
 さあさあ、さっそく装備してみてください。
 装備できたら、まっさきに僕に声をかけてくださいね。
 新人鍛冶師が誕生した瞬間ってやつを、
 僕自身の目に焼き付けておくために。」