黄道十二文書

黄道十二文書

  • 依頼主 :ジャルザーン(黒衣森:北部森林 X29-Y19)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ハーストミルのジャルザーンは、「古の武器・アートマ」のさらなる高みについて教えたいようだ。

ジャルザーン
「「古の武器」の強化を求める、我が同志よ。
 アートマの力を得た「古の武器」の調子はどうかな?
 強き力を手にして喜んでおるようだが、
 さらなる高みへと続く道が、まだ残されているぞ。
 お主は、強い力を求めておるのだろう?
 今回もまた、我が研究に協力し、
 「古の武器」をさらに強化したいとは思わんか?」
(「古の武器」をさらに強化したい?)
(はい)
ジャルザーン
「・・・・・・どうやら、またもや愚問をしてしまったらしいな。
 それでは早速、本題に入ろうではないか。」
(いいえ)
ジャルザーン
「・・・・・・ふん、相変わらず、お主は嘘が下手だな。
 強き力を渇望する本心が、まったく隠せておらん。
 さぁ、素直に話を聞くのだ。」
ジャルザーン
「古き伝えによれば、この世界には、
 霊災の危機を迎えるたびに、光の意思の元に集い、
 戦う者たちがいたという。
 エオルゼアの民は、英雄を「光の戦士たち」と呼ぶらしいな。
 しかし、我ら「ラザハン」の民は、こう呼ぶのだ。
 ・・・・・・「ゾディアックブレイブ」と!
 そして、我が故郷に残る伝承によれば、
 彼ら古の英雄たちは、光り輝く武器を手にしていたという。
 私は、その武器を「ゾディアックウェポン」と名付けた。
 ・・・・・・そうだ。
 何を隠そう、我が研究の目的は、
 この「ゾディアックウェポン」を再現することにあるのだ!
 伝承によれば、古の英雄たちは、
 幾千もの魔物を倒すことで、武器に光を宿したという。
 私は、これが武器に魂を入れ込む行為でないかと睨んでおる。
 前回、魂の欠片である「アートマ」を用いたことで、
 お主の「古の武器」は、「魂の器」としての性質を得たはず。
 しかし現状は、性質を得ただけで、その中身が追いついておらん。
 ・・・・・・真なる性能を引き出すには、やはり、古の英雄たちのように、
 戦いの中で、武器に魂を込めなければならんようだ。
 問題は、いかなる相手を倒せば、
 「古の武器」に魂を込めることができるのかだが・・・・・・
 ここは、この地にも伝わる古文書に頼るとしよう。
 英雄を描いた古文書である、通称「黄道十二文書」!
 彼らが行った試練や、倒した魔物の記録を紐解き、
 よく似た者を探し出して、倒し続けるのだ。
 さすれば、その「古の武器」に、魂の輝きが宿ることだろう!
 古文書ならば、好事家たちの御用商人に相談するのが早かろう。
 お主にも、そうした知り合いがいるのではないかな?」
レヴナンツトールのロウェナと話す
ロウェナ
「・・・・・・光り輝く武器を手にした、
 古の英雄を描いた古文書がほしいですって?
 俗にいう「黄道十二文書」ってやつ?
 その手の書物なら、在庫がないこともないわよ。
 古文書の管理は、新入りの「グ・ジュサナ」って娘に
 任せてるから、彼女に確認してみることね。」
ロウェナ
「古文書なら、在庫がないこともないわよ。
 古文書の管理は、新入りの「グ・ジュサナ」って娘に
 任せてるから、彼女に確認してみることね。」
グ・ジュサナと話す
グ・ジュサナ
「・・・・・・「黄道十二文書」が必要なの?
 へぇ、あんなカビ臭い古文書に、興味がある人がいたのね。
 まぁ、ロウェナからは、
 好事家に売れないし、処分しろって言われてたくらいだから、
 アンタが欲しいってなら、くれてやってもいいけど・・・・・・。
 ただ、アタシにも、いろいろと事情ってものがあるからね。
 ・・・・・・いいわ、相場の一割で手を打ちましょう。
 古文書1巻につき、「アラガントームストーン:神話」を1500個よ!
 「黄道十二文書」は、全9巻で1セットになっているみたいだから、
 1巻ずつ順に譲ってあげるわ。
 ・・・・・・わかってる、高いと思うだろうけど、これ以上は譲れない。
 ロウェナのノルマをこなすために、背に腹は代えられないのよ。
 じっくり考えて、気が向いたら声をかけてね。」
ジャルザーン
「魂の満ちた「古の武器」・・・・・・この眼で見てみたいものだ。
 長き試練が待っているだろうが、気力を失うでないぞ。」
(「黄道十二文書」の交換)
(条件未達成)
グ・ジュサナ
「「黄道十二文書」は、古の英雄ごとに、たくさんの種類があるわ。
 アンタの読みたそうな古文書を選んであげるから、
 それに見合った武器を装備して、アタシに見せてくれるかしら?」
グ・ジュサナ
「アタシに声をかけたってことは、
 例の古文書・・・・・・「黄道十二文書」が必要なのね。
 ・・・・・・さて、どれが欲しいのかしら?」
 「アラガントームストーン:神話」は、確かに受け取ったわ。
 ええと・・・・・・はい、これが「黄道十二文書」よ。
 何に使うつもりなのかわからないけど・・・・・・まぁ、がんばってね。」
(「黄道十二文書」を所持している場合)
グ・ジュサナ
「・・・・・・まだ、読みかけの「黄道十二文書」を持っているようだけど?
 「黄道十二文書」は全9巻で1セットだから、順に交換してあげる。
 もし破棄をしたいのなら、そう言ってくれるかしら。」
(「黄道十二文書」を破棄する)
グ・ジュサナ
「・・・・・・そう、捨てちゃうのね。
 まぁ、もともと処分しようと思っていたものだから、
 アタシはいいんだけどさ。
 ええと・・・・・・はい、破棄したわよ。
 また必要になったら、アタシに声をかけてね。」
(「黄道十二文書」未所持の場合)
グ・ジュサナ
「・・・・・・アンタって変な人ね。
 「黄道十二文書」を持ってないじゃない。」
(「黄道十二文書」について)
グ・ジュサナ
「「黄道十二文書」・・・・・・。
 輝く武器を持つ、古の英雄たちを描いた古文書の俗称よ。
 これが欲しいのならば、そうね・・・・・・。
 古文書1巻につき、「アラガントームストーン:神話」を1500個。
 全9巻で1セットになっているみたいだから、
 1巻ずつ順に譲ってあげるわ。」
(話す)
グ・ジュサナ
「過去は過去、今は今・・・・・・だけど、
 過去を精算しなきゃ、今を生きていけないのよね。」
(アートマ強化終了後)
(「黄道十二文書」の交換)
グ・ジュサナ
「アタシに声をかけたってことは、
 例の古文書・・・・・・「黄道十二文書」が必要なのね。
 ・・・・・・さて、どれが欲しいのかしら?
 ・・・・・・って、あら?
 その武器について書かれた「黄道十二文書」は、もうないみたい。
 すべて読み尽くすなんて、アンタも物好きね。」
(「古の武器・アートマ」の強化)
ジャルザーン
「武器に宿った「魂」を、私の秘術で定着させてやろう。
 お主が強化を求める「古の武器」はどれだね?
 ・・・・・・さぁ、みせてみるがよい。」
(条件未達成)
ジャルザーン
「おや・・・・・・お主の強化したい「古の武器」が見当たらんぞ?
 さぁ、早く私にみせてくれ。」
ジャルザーン
「うむ、確かにこの「古の武器」には、「魂」が満ちておる・・・・・・。
 以前よりも、大きな力を秘めているのがわかるぞ。
 長き時間を要したことだろう、よくぞ諦めずに頑張ったな。
 あとは、私の秘術に任せたまえ・・・・・・。
 古の武器「ゾディアックウェポン」よ、偉大な力をここに!
 ・・・・・・さぁ、受け取るがいい!
 なんと美しい魂の輝き・・・・・・!
 これが、お主の新しい武器・・・・・・「アルテミスボウ・アニムス」だ!」
ジャルザーン
「魂の満ちた「古の武器」を、この眼で見る日がこようとは・・・・・・。
 お前の努力に拠るものだ、感謝しているぞ!
 ・・・・・・私も、次の研究の準備を進めるとしよう。」