海魔の名は潮騒に乗って

海魔の名は潮騒に乗って

  • 依頼主 :ノォヴ(西ラノシア X16-Y22)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :ノォヴの育成地のノォヴは、冒険者に頼みたい仕事があるらしい。

ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・Nikuq、聞いてくれ。
 「珊瑚の銛」と、奴らに従う海賊団「海蛇の舌」が、
 西ラノシアの沖合で、再びヒトの船を襲撃したらしい。
 前回は奴らに後れをとり、まんまと船を沈められたが・・・・・・
 今回こそは、なんとしても阻止しなくてはならん。
 フスィーッ・・・・・・これ以上、ヒト勢力を刺激すれば、
 ヒトの長も黙ってはおるまい。
 ・・・・・・このままでは、いよいよ全面戦争となろう!
 フスィーッ・・・・・・そうなる前に「珊瑚の銛」の愚挙を防ぐのだ。
 Nikuqよ、急ぎ商船「スワロー号」に向かい、
 「珊瑚の銛」の一味を退けてきてくれ。
 我らは海を泳ぎ、海中の敵と対する。
 しかし、ヒレもエラも持たぬお前は、そうも行くまい。
 我が息子、「海獣使いのパァア」の力を借りるがいい。
 海獣使いのパァアの飼っている「エルブスト」は、
 ヒトを乗せて海洋を巡航できる、特別に訓練された個体だ。
 フスィーッ・・・・・・頼んだぞ!」
ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・育成地にいる我が息子のひとり、
 「海獣使いのパァア」に話しかけ、
 エルブストで商船「スワロー号」に乗りこむのだ。」
ノォヴの育成地の海獣使いのパァアと話す
海獣使いのパァア
「フスィーッ・・・・・・ノォヴの親父から話は聞いている。
 こいつは、俺が育てたエルブストでも、格別に強く大きい。
 あんた程度なら、背中に乗せて外海に出ることができる。
 「珊瑚の銛」は、「海蛇の舌」の海賊たちを従えるうえ、
 凶暴な戦闘用のエルブストを何匹も飼ってる。
 敵は多勢、戦の準備は万全にして望めよ。
 フスィーッ・・・・・・俺のエルブストに乗って、
 沖合の商船「スワロー号」に向かうか?」
(エルブストに乗る?)
(いいえ)
海獣使いのパァア
「フスィーッ・・・・・・準備が整ったら、いつでも声をかけてくれ。
 俺のかわいいエルブストは、いつでも快調だぜ。」
商船「スワロー号」のスワロー号の船長と話す
スワロー号の船長
「な、何者ですかぁ!?
 まさか襲ってきた海賊の一味!?
 ・・・・・・えっ? 我々を助けに来てくれたのですって!?
 船も無しでこんな沖合まで、いったいどうやって・・・・・・。
 いや、今はそんな話をしているべき時ではないですね。
 私は、商船「スワロー号」の船長。
 ・・・・・・現在、乗組員たちに脱出用のボートを
 用意させているところです・・・・・・。
 ・・・・・・しかし、避難完了には、まだ時間がかかります。
 どうか、甲板にいる敵を討伐し、足止めをしてくれませんか!
 どの敵でも構いません、とにかく数を減らしてください!」
スワロー号の船長
「私は、ここで船倉を見張っています!
 どうか、甲板にいる敵を討伐してくれませんか!
 どの敵でも構いません、とにかく数を減らしてください!」
商船「スワロー号」のスワロー号の船長と話す
スワロー号の船長
「足止めをしていただいたおかげで、こちらも準備完了です!
 よくやってくれました、私たちも脱出しましょう!
 ・・・・・・船を残すのは悔しいですが、魚の餌になるよりはマシです。
 ひとまず、最寄りの港である「エールポート」に向かいます。
 現地の酒場でお会いしましょう!」
エールポートのスワロー号の船長と話す
スワロー号の船長
「・・・・・・ああ、冒険者さん、ありがとうございました!
 船を失ったのは残念ですが、船員と乗客が全員、
 無事に生還できたことは、まさに不幸中の幸いでしたよ。
 最近の民間船襲撃事件に用心し、万が一のことを考えて
 脱出用ボートを用意しておいて、本当に良かった。
 備えあれば憂いなし・・・・・・ですね。
 しかし、こう頻繁に船が襲われちゃ、商売あがったりです。
 ここ最近の襲撃事件は、やはりすべて同一犯。
 あいつら・・・・・・サハギン族の一味の仕業です。
 確か、奴らは自らを「珊瑚の銛」と名乗っていました・・・・・・
 自分たちは「紅珊瑚の海魔」に率いられた、
 最強の海賊団だと・・・・・・。」
????
「な、何っ!?
 べっ・・・・・・「紅珊瑚の海魔」だ・・・・・・と!?」
ウルツ・コグルツ少甲士
「・・・・・・失礼、小官はウルツ・コグルツ。
 このエールポートに駐留する黒渦団の少甲士だ。
 船長、今の話は本当か?」
スワロー号の船長
「今の話・・・・・・というと・・・・・・
 船を襲ったのは、「紅珊瑚の海魔」という頭目に率いられた、
 「珊瑚の銛」というサハギン族の一味だということですか?」
ウルツ・コグルツ少甲士
「そ、そんな・・・・・・聞き間違いではなかったか・・・・・・
 「紅珊瑚の海魔」・・・・・・馬鹿な・・・・・・ッ!
 奴が、再びこの海に現れたというのか・・・・・・?」
スワロー号の船長
「少甲士さん、何かご存知なんですか?」
ウルツ・コグルツ少甲士
「15年前・・・・・・西ラノシアを恐怖のどん底に叩き落とした、
 最凶最悪、冷酷非情のサハギン族の大海賊がいた。
 首から提げた「白珊瑚」の首飾りが、ヒトの返り血により、
 「紅珊瑚」のように赤く染まっていたため、
 ついた名が・・・・・・「紅珊瑚の海魔」!
 その名を聞けば、船乗りたちは舫を結ぶ手を震わせ、
 恐怖によって、心は時化の海のごとく荒れ狂う・・・・・・。
 当時のバラクーダ騎士でさえ、まるで歯が立たなかった・・・・・・。
 その名を久しく聞かなくなったため、
 てっきり死んだかと思っていたが・・・・・・
 なんということだ・・・・・・奴め、生きていたのか・・・・・・!
 とにかく・・・・・・これは重大な情報だ。
 キャンプ・スカルバレーのファルクブリダ中甲佐に報告し、
 黒渦団として今後の対策を練ることにする!」
スワロー号の船長
「はぁ、そんな奴が現れたんじゃ・・・・・・
 命がいくつあっても足りないですよ。
 ・・・・・・こりゃ、いよいよ廃業かなぁ。
 ああ、冒険者さん、お礼がまだでしたね。
 ・・・・・・こんなものしかありませんが、良かったら、
 この「極上のラノシアオレンジ」をもっていってください。
 脱出の際に、持ち出せた商品はコレくらいでしてね。
 本当ならば、もっと冒険に役立つものを、
 差し上げたいのですが・・・・・・。」
スワロー号の船長
「せっかく商売が軌道に乗ってきたところなんですがねぇ。
 命は助かったものの・・・・・・
 これからどうやって生きていけばいいものやら・・・・・・。」
ノォヴの育成地のノォヴに極上のラノシアオレンジを渡す
ノォヴ
「Nikuq・・・・・・。
 話は聞いた、よくぞ「珊瑚の銛」の野望を阻止してくれたな。
 船は奴らに奪われたが、犠牲者を出さなかったのは大殊勲だ。
 フスィーッ・・・・・・うむ、この香りは?
 それは、いったい・・・・・・。」
(極上のラノシアオレンジを渡す)
ノォヴ
「フスィーッ、これは何だ?
 ほう、陸で採れる・・・・・・果実か? これまた珍妙な色だな。
 ・・・・・・お前たち、こっちへ来なさい。」
ノォヴの幼子
「フスィーッ・・・・・・親父! 何だこれ?
 食べ物? 丸くて、すっぱいイイ匂いがするぞ!」
ノォヴの幼子
「・・・・・・へぇ、「らのしあおれんじ」っていうの?
 オニウツボの丸焼きと、どっちが美味しい!?」
ノォヴ
「Nikuqの土産だ、ちゃんと礼を言え。
 フスィーッ・・・・・・「おれんじ」は、後で皆で分けて食え。
 不平不満がないよう、平等にな。」
ノォヴの幼子
「フスィーッ・・・・・・!
 ありがとう、Nikuq!」
ノォヴ
「フスィーッ・・・・・・子どもはいい。
 奴らのためになら、私はこの命をいつでも捨てられる。
 Nikuqよ、お前に子どもはいないのか?
 お前ほどの戦士であれば、
 女王から、さぞ多くの卵をもらっているのであろう?
 フスィーッ・・・・・・なんと、ヒトは卵を産まぬのか!?
 フスィーッ・・・・・・私もまだ知らぬことが多いようだ・・・・・・。
 ・・・・・・だが、お前も我らのことは多くを知るまい。
 例えば、件の「珊瑚の銛」のことだ。
 奴らは「サプサ産卵地」内で、
 最近になって頭角を現してきた一団だ。
 「海蛇の舌」を操り、戦場で多くの功績を挙げている。
 奴らの頭目は・・・・・・「紅珊瑚の海魔」・・・・・・。
 ・・・・・・お前が聞いた情報は、間違いないのだな?
 フスィーッ・・・・・・分かった。
 我らも、あまりのんびりとはしていられないな・・・・・・。
 ・・・・・・この海に再び・・・・・・「紅珊瑚の海魔」が現れたとなれば・・・・・・。」
  極上のラノシアオレンジ:良質のラノシアオレンジが詰まった麻袋