忘れられた攻略手帳

忘れられた攻略手帳

  • 依頼主 :イ・トルワン(X11-Y10)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :溺れた海豚亭のイ・トルワンは、冒険者に話があるようだ。

イ・トルワン
「あらまぁ、大変!
 もうお店から出ていかれたあとのようですね・・・・・・。
 ・・・・・・何の話かですって?
 さっきまで、お酒を飲んでいたお客さんが、
 この手帳を置き忘れたようなんです。
 ずいぶんと使い込まれているので、きっと大切な物でしょう。
 もしよければ、この手帳の持ち主を探し出して、
 届けてあげてくださいませんか?
 お客さんはルガディン族の男性で、立ち去る前に、
 常連客の「カントゥナン」さんと話していました。
 彼に尋ねれば、行方がわるかもしれませんね。」
カントゥナンと話す
カントゥナン
「何? 俺がさっきまで話していたルガディン族が、
 どこに行ったのか知りたいって?
 ・・・・・・なるほど、手帳を置き忘れたのか。
 これからエールポートに向かうと言っていたから、
 今頃は、漁師ギルド前の船着場にいるだろうよ。
 あぁ、そうそう。
 やっこさんの名は「ワストレイド」だ。
 かなりの大男だから、すぐに見つかるだろうさ。」
カントゥナン
「やっこさんの名は「ワストレイド」だ。
 これからエールポートに向かうと言っていたから、
 今頃は漁師ギルド前の船着場にいるだろうよ。」
船着場:リムサ・ロミンサのワストレイドに使い込まれた手帳を渡す
ワストレイド
「なんだぁ、俺っちに何の用だ?」
(使い込まれた手帳を渡す)
ワストレイド
「おおっと、こいつはすまねぇ。
 こんな大切なモンを忘れていくとは!
 ・・・・・・それほど酒を飲んだつもりはなかったがなぁ。
 こいつは「攻略手帳」といってな、
 俺っちの冒険者としての活動が記されてるのさ。
 見たところ、お前さんは一角の冒険者のようだな。
 ここはひとつお礼代わりに、同輩でもあるお前さんに、
 新品の「攻略手帳」を贈らせてもらおう。
 この手帳には、冒険者として成すべき課題や、
 様々な挑戦が記されているんだ。
 冒険のちょっとした目標にするといいぞ。
 何より挑戦を成し遂げると、
 冒険者ギルドから、それなりの報酬も出るしな。
 達成感と稼ぎで、いい酒が飲めるってもんさ!」
  使い込まれた手帳:溺れた海豚亭に置かれていた忘れ物