防波壁の攻防

防波壁の攻防

  • 依頼主 :フュウ(西ラノシア X17-Y22)
  • 受注条件:レベル44~
  • 概要  :ノォヴの育成地のフュウは、冒険者に折り入って頼みがあるようだ。

フュウ
「フスィーッ・・・・・・見てのとおり、
 サハギン族の支配域と、ヒレナシの支配域は、
 ヒレナシの造った南北の「防波壁」で隔てられてんだ。
 俺たちサハギン族がヒレナシの領地を奪い、
 支配域を広げるには、防波壁を突破する必要がある。
 ・・・・・・それこそ「珊瑚の銛」の戦略目標ってわけよ。
 そこで連中は「ユミール・バリスタ」を作り出した。
 電撃を放つ大巻貝、ユミール貝を魔法で品種改良し、
 防波壁を突き崩す攻城兵器に仕立てやがったんだ!
 連中は「ユミール・バリスタ」を
 「サハギン軍陣営」に持ち込み、総攻撃を企んでいる!
 フスィーッ・・・・・・実戦投入される前に、ブッ壊してきてくれ!
 もちろん「珊瑚の銛」の妨害はあるだろうが、
 アンタなら屁でもねぇだろう。
 フスィーッ・・・・・・防波壁突破を目論む、連中の野望を潰すんだ!」
フュウ
「フスィーッ・・・・・・「サハギン軍陣営」に配備されつつある
 「ユミール・バリスタ」をブッ壊してこい!
 「珊瑚の銛」の妨害があるだろうから、気を抜くなよ!」
フュウに報告
フュウ
「フスィーッ・・・・・・よくやったぜ!
 首尾は上々だな!
 これで連中の防波壁攻略の計画も、しばらく頓挫だろう。
 防波壁は俺たちにとって、むしろ好都合な存在。
 あれがあるから、俺たちとヒレナシの勢力は膠着状態となり、
 産卵地の造営も進められるってわけよ。
 フスィーッ・・・・・・サハギン族とヒレナシの勢力が
 すぐに打ち解け、和平を結べるとは思っちゃいねぇ。
 だからこそ「睨み合い」を維持すべきなんだよ。」