人造硝石強奪犯を追え

人造硝石強奪犯を追え

  • 依頼主 :トラッハレート少甲士(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X12-Y12)
  • 受注条件:レベル41~
  • 概要  :黒渦団:軍令部のトラッハレート少甲士は、冒険者に折り入って頼みたいことがあるようだ。

トラッハレート少甲士
「む、貴方は冒険者ですね?
 見たところ、かなりの腕とお見受けしますが、
 実は折り入って、お願いしたいことがあるのです。
 この話はくれぐれも内密にして頂きたいのですが・・・・・・
 実は数日前、我々黒渦団が輸送していた「人造硝石」が、
 何者かに強奪されてしまったのです!
 「人造硝石」は、火薬の原料となるもの。
 これが大量に奪われたとなると・・・・・・事態は深刻です。
 悪用されれば、大量の犠牲者を出す大惨事となり兼ねません!
 しかし強奪した犯人は、未だ不明。
 軍令部は事件解決に、特務隊士を派遣したのですが、
 未だ、犯人の手掛かりひとつ見つかっていないようです。
 件の特務隊士は私の昔なじみでしてね。
 なんとか手を貸してやりたいのですが、
 私は自分の任務で動けぬ身・・・・・・。
 そこで、冒険者さんに協力してほしいのです!
 「スウィフトパーチ入植地」に赴き、当地で調査中の我が友、
 「スケートスィス少甲士」に手を貸してやってください。」
スウィフトパーチ入植地のスケートスィス少甲士と話す
スケートスィス少甲士
「うううう、困った・・・・・・困ったなぁ。
 これはまさに、迷宮入り必至の難事件ってやつね・・・・・・。
 ・・・・・・ん? どちらさまですか?
 えっ? トラッハレートに頼まれて助力を?
 ・・・・・・へぇ、アイツ、なかなか憎いことするじゃない。
 アタシは黒渦団特務隊所属のスケートスィス少甲士といいます!
 事件の概要は、彼から聞いてますか?
 我々、黒渦団がリムサ・ロミンサからエールポートに
 陸路で輸送していた「人造硝石」が盗まれたんです。
 犯行現場は、まさにこの場所。
 輸送兵たちが、歩哨も立てずに小休止していた隙に、
 放置した物資が、ゴッソリなくなったんです。
 「人造硝石」はかなりの量だったから、多分、犯行は複数犯。
 入植地の入口には、門番が常駐していたから、
 犯人たちは別経路から侵入、逃走したと思われます。
 冒険者さん、よろしかったらアタシと共に、
 証拠探しを手伝ってもらえないでしょうか?
 この集落内に絶対、犯人の残した手掛かりがあると思うの!」
スケートスィス少甲士
「う~むむむむむ・・・・・・あれだけの「人造硝石」を、
 短時間で手際よく盗み出すとは・・・・・・これはプロの犯行ね!
 ・・・・・・何のプロかは分かんないけど。」
うろたえた上等甲兵
「ううう・・・・・・やっべぇ・・・・・・
 大変なことになっちゃったぞ・・・・・・。
 減給かなぁ・・・・・・もしくは・・・・・・クビ・・・・・・?」
困り果てた二等甲兵
「一瞬・・・・・・ほんの一瞬、目を離した隙に・・・・・・
 ごめんよぅ・・・・・・目的地のエールポートも目前だったし、
 ついつい、気が緩んじまったんだよぅ!」
スケートスィス少甲士にいびつな形のピックを見せる
スケートスィス少甲士
「冒険者さん・・・・・・えーと、お名前は・・・・・・
 Nikuqさんっていうんですね。
 ・・・・・・何か、証拠は見つかりましたか?」
(いびつな形のピックを渡す)
スケートスィス少甲士
「えっ? これが逃走経路と思われる場所に落ちてたですって?
 ・・・・・・こ、これはっ!
 間違いなく、犯人の残した遺留品ですよっ!
 でも、この「いびつな形のピック」ですけど・・・・・・
 なんか形も大きさもヘンテコですねぇ。
 どうみても、人が使う道具じゃないみたい・・・・・・。
 って、まてよ? 「人が使う道具じゃない」ってことは、
 「人以外の者が使う道具」ってことじゃない?
 ・・・・・・つまり犯人は、「人以外の者」ってこと!?
 Nikuqさん!
 この大きさの道具を使う「人以外の犯人」って、
 誰だと思いますか?」
(謎はすべて解けた! 犯人は・・・・・・)
(ルガディン族?)
スケートスィス少甲士
「よぉし、分かった!
 そうそう、アタシみたいなルガディンが・・・・・・
 こーやってー、使ったりして・・・・・・って、オイ!
 どーみても違いますよね!?
 それにさっき「犯人は人以外の者」って言ったじゃないですか!
 アタシこうみえて、れっきとした人ですけど!?」
(コボルド族!)
スケートスィス少甲士
「・・・・・・やっぱり。
 Nikuqさんも、そう思いますよね?
 アタシもちょうど、同じこと考えていたんですよ。」
スケートスィス少甲士
「ズバリ、犯人は「コボルド族」!
 コボルド族は採掘に「つるはし」を使いますし、
 爆発物も使うから「人造硝石」を奪う動機もあります。
 ふふふ、ネタはあがったなっ!
 よーし、コボルド族について詳しい仲間と連絡をとって、
 犯人の足取りを追いましょう!
 外地ラノシアの「キャンプ・オーバールック」にいる、
 ブルーエイディン少甲佐殿が適任かもしれませんね!
 あそこは、対コボルド族防衛の前線基地。
 そこに詰める少甲佐殿は、奴らの行動や生態を熟知しています。
 話を聞けば、きっと有力な情報が得られるはず!
 そうと決まれば早速、キャンプ・オーバールックにしゅっぱーつ!
 ・・・・・・もちろん、ついてきてくれますよね?
 Nikuqさん!」
キャンプ・オーバールックのブルーエイディン少甲佐と話す
捕縛されたコボルド族
「はなーせ! このヤーロ!
 縄 とーけ!」
ブルーエイディン少甲佐
「なんだぁ? 俺は今、忙しいんだよ。
 とっ捕まえたコボルド族から、
 大事な情報を聞き出してる最中なんでな。」
捕縛されたコボルド族
「おのーれ はなーせ! 縄 とーけ!
 オレーのナカーマ 黙っちゃ いねーぞっ!」
ブルーエイディン少甲佐
「うっせぇ、モグラ野郎!
 お前らコボルド族が企んでる「計画」とやらを、
 さっさと吐いちまいな!」
捕縛されたコボルド族
「「ケイカーク」? なんのこーと?
 オレ しらーん!」
ブルーエイディン少甲佐
「トボけるんじゃねぇ!
 最近、ウ・ガマロ武装鉱山が騒がしいみてぇじゃねぇか。
 お前らが、何か良からぬことを企ててるのは分かってんだ!」
スケートスィス少甲士
「少甲佐殿、お久しぶりです!
 特殊戦教練の際は、お世話になりました!」
ブルーエイディン少甲佐
「おうおうおう?
 誰かと思ったら、スケートスィスじゃねぇか!
 キャンプ・オーバールックに何か用か?」
スケートスィス少甲士
「実はコボルド族について、少甲佐殿に聞きたいことが・・・・・・
 西ラノシアで輸送中の「人造硝石」が、
 何者かに強奪された事件はご存知ですよね?」
捕縛されたコボルド族
「しょうせーき ごうだーつ!?
 あちゃー もうバレたーの!?」
ブルーエイディン少甲佐
「何っ・・・・・・!?
 てめぇ! 何か知ってんのか!」
捕縛されたコボルド族
「ギクッ! しらなーい しらなーいよ!
 それに オレじゃなーい オレたちじゃないーよ!
 アイツーラ だーよ!」
スケートスィス少甲士
「・・・・・・アイツーラ?
 あいつらって・・・・・・誰!?」
捕縛されたコボルド族
「アイツーラは アイツーラ!
 崖下の採掘地にすーむ ヤツーラよ!」
ブルーエイディン少甲佐
「・・・・・・崖下の採掘地?
 そういえば、最近、オーバールックの崖下に、
 コボルド族どもが新しい洞穴を掘り始めたと聞いたが・・・・・・。」
捕縛されたコボルド族
「・・・・・・あんなヤツーラ 関わりたーく ないーよ!
 「第789洞穴団の採掘地」のヤツーラは サイアークよ!
 恐ろしーい! ブルブルブル・・・・・・。」
スケートスィス少甲士
「ブルーエイディン少甲佐殿。
 アタシたち、その採掘地とやらに行ってみます。
 恐らく、そこにいる奴らが・・・・・・強奪犯なのでしょう。」
ブルーエイディン少甲佐
「うむ、スケートスィス、気をつけろよ!
 コボルド族はナリは小さいが、かなり手強い相手だ!
 それに危険なボムを飼いならし、操ってきやがるからな!」
スケートスィス少甲士
「ありがとうございます!
 女神リムレーンの加護あらんことを!
 「海が全てを呑み込むまで」!
 Nikuqさん、準備は万全かしら?
 コボルド族と一戦交える覚悟で行きますよ!
 こういうとき、アナタみたいな冒険者って頼りになるなぁ!」
ブルーエイディン少甲佐
「いいか? コボルド族をナメるなよ!
 奴らは俺たちルガディン族にも負けない剛腕の持ち主。
 しかも、ボムを使い、爆破を自在に操る危険な蛮族だ!」
捕縛されたコボルド族
「「第789洞穴団の採掘地」に 行くつもーり?
 やめといたほうが いいーよ!
 ゼッテー 後悔するーよ! 間違いないーよ!」
第789洞穴団の採掘地で人造硝石の足取りを捜す
アコライト789 バ・ゴ
「ククク・・・・・・あんた だーれ?
 ここには 何もないーよ・・・・・・。
 さっさと帰ったほうがいーよ ククク・・・・・・。」
スケートスィス少甲士
「これは・・・・・・盗まれた黒渦団の物資・・・・・・。
 間違いないわ、やっとみつけた。
 やはり犯人はコボルド族・・・・・・。
 動かぬ証拠ってやつね。
 むっ!?
 か、数が多い!
 気をつけて、Nikuq!
 かかってきなさいっ!
 蛮族なんかに、負けないんだからっ!」
リーダーらしきコボルド族
「ゴメンナサーイ。
 もう しませーん!」
スケートスィス少甲士
「・・・・・・・・・・・・えっ?」
第789洞穴団のコボルドたち
「ゴメンナサーイー。
 ゴメンナサーイー。」
スケートスィス少甲士
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どういうこと?」
ピックマン789 ギ・グ
「うう・・・・・・ヒトーだぁ・・・・・・コワーイ ヒトがきたーよ・・・・・・。
 やっぱーり ヒトからモノを盗むの ダメだーった・・・・・・。
 ゴメンナサーイ・・・・・・。」
スケートスィス少甲士と話す
スケートスィス少甲士
「・・・・・・なんだか、よく分かんないけど、
 とりあえず物資は返してくれるみたいだし、
 事件は解決・・・・・・みたいですね・・・・・・。
 てっきり大乱闘になると思ったんだけど・・・・・・
 コボルド族たちも、敵意はないみたいだし・・・・・・
 ・・・・・・なんか、肩透かしって感じ。
 アタシはひとまず、キャンプ・オーバールックに報告に行き、
 奪われた物資の回収を手配したいと思います。
 その間、ここのコボルド族たちに話を聞いてもらえますか?
 どうやら、採掘地の奥にいる、
 「ピックマン789 ギ・グ」って奴がリーダーのようです。
 じゃあ、よろしくお願いします!」
ピックマン789 ギ・グと話す
ピックマン789 ギ・グ
「うあ! ゴ ゴメンナサーイ!
 もうしませーん! 悪気はなかったんでーす!
 だかーら 殴ったりしないーでっ!
 う・・・・・・ え? あ・・・・・・ は はーい・・・・・・。
 ボクは「ピックマン789 ギ・グ」といいまーす。
 この「第789洞穴団の採掘地」の責任者でーす・・・・・・いちおう。
 ・・・・・・え? 「人造硝石」を盗んで 何を企んでいたかーって?
 そんな 企むなんーて めっそーもなーい!
 ヒト様にタテつこうなんーて これっぽっちも思ってませーん!
 これにーは 深い深い事情がありましーて・・・・・・
 ボクたーち どうしてーも 硝石が必要だったんでーす。
 あの その・・・・・・あちこち探して ウロウーロしてるうーちに
 いつのまーにか 海の方まで 出ちゃいましーて・・・・・・
 硝石ドッサリ 見つけたんーで ついデキゴコローで・・・・・・。
 ぼ 冒険者さーん すみませーんが
 帰る前に ボクたちの話を 聞いてくださいませーんか?
 お願いでーす どうかこのとーり!」
トラッハレート少甲士
「ふぅむ・・・・・・人造硝石の強奪事件には、
 「高地ラノシア」のコボルド族が絡んでいたんですか。
 スケートスィスのやつ、あまり無茶をしないといいのですが・・・・・・。」
  いびつな形のピック:小ぶりでいびつな形状の採掘用ピック