くりかえす恋の悲哀

くりかえす恋の悲哀

  • 依頼主 :ワイモンド(ウルダハ:ナル回廊 X9-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :情報屋のワイモンドは、盗難の被害者について教えたいようだ。

ワイモンド
「やれやれ、オッサンは本当に行っちまったな・・・・・・。
 ・・・・・・えっと、盗難の被害にあった女の子の話だよな。
 被害者は、裁縫師ギルドにいる
 「イエロー・ムーン」っていう女の子だ。
 お前も行って、オッサンを手伝ってやってくれよ。」
イエロー・ムーンと話す
イエロー・ムーン
「やだ~、今度はお気に入りの片手幻具、
 「ピュアハート」がなくなってる~!
 イエロー・ムーン、困っちゃむ~ん!」
ヒルディブランド
「フッフッフ・・・・・・聞こえましたぞ・・・・・・。
 可憐なる乙女の涙に濡れた、悲しみの事件が・・・・・・
 ヒルディブランドの心を、キャッチしましたぞ!」
イエロー・ムーン
「あ、アナタはだれっ?」
ヒルディブランド
「天知る地知る、事件知る、旅の事件屋・・・・・・。
 ヒルディィィィィィィィィブランドゥッ!!」
ナシュ・マカラッカ
「助手のナシュです~。」
ヒルディブランド
「冒険者殿、私の先をこすとは、お見事ですぞ!
 そこまでして、この事件屋の協力をしたいと・・・・・・。
 貴方の情熱、キャッチしましたぞ!
 さあ、お嬢さん、事件解決は我々にお任せあれ!
 まずは、お嬢さんが受けた被害について、
 詳しく教えて頂けますかな?」
イエロー・ムーン
「えっと~、最近、色々な私物が盗まれちゃってるの・・・・・・。
 今回盗まれたのは、片手幻具の「ピュアハート」よ。
 花咲く乙女を演出する流行の杖・・・・・・大事にしてたのに~!
 お散歩に出る前までは、確かに持っていたの・・・・・・。
 でも、「サンシルク」と「コロセウム」にお出かけした後、
 ここに戻ってきた時には、もうなくなってて・・・・・・うぇ~ん!」
ヒルディブランド
「ふぅむ、盗難場所は不明・・・・・・と。
 では、立ち寄った場所で犯人の痕跡を探しましょう。
 まずは・・・・・・サンシルクに向かいますぞー!」
イエロー・ムーン
「うぇ~ん、私の宝物はどこいったんだろ~?
 イエロー・ムーン、困っちゃむ~ん!」
@@@@@
イエロー・ムーン
「う~ん、とくに何もないなぁ~。」
ヒルディブランド
「ふぅむ・・・・・・特に怪しい痕跡はありませんな。
 お嬢さん、ここではどんなことが?」
イエロー・ムーン
「う~ん・・・・・・。
 ここで服を見ていたら、知らない男の人に告白されてぇ~。
 イエロー・ムーン驚いちゃって、荷物を落としちゃったの~。
 その荷物が、男の人のつま先に落ちちゃって、
 男の人は悲鳴をあげて、どこかにいっちゃったの~。
 その荷物、120ポンズくらいあったから・・・・・・。」
ヒルディブランド
「120ポンズって、ララフェル族の二人分はありますぞ・・・・・・。
 お、お嬢さんは、力持ちなのですな・・・・・・。
 と、とりあえず、次の現場も確認しましょう。
 確か「コロセウム」の前でしたな!」
ヒルディブランドと話す
ナシュ・マカラッカ
「なんかさっき・・・・・・動いたような・・・・・・?」
暑苦しい木箱
「・・・・・・・・・・・・。」
イエロー・ムーン
「うぇ~ん、私の宝物はどこいったんだろ~?
 イエロー・ムーン、困っちゃむ~ん!」
ヒルディブランド
「ふぅむ・・・・・・ここにも妙な痕跡はなし・・・・・・と。
 お嬢さん、ここではどんなことが?」
イエロー・ムーン
「う~ん・・・・・・。
 コロセウムの対戦カードを確認してたら、
 今度は、知らない剣闘士の人に告白されちゃってぇ・・・・・・。
 大きな剣を持ってたから、怖くなっちゃって・・・・・・。
 持ってた荷物を振り回したら、その剣闘士の顎に・・・・・・。」
ヒルディブランド
「あ、あたったんですな・・・・・・その剣闘士に・・・・・・。
 120ポンズもの荷物が・・・・・・。
 ふーむ・・・・・・しかし、見えてきましたぞ・・・・・・?
 犯人は、お嬢さんに恨みを持つ人物・・・・・・!」
ナシュ・マカラッカ
「う~ん。
 この箱・・・・・・はじめからありましたっけ~?」
ナシュ・マカラッカと話す
ヒルディブランド
「フッフッフ・・・・・・事件の全貌が見えてきましたぞ・・・・・・!?」
ナシュ・マカラッカ
「この木箱、さっきからずっとついて来てませんか~?
 なんだかヒトの息遣いが聞こえてくるような・・・・・・。
 ・・・・・・そうだ~!
 ナシュ特製の超炸裂爆弾で、木箱を壊してみてください~!
 なにか、楽しい物が入っているかもしれませんよ~!」
暑苦しい木箱に超炸裂爆弾を使う
暑苦しい男
「ひ、ひぃい~!
 イエロー・ムーンちゃんが生で握ってた、
 ピュアハートがぁっ!!」
ナシュ・マカラッカ
「わぁ~、これってなくなった杖、ピュアハートですよね~!
 ヒルディブランド様に報告しなきゃ~!」
ヒルディブランドと話す
ヒルディブランド
「事件に隠された「真実」・・・・・・。
 それは鏡の迷宮で彷徨う、哀れな子羊のようなもの・・・・・・。
 しかし、このヒルディブランド・・・・・・。
 事件という迷宮から、真実を今・・・・・・エスコォーーット!!
 武器怪盗はきっと、コロセウムで出会った剣闘士!
 自分より腕力のあるお嬢さんに出会い、
 剣闘士としての誇りを傷つけられ、卑劣な嫌がらせを・・・・・・!」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様~、
 こっちに「ピュアハート」を持った人がいます~!
 ナシュ、お手柄ですね~。」
暑苦しい男
「ひ、ひぃぃいいい! 許してください!
 私たちはただの・・・・・・イエロー・ムーンちゃん親衛隊です!
 ・・・・・・イエロー・ムーンちゃんの私物が欲しくって。
 彼女を見守り、落とし物を拝借することだけが喜びの・・・・・・
 へ、平和主義の親衛隊でっす!」
イエロー・ムーン
「勝手に物を盗んでいたのは、あなたたちだったのね~!
 イエロー・ムーン、怒っちゃむ~ん!」
暑苦しい男
「ああ~っ!
 怒った姿も美しい~!!」
ヒルディブランド
「はっ・・・・・・はっはっは!
 さすがは我が助手、ナシュ!
 私の指示通り、怪しい木箱を破壊していたのですな?
 すべては、この私の推理通り・・・・・・。
 彼らが、噂の武器怪盗に違いありませんぞ?
 さぁ、彼らを追って、銅刃団に引き渡しましょう!」
????
「いいえ、彼らは無関係よ。
 盗難の手口が、噂の武器怪盗とはまるで違う・・・・・・。」
見知らぬ女性
「武器怪盗は、まず武器を奪う相手に「戦い」を挑むの。
 それで、勝負に勝ったら、その証として武器を奪う・・・・・・。
 今回の事件とは、完全に別物よ。」
エリー
「私は経済誌「ミスリルアイ」の記者、エリー。
 噂の武器怪盗の事件は、私が記事の担当をしているの。
 貴方、事件屋ヒルディブランドって言ったわね?
 本当の「武器怪盗の被害者」を紹介してあげてもいいわ。
 事件屋を名乗るのなら・・・・・・
 この武器怪盗の事件、解決してみなさいよ。」
ヒルディブランド
「なるほど・・・・・・そうでしたか!
 貴重な情報提供、感謝いたしますぞ!
 すぐさま、本物の武器怪盗の調査に入ることにしましょう。」
エリー
「ふーん、返事だけはいいみたいね。
 いい、本当の被害者がいるのは・・・・・・。
 ち、ちょっとぉー!
 まだ、場所教えてないんだけどぉ!」
  超炸裂爆弾:ナシュ・マカラッカ特製の爆弾